コラム 安藤 武士

連載コラム「医師として、武士として」  Vol.90 「デジタル」と「アナログ」(その3)     安藤 武士 Andou takeshi

Vol.90 2017.11.6 「デジタル」と「アナログ」(その3)

 「ヒト」は 「アナログ:連続的」で生きている。わかりやすく言えば、生きている限り「生物」としての連続性がある。しかし、実生活ではなんらかの「括り」で生活を送っている。最も身近なことで分かり易いのは「男女」の「括り」である。「ヒト」は、「デジタル:離散的」で実生活を送っている。

四半世紀ほど前のことである。ある土曜日の午後、久しぶりに明るいうちに帰宅した。小生宅の玄関先が、野良ネコのエサの食い散らかしで汚れていた。帰るなり、居間にいた家人にその旨を告げた。そこにいた娘が、「気が付いたなら自分で掃除すれば!」と冷たく言った。家人は、目をつぶりだんまりしていた。何か異様な雰囲気であったので、玄関先を掃除し、小生は自室に引き込んだ。

それまで、何十年とあらゆることを家人が行っていた。脱いだ洋服、下着のかたづけ、郵送、銀行の支払い、種々の手続き、掃除、ゴミ捨てなどなど、小生ができることも家人が行っていた。それまでは、何の疑問を持たずにいた。「亭主関白」の生活を送っていた訳である。あなた「作る人」、わたし「食べる人」である。

真剣に考えた。まず、家人は専業主婦である。家庭という小さな社会でも、「役割り分担」がある。小生の仕事上、そうした生活しかない。決して「亭主関白」ではない。男女には、役割があるはずである。小生は「食べる人」なのであると。

畏まって言えば、「ジエンダー論」になる。実生活では、「生物学的に男女にふさわしいと思われる思考・行動・表象の違いからくる役割がある」という考えである。男性にとっては「男らしさ」であり、女性にとっては「女らしさ」である。現在の「性」は、社会的、文化的に作られた「性」であり、生物本来の「性」ではないと言われているが、いつかは小生の言い分が通る「理論」を見つけようと、日々、思いを巡らしていた。

先に述べた2004年開催の第一回ジェンダー法学会会場には、法曹界で活躍していると思われる黒いスーツ姿の30代の女性が席を占めていた。男性は、小生を含め5,6人であった。

設立主旨が披露された。詳細は忘れたが、「法律」は男性が作り、「法曹」に携わるための教育も男性が行っている。「憲法」では男女平等となっているが、法曹界では男性が支配している。これを糺そう言う学会であった。社会的に最も「男女平等」はずの法曹界での実情を知りどこの世界も同じようことがあるのであることを知った。

性差医療・医学研究会 第一回学術総会(現在は学会)での小生にとって驚きの講演、貴邑富久子博士の『脳の性、セックスとジェンダー』によると、体系はデジタル的に「男性」「女性」に括られるが、体内機能の「性」は「男性」から「女性」まで連続的に変化するという。従って、生物学的には明解に「男女」とは括れない。しかし、社会では「ヒト」をまず体型で「男女」と括る。従って、社会的男女は、作られた「性」ということが明確に理解できた。

 約25年前の出来事以来色々なことを学んだ。生物学的に「性」は明確に2分できない。実生活の男女の役割は社会の約束ごとである。他の生物でも同様かもしれないが、「ヒト」は「男女」という言葉で一括りできない「生き物」であることを理解した。「ヒト」は、「ヒト」の括りで良い、男女の固定した役割はないと思うようになった。

 小生の完敗である。しかし、現在、玄関の掃除は免除されている。(完)

|

コラム「医師として、武士として」  Vol.89 「デジタル」と「アナログ」(その2)     安藤 武士 Andou takeshi

 Vol.89 2017.11.5 「デジタル」と「アナログ」(その2) 

「ヒト」の生態は、アナログ(連続的)で動いていると前号で記した。しかし、社会生活では 「ヒト」は何かで括られている。肌の色、生まれた国、人種、年令、男性、女性が古来からの括りである。その様に考えると、「ヒト」は「デジタル:離散的」に処理されている「もの」と言える。近代化すればするほど、社会的には「離散的」になる。「括り」が多種多様になってきている。自分では、心身ともに良いことも悪いことも、過去から現在まで連続性のある「生き物」と思っても、現実は、最も「括り」のある「生き物」であると思っている。

 現存する「ヒト」はホモ・サピエンスという「ヒト属」に属し、約700万年前、霊長類から分かれた「生き物」で変化しながらも連続している生き物であるが、社会が複雑になればなるほど「括り」も多様になってきている。太古では、せいぜい「種」と「性」が「括り」であったろう。 

 話をもとに戻す。「健康診断」では診察がある。医師は、診察時に「健康診断票」を見て名前を確認する。年令・性別欄に目をやる。それから、受診者に現在の健康状態を訪ねる。所謂、問診である。次いで診察に移る。診察時には心音・呼吸音を聴く。聴診である。アレ!、男性と健診票に書いてあるのに乳房がある。女性と記されているのに乳房がない。 

小生は、十数年前、初めて「性同一障害」と言われている人を診察した。始めはどのように接したら良いか戸惑ったが、診察をし終えてから「健診票」に「男性」とあるのは間違いですねと、「性別」記載の違いを詫びる。受診者は、「いいえ、まだ戸籍を変えていないんです。」と恥ずかしそうに言う。数年間、毎年、数人の「性同一障害」のある人、現在では「障害」という言葉を避け「LGBT」と表現される若者の「健康診断」を行った。徐々に立ち入ったことにも応えてくれた。小生にとって「ヒト」は「男女」という文字では括れない連続性のある「生き物」であることを肌で知った。 

 「LGBT」は、LesbianGayBisexualTransgenderの頭文字をとった略語であることはご存知と思われる。「体の性」と「心の性」が一致しないで外科的転換を望む「ヒト」を指す。両方の性的特徴と器管のある人をインターセックス、Queerともいう。総じて、「性的マイノリティー」と言う。

 「ヒト」は、社会的に男性、女性と2分されていても生物としては、解剖学的にも生理学的にも連続性がある事を実体験し驚愕したのである。

  2004年、性差医療・医学研究会 第一回学術総会(現在は、日本性差医学・医療学会)が東京で開催され、小生も聴講した。聴講した理由は後に記す。

 招待講演は、アメリカのコロンビア大学の 世界で初めて「性差医療」の確立を提唱したDr. Marianne J Lgatoで、「性差医療の実際」に関する演題であったと思う。

 横浜市立大学大学院医学研所貴邑富久子博士の講演は『脳の性、セックスとジェンダー』であった。Dr.Lgatoは、生物学的に「男女」があるにも関わらず、現実は医療が「男性」に偏ったモデルで行われているので、それを是正しようと立ち上がった医学者である。感銘を受けた講演であったが、これは本題と離れたことなのでこれ以上立ち入らない。

  もう一人の招請講演者である貴邑富久子博士の『脳の性、セックスとジェンダー』は、体型は男性でも生物としての(脳)機能は女性である生物(ヒト)が存在するという講演であった。無論、その逆の話もある。小生にとっては驚きの講演であった。講演の記憶をたどると、受精すればすぐ男女の体型は決まるが、脳の機能は母体内(子宮)環境が影響するとのことである。

 2004年に得た学術的な知識を、数年後「健康診断」で驚愕の体験をした訳である。小生は、以来、「ヒト」と接触する場合、男性、女性という「性別」の括りに係らず、俯瞰的に接触するようになったと思っている。気取らず言えば、生物学的にも社会的にも外見ではわからない色々な「ヒト」がいる、存在するという事である。

 家人と時に議論をする。過年、小生が、「そのように伝えておいて」というと、家人は「やだは、自分で言えば」と断る。先日、家人が「主人(小生の事)がいないので返事ができません。後でお電話します」という電話の会話を耳にした。家庭という小さな社会でも夫婦、男女、子供で役割分担があると思っていた小生は、“ニヤリ”とした。当時、「ヒト」は、男女の人権は同じでも、生きていくには役割分担が「ある・ない」という家族のバトルがあり、小生の言い分を証明しようとしていたが、・・・。(続)

|

コラム「医師として、武士として」  Vol.88 「デジタル」と「アナログ」     安藤 武士 Andou takeshi

1941年、新潟県生まれ。1967年、新潟大学医学部卒業後、医師登録と同時に外科研修を開始。72年、呼吸器・心臓血管外科を専攻後、80年より、心臓血管外科部長として日本赤十字社医療センターに勤務。87年より職域病院部長、2001年より職域診療所所長、2010年より佐野市民病院健康管理センター所長、そして 現在は、医療法人社団東華会・介護老人保健施設たかつ施設長として活躍。労働衛生コンサルタント・スポーツドクター(日体協)・健康スポーツドクター(日医)・認定産業医(日医)の資格を持ち、これらの5つの顔を絶妙な味で使いわける医学博士である。身体の大きさと、豪快な笑い・笑顔には、その人柄と存在感をより強くアピールする何ものかが潜んでいる。やはり'武士'にして"武士"ここにあり。

Vol.88 2017.10.29  「デジタル」と「アナログ」                   

 

「健康診断」を受けたことがない人は極めて少ないのではないか。「結果報告書」を手にした人は、まず自分が一番気にしている検査項目に目をやる。検査項目の判定が、「A:正常」、「B:正常範囲」を目にすれば、ホッとする。「C:経過観察」であれば、“まあまあ“と安心するが、何に注意すれば良いのか知りたくなる。「D:要精査」、「E:要治療」が表記されていると、”やっぱり”、“どうしよう“とふさぎ込む。そんなはずないと深刻に考えないようにするが、気持ちに引っ掛かりをもった日々を送る。

 血圧の評価である。日本高血圧学会では、至適血圧、正常血圧、正常高血圧、I度高血圧、II度高血圧、III度高血圧と血圧を細かく「区分」し、区分に応じた評価している。「正常高血圧」は判定「C」と表示される。正常高血圧とは何ぞやという事になるが今回はそれに触れない。I度高血圧:140/95mmHg以上になると、「高血圧症」と病名がつく。更に高くなると降圧剤服用が必要になる。連続的な値を区分し評価される。通知を受けた受診者は140/95と139/94とどこが違うのだろうかと思うはずである。

ヒトは生物に属する。生物の生理学的、代謝の変化は全て連続性が保たれている。生体活動を「区分」し、右・左に分けることは現実的にはやもうえないが、個人としては釈然としない思いがある。

学校の試験も同様である。70点以上を合格、未満は追試。70点と69点の差は、学問上どこがどのくらい違うのであろうかと69点の学生は嘆く。数字で値や量が「離散的」(とびとび)なって表示されることを「デジタル」という。一方、

重量・長さ・回転数・電流、時間など連続的に変化するで示すことを「アナログ」という、と辞書に記されている。人を含めた自然界では、全て「アナログ」で動いている。時に、ある限界点に達するとそれ以前と全く様相がことなる現象を見せることがあるので、自然界にも「デジタル」という現象もないではないと書物に記されている。比喩的に、物事を割り切らず、曖昧さを残しつつ理解する人のことを「アナログ人間」と呼ぶこととがある。今日ではあらゆることが「デジタル」で表示されている。「デジタル」という文言知らなくても「デジタル」生活を、疑問に思う人はいない。従って、「アナログ人間」を「古くさい人間」と揶揄することもある。

「芸術」はデジタルで評価されない。表現されていることが人の感動を与えるかどうかという、芸術性で評価される。レオナルド・ダビンチの「モナ・リザ」とエドバルト・ムンクの「叫び」で理解できる。芸術性の有無に優劣の区分は付けられない。

医療の場合である。現代の医療は「アナログ」を許さない。全て、得られた検査値を「区分」しそれに見合った対応をしないと、“やぶ医者”といわれる。“やぶ”で済めば良いが、訴訟問題が起きた時には法的にペナルティーがかかる。

「健康診断」の「判定」は「デジタル」で処理するのもやもうえないが、老練な医師になると「デジタル」よりも「アナログ」医療になる。経験的に人はそれぞれが違うということを肌で知っているから「アナログ」で判断する。経験豊かな医師は意識せずとも「アナログ」人間となる。

「認知症」の診断である。入り口検査として医療関係者はご存知の長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)が用いられることが多い。長谷川式で通用する。

30点満点で21点以上は正常、20点以下は認知症の疑いあり、と診断される。1点差で,あの人、「認知なの」と陰で囁かれる。実生活で21点と20点とに違いはどこにあるのだろうかと思う人はいるはずである。 受けなければ「認知」と言われないで済む。

小生は「アナログ人間」を好む。自身、「アナログ思考」で物事を処理することが多い。従って、好い加減な「ヒト」と評価されている。

殊に最近、「デジタル思考」を避けている。小生は、長谷川式と聞いただけで話題を他に移す。数年前、「自動車免許証」は返納し「自動車経歴証明書」を携帯している。更新に際し、何かあらたな試験を受けなければ制度になっていると聞いている。(続)

|

コラム「医師として、武士として」  Vol.87 「紳士」     安藤 武士 Andou takeshi

Vol.87 2017.9.24 「紳士」 

「紳士」でありたいと思う男性は小生だけではないと思う。「紳士」でありたいと思っているからには、現在、自身は今だ「紳士」非ざると思っていることになる。

日本語の「紳士」は「縉紳の士」に由来するという。「縉紳」は、束帯を挿んだ高い官位を有する人物をさしており、江戸時代から用いられているという。

英語では”gentleman”と訳されていることはご存知と思う。明治の初期に英国で学んだ夏目漱石らが、英国で“gentleman”と呼ばれている人の立ち振る舞いが、江戸時代から用いられている「縉紳の士」にあたるとしたーと、ネット辞書に記されている。「縉紳」が「紳士」と記されることになった由来はわからなかった。

日常会話においては、礼儀マナーに長けているものを表現する際に紳士的と言うことがある。また、マナーに厳しく、教養があり経済的にも裕福な年配の男性というイメージを持たれることが多いと記されている。

小生はそれに憧れを持っていた。過去形であるからには、努力しても無理である条件があることによる。「紳士」になろうとしている努力の一端を記す。ドアが閉まりかけているエレベターに乗るため小走りし、エレベターに飛び込まない。チョット急げば入り込めたかもしれないが、入りこめなかったことを想定し閉まりかけているドアの前で悠然としている。歩道でも同じである。交差点で青信号が赤信号に代わるとき青信号が点滅するが、走れば間に合うのにあえて走らず「紳士」然とし次の青信号まで数分待つ。心の内では無念と思っていることが多いが、これが、「紳士」の基本の姿であるとし納得させている。電車、地下鉄もそうである。“きょろきょろ”と空席探しをしない。

過日、学会で名古屋詣でをした。何時も目的地に行く時は、座席指定券を購入し計画どおり目的地に着くようにしている。帰りは利用する新幹線の時間で行動を縛られないよう自由席券を購入しておく。過日の学会でも同じようにした。久しぶりに会う友人と学会終了後、時間の許す限り会食しながしら時間を過ごした。積る話をしているうちに、21時過ぎになったのでお開きとした。名古屋駅のホームに着くと、上りの「のぞみ」の発車ベルが鳴っていた。走れば間に合うが、「紳士」の条件に合わせ悠然と「のぞみ」を見送った。さて、次の新幹線は何時だろうと思い時刻表をみると、22時14分、「こだま」、静岡駅行となっている。見送った「のぞみ」が、上りの終電であった。

今更、じたばたしても仕方がないと思い「ホテル」を探した。土曜日とあって名古屋駅周辺の「ビジネスホテル」はどこも満室。「超高級ホテル」に泊まる羽目になった。

僅かな差で無駄な出費をしたことになるが、「紳士然」としたことに満足している。(完)

 

|

コラム「医師として、武士として」 Vol.86 「“呑んべい”の言い訳」(2)     安藤 武士 Andou takeshi

1941年、新潟県生まれ。1967年、新潟大学医学部卒業後、医師登録と同時に外科研修を開始。72年、呼吸器・心臓血管外科を専攻後、80年より、心臓血管外科部長として日本赤十字社医療センターに勤務。87年より職域病院部長、2001年より職域診療所所長、2010年より佐野市民病院健康管理センター所長、その後、医療法人社団東華会・介護老人保健施設たかつ施設長として活躍。労働衛生コンサルタント・スポーツドクター(日体協)・健康スポーツドクター(日医)・認定産業医(日医)の資格を持ち、これらの5つの顔を絶妙な味で使いわける医学博士である。身体の大きさと、豪快な笑い・笑顔には、その人柄と存在感をより強くアピールする何ものかが潜んでいる。やはり'武士'にして"武士"ここにあり。

Vol.86 2017.8.17 「“呑んべい”の言い訳」(2)

           「“呑んべい”の言い訳」(1)こちら

「呑んべい」は、なんやか言い訳を考えながら飲む。自分自身を納得させる言い訳をしないで呑む人は、本物の「呑んべい」ではない。このコラムでは、それを「呑んべい」の定義とする。

朝、今日は止めておこうかと思っても、一仕事を終え帰宅する際、何かと理由を付けて、今日は、まあいいかと仲間と居酒屋に繰り込む。大抵、今日は飲まないと決めていたがと、仲間のせいにする。すでに「依存症」に近くなっている。飲む量の多寡でないでなない。毎日、晩酌をする人は、大半は「依存症」か「依存症」候補者である。

「キッチンドランカー」という言葉を御存知と思う。それが常態化すると「依存症」になる確率が高くなる。他人に迷惑を懸けないうちは、個人の問題として片付けられる。明らかにそれが原因で人様に迷惑をかけると「アル中」と言われる。「アル中」は、今は医学用語として用いられてないが、「依存症」と言われても「そうかな」と思うだけであるが、「アル中」と言われると、むきになって否定する。

「依存症」の医学の定義は、ある物事に依存し、それがないと身体的・精神的な平常を保てなくなる状態を指すとされる。アルコール依存症のような物質に対するものと、ギャンブル依存症、インターネット依存症のような行為に対するも、人間関係に対するものがある。 医学書を見ると、幾つかの「依存症」の病名が記載されている。

「ワークホーリック」という言葉がある。これも「依存症」であると思っているが、医学書には載っていない。現在の社会では、仕事第一の人が愛でられる風土なので、「仕事依存症」は、好ましく受け止められることが多い。しかし、自分の一生、家庭にとっては「害」となることもある。定年を迎え、さて、これからの人生をどのように送るか、仕事一筋だけの人生を悔やむ。趣味を持っていればと。家庭は、「呑んべい」と別な世界を送っている。ご近所さんの話、スーパーの話、新聞のチラシ広告、宅配便の話、クリーニング屋さんの話など、「呑んべい」は全く入り込めない話ばかりである。

帰宅しても家庭の話題に入り込めず、晩酌をし風呂に入り寝るといった人生もまた「依存症」候補である。晩酌の初めの一杯が緊張した気分を解す。これが、家庭に帰ると自動的にできるシステムになっているとその習慣に頼る。長年、続くと「依存症」になる。

小生は、健康面談を受けることが多い。中年の人で毎日、飲酒する人に、午前中はかったるそうにしているが、午後になるとバリバリ活動する人、言い訳をし「呑む人」、過度に晩酌をする人は要注意である。

先日、明らかに依存症と思われる人と面談した。今日は、止めておこうと思っても帰宅するとすでに酒肴が並んでいるので、やむを得ず「一杯」と、言い訳をした。「呑んべい」は呑むことに対し、少なからず罪悪感を持っていることが多い。呑まざるを得なかったと自分に言いきかさているのである。

小生は、アルコールは嗜むが「呑んべい」ではない、「依存症」になっていないと思っている。2・3週間ほど、アルコールを遠ざけても精神活動はかわらない。「依存症」でないことを確認するために禁酒をしたのである。確認はできた。

さあ、今日は何を「酒肴」に一杯、やるかな。(完)

|

コラム「医師として、武士として」 Vol.85 「冷やしそうめん」と「カレーライス」 安藤 武士 Andou takeshi

1941年、新潟県生まれ。1967年、新潟大学医学部卒業後、医師登録と同時に外科研修を開始。72年、呼吸器・心臓血管外科を専攻後、80年より、心臓血管外科部長として日本赤十字社医療センターに勤務。87年より職域病院部長、2001年より職域診療所所長、2010年より佐野市民病院健康管理センター所長、そして 現在は、医療法人社団東華会・介護老人保健施設たかつ施設長として活躍。労働衛生コンサルタント・スポーツドクター(日体協)・健康スポーツドクター(日医)・認定産業医(日医)の資格を持ち、これらの5つの顔を絶妙な味で使いわける医学博士である。身体の大きさと、豪快な笑い・笑顔には、その人柄と存在感をより強くアピールする何ものかが潜んでいる。やはり'武士'にして"武士"ここにあり。

Vol.85 2017.7.18 「冷やしそうめん」と「カレーライス」

小生の若いころ、特異な性格を有する友人が発した言葉と人生を紹介する。共に大学にいた頃の友人である。医師である友人は型にはまらない性格であるが、医療も研究も極めて真剣に取り組んでいた。当時、当たり前に行われている診療に対しても斜に構え評価し自分が納得した、また、自分が考えた医療を行っていた。しかし、所謂「リピーター医師」ではなかった。彼の母親は、シングルマザーで「クリニック」を経営し一人っ子の彼を育てた。彼は「育てられたのではなく、育った」という。幼少時から、何時も一人で行動していたようである。女医に対しては、「女医は女ではない」と厳しい見方をしていた。

その彼は、自由奔放な生活を送っている一方、寂しがり屋でもあった。少ない友と心を許しあうまでになると、急によそよそしくなる。いつぞや、「自由と孤独」、「幸福と束縛」が僕の人生観と小生に言った。幸福そうな家庭は、家族の誰かが潜在的に「自由」でありたいと思う気持ちを抑えているから成たっているという。かねがね、だから家庭を持つ積りはないと言っていた。以来、今日まで小生の頭の隅に彼が発した「フレーズ」は住みついている。その言葉は、両極端であるが説明しなくとも充分理解されると思う。彼は、何時も何かからも「自由」でありたいと思い生活を送っていた。

その彼から、30歳の半ば「結婚」したという知らせが届いた。あんなに、「自由」であることを、「誰からも束縛されない人生を送る」ことを望んでいたはずなのに、と驚いた。彼は二人の子供を持ち「幸福な家庭生活」を送っていたと聞く。その後、自宅から離れた片田舎に「クリニック」を開いた。彼は、「クリニック」に寝泊まりし週に1度、帰宅するというという家庭から離れた生活を続けた。

その特異の性格と医療に対する熱心さが地域住民から受け入れられ「赤ひげ先生」になった。彼が望んでいた自分の生活を取り戻したのである。彼の心の束縛から解放されたのである。しかし、自由になった交換に一人で生活する孤独な生活を送ることになった。30余年後、離婚したと風の便りで知った。

前置きが長くなった。彼の望んでいた「自由」を取り戻した人生を、若干、ためらいつつ人生の終末期に入った小生の感想を記す。「自由と孤独」、「幸福と束縛」。人生を両極端の言葉で括ると、人生は正に「ギャンブル」である。そうならない為には、「適当な自由」、「適当な幸福」を望むことが必要と思われる。それも、また難しい。

 そとは暑い。夕食は「冷やしそうめん」でもと思っていたが、「カレーライス」であった。“美味しかったよ。ご馳走さま”と言ってお風呂に入り床についた。あと何年、続くのかな。(完)

|

コラム「医師として、武士として」 Vol.84 ねこの挨拶     安藤 武士 Andou takeshi

Vol.84 2017.5.5 ねこの挨拶

毎週、日曜日、夕飯を楽しみながらTVの“さざえさん”を見ている。1969年10月5日から続いているとのことで、日本一の長寿番組であろう。

いつ放映されたかわからないが、磯野家の庭に毎日遊びに来る野良ネコが、姿勢正しく両前脚をそろえ、きちっとした佇で、サザエさんに、“にゃーん”と一声なきしどこかに去った。それ以後、野良は姿を見せなくなった。数日後、さざえさんが、“どこにいったのかしら、”お別かれの挨拶“にきたのかしら”というという場面があった。

小生宅のことである。現在の住まいに居を構え四半世紀になる。小生宅前の6m幅の道に、10数匹の野良ネコがうろうろしていた。“野良ネコ通り”とも言われていた。

家人が世話をし始めた。朝夕、餌をやり、野良が餌を食べていう間、40メートルほどの間のトイレの始末、ご近所さんの玄関先を掃除するのが日課になった。数年も続くと、当初、冷やかだったご近所さんの家人に対する視線も変わった。ご近所さんと、挨拶だけでなく立話をするようになった。

野良は大抵、母親とその子と思われる一組で餌を食べに来る。当初は、スーパーで買ったお刺身のトレイなどを利用していたが、風で飛ばされるので瀬戸物になった。許されるかどうかは別にして、家人に手なずいたところで避妊手術を受けさせていた。自治体から補助が出るが、かなりの負担になったらしい。すべての野良に名をつけていた。マメ、クロ、ゾウキン、ゴン、タナ、チビ・・・、などである。ネコ仲間のご近所さんと、「クロが弱ってきた、食事もしないのでもうすぐお迎えが来るのではないか」など立ち話をすることが多くなった。数年前からは、玄関先に“ノラハウス”を置き弱ったノラを住まわせた。

2年前、クロがなくなりチビだけになった。冬になるとホカロンを1、2枚入れ、食事もルームサービスするようになった。エサは缶詰であったり、カリカリ(固形食品)であったり、贅沢させていた。チビは日中は、日向ぼっこ、夕は、エサを食べ終わると“ハウス”にもぐり込んだ。チビは冷たい水はのまず白湯だけを飲んだ。家人は、時間が来ると水差しとお湯の入ったポット、缶詰め、カリカリの食事セットを持って世話をした。

 今年の冬、チビは“ハウス“から出てくる回数も減り、食欲もなくなりそろそろお迎えが来るような状態になった。好天の時は、お向いさんの駐車場で日中を過ごし夕刻になる”ハウス“に戻る生活になった。白湯以外、なにも口にしない状態が3週間ほど続いた。“ハウス”でお漏らしをするようになった。紙おむつを敷き快適な環境にした。

 ある雨の降る早朝、玄関先で通行人の声がした。家人が出てみると、通行人の傘の下に、精一杯の力で姿勢をただし痩せこけた雨に濡れたチビがいた。家人は、すぐに食事セットを取りに行こうとしたら、チビは、“ニャー”と一鳴きし“ハウス”に戻った。通行人に礼を言った。

 日中、“ハウス”を覗くと息をしているチビがうずくまっていた。翌朝、チビは息を引き取った。

 小生も、“ハウス”を覗き死亡を確認した。玄関先の花を摘んでハウスに入れた。地元の保健所に連絡し遺体を引きとってもらった。ご近所さんも、亡骸の入った段ボールに花を入れ冥福を祈ってお別れをした。

 家人は、一日も欠かさず、朝夕、野良の世話を四半世紀続けた。その間、泊りがけ旅行は一度も出来なかった。小生との泊りがけの旅行は、無論、無かった。

家人は、一日、数時間の野良の世話がなくなったので、ホットしている。「でも、寂しいは。」と言っている。玄関先に、チビの写真付きの「訃報」の知らせと、お世話になった礼を記したチラシが掲示されている。享年18歳であった(ヒトでは88歳)。

 間もなく、小生の場合も世話がなくなってホットすることであろう。「でも、寂しいは。」という言葉が出てくるかどうかは、小生は確認できない。(完)

|

コラム「医師として、武士として」 Vol.83 “かわいそう”  安藤 武士 Andou takeshi

Vol.83 2017.5.3  “かわいそう”

講演会で、講演者に謝辞を述べる役割が小生に与えられた。慣例にしたがい陳腐な言葉で礼を述べたついでに、「どうしてそんなに“かわいそう”という気持ちがお強いのですか。」と尋ねた。講師は、“かわいそう”という言葉は上から目線でそのような言葉は嫌いです。と、ピシャリと言われたことがある。

確かに、上から目線の言葉のニュアンスがあると思っているが、それに代わる言葉がみつかからない。IT検索をすると、気の毒ふびん哀れ痛痛しい痛ましい、という言葉が同義語として記載されている。すべての文言は、やはり上から目線の感がある。「かわいそう:可哀相」という言葉は、近ごろは年上にも用いるーと、あるから、小生は“かわいそう”という言葉を上から目線でいっているのではないと気にしないで用いている。言葉遊びは終え先に進む。

過年の11月初旬の朝ことである。仕事で日本海側にある交通要所の都市に行った。特急電車から降りると、みぞれ交じりの小雪が舞っており寒さが身に染みる天候であった。

駅前の広場にベンチが置いてあった。寒さの中、そのベンチに靴も履かずぶるぶる震えているそう品も悪くない50歳ぐらいのご婦人が座っていた。スカート、ブラウスは薄汚くパンストもつけていなかった。ベンチに大きなバッグと衣類が詰め込まれたポリのごみ袋があった。一見して「新人ホームレス」であることがわかった。どうして靴を履いていないのだろう、これからどうするんだろう、“かわいそう“にと思った。

彼女とかなりの距離があったが、小生と眼があった。すると彼女は、小生に向かって裸足で走ってきた。小生が立ち止まっていると、彼女は「下着の一枚も買いたいので1000円ほど恵んでください。」とねだった。小生はいいですよ。寒くて大変ですね、と言い財布から1000円の積りで札をだした。女性はお札を手にして、すぐ、こんなにいただいていいんですか、有難うとうございます。有難うございますと何度も言って腰を折り、両手で札をささげあげ礼をした。わたした札がもろに目に入った。彼女が手にしていた札は5000円札であった。

財布からお札を出したときは、遠方をみる眼鏡を使用していたので渡したお札の額を確認せず渡した。彼女が礼を言わなければ、5000円札であったことに気が付かなかった。釣りをくれとも言えず、“おからだに気を付けて”と、紳士然としてそこを離れた。この寒空にどんな事情があってホームレスになったのであろうと思うことがしばらく頭から離れなかった。

帰り電車は、急行になった。一杯やりながら件のご婦人のことを思いながら帰った。数年たった今も、その後どうしているのだろう、“かわいそうに”と昔を思い出している。(完)

|

コラム「医師として、武士として」 Vol.82 「メタボ」から「フレイル」へ。(2)      安藤 武士 Andou takeshi

Vol.82 2017.5.1 「メタボ」から「フレイル」へ。(2)

2015年の日本人の平均寿命は男性が80.75歳、女性は86.99歳と報告されている。1990年は、75.92歳、81.90歳であったので、四半世紀で平均寿命は5歳延びたのである。2016年の75歳以上の後期高齢者は、1、637万人、100歳以上のお年寄りは、65万692人と報告されているが、厚生労働省の試算では、2065年の65歳以上の高齢者は38.4%と達するとされている。近いうちに80歳、90歳台の超高齢者の健康確保・身体機能の向上対策が必須になるのではないか。今日の死亡原因の第2位、4位の動脈硬化性疾患は、生活習慣病対策が徹底されるにつれさらに罹患率が減少、寝たきり高齢者も減り、車椅子のいらない「高齢者」の健康向上対策が必要になる。

人は、おしなべて60歳ごろから程度の差があるものの、猫背、“べた足”歩行、膝も曲がり歩幅も狭くなる。立ち姿、歩く姿も“老人”と呼ばれるようになる。よろけたり、つまずいたり、こけたりすることが多くなる。身体機能の低下は、“お年頃の人”は頷くはずである。

折角、生活習慣病に患わずに済んだものも、人生の終末期に快適な生活が送れない状態になる。身体機能だけでなく認知機能、精神機能、心理的にも“老い“が来る。「年」をとった人を見て、ご自分でも身体機能に”老い“が来るのは当たり前と思っているのが現状である。TVでは、健康寿命を伸ばすため色々な健康食品が宣伝されている。すべて中年以上を対象にしている。

このような状態、高齢化に伴う身体運動・認知・精神・心理的な機能低下を「虚弱:Frailty」ということが、欧米では20年ほど前から提唱されている。本邦では、2014年5月、日本老年医学会は、その病態を「フレイル」と命名しその予防に取り組むことを呼びかけている。フレイルは、筋量低下・筋肉機能に着目した「サルコぺニア」、移動能力の低下に主眼とした「ロコモティブ(運動性)症候群」などを包括した病態を指している。身体運動機能・認知・精神・心理的問題の低下、虚弱:フレイルという。オーラル(口腔)フレイルも提唱されている。

「フレイル」の診断基準は、一般的にFriedの提唱した基準が採用されているが、詳細は略す。筋力低下、体重減少など身体的な側面だけではなく、精神的な活力も基準に入っている。このフレイル状態に対して適切に対処できれば要介護状態を低減できるようになる。詳しく診断基準を解説されているが、その基準を知る必要もない。高齢者、ご本人が「老い」を痛切に感じているとはずである。

小生のことである。中学から中年まで激しい運動をしてたので、強靭な身体機能を誇っていた。しかし、小生にも“老い”は確実に忍び寄ってきた。

50歳の半ば動態視力が低下、心臓外科医として第1線から身を引いた。追いかけるように社会保険庁より年金支給開始のための調査、定年になり病院を退職し、企業の診療所に勤務。歓迎会で「この度、定年で退職され縁あって・・・。」と紹介されたときは、「定年」という言葉にがっくりした。更にご存じの「ねんきん」騒ぎの渦中、「ねんきん特別便」がきた。肉体的にも精神的にも、“老人”にさせられた。

過日、さるパーティーでのスナップ写真をみた。小生らしい老人が写っていた。小生であった。愕然とした。まさに、老人の姿であった。以後、地下鉄の窓に映る姿を見てばかりいるようになった。

意を決して近くのトレーニングジムの門を叩いた。トレナーに、何を目的にしているのか尋ねられた。「立ち姿、歩き姿」を若々しくして欲しい旨伝えた。早速、トレーニングが始まった。週、1回、30分余の運動である。開始してから1年半経つが、確実に身体機能は向上している。1年余を経たころ、体脂肪率、筋組織量率の変化の検査を受けた。体脂肪率は4%減、筋組織量率は0.3%増とのことであった。筋組織量の微増で効果があったと判定された。姿勢、歩き姿も若々しくなり、フレイル状態の進行を食い止めることに成功したと思っている。トレナーに、いつまでやればいのかと愚問をぶつけた。「やめると、もとに戻ります。続けることです。」という返事が返ってきた。現在、ジム通いは、生活の一部になっている。

「ジム」では、小生が最高年齢とのことである、月謝が下がった。「客寄せパンダ」にしたいのではないかと勝手に思っている。(完)

|

コラム「医師として、武士として」 Vol.81 「メタボ」から「フレイル」へ。      安藤 武士 Andou takeshi

1941年、新潟県生まれ。1967年、新潟大学医学部卒業後、医師登録と同時に外科研修を開始。72年、呼吸器・心臓血管外科を専攻後、80年より、心臓血管外科部長として日本赤十字社医療センターに勤務。87年より職域病院部長、2001年より職域診療所所長、2010年より佐野市民病院健康管理センター所長、そして 現在は、医療法人社団東華会・介護老人保健施設たかつ施設長として活躍。労働衛生コンサルタント・スポーツドクター(日体協)・健康スポーツドクター(日医)・認定産業医(日医)の資格を持ち、これらの5つの顔を絶妙な味で使いわける医学博士である。身体の大きさと、豪快な笑い・笑顔には、その人柄と存在感をより強くアピールする何ものかが潜んでいる。やはり'武士'にして"武士"ここにあり。

Vol.81  2017.4.23 「メタボ」から「フレイル」へ。

 歴史的に「肥満」は、体に脂肪が多く付すぎ容姿に関わる問題としてとりあげられてきた。“でぶ”とよばれていたが、差別用語であるので今は使われない。

19世紀初旬はゴヤの『着衣のマハ』『裸のマハ』で描かれている豊満な女性、ここ20数年余は、日本人なら誰でも知っているモデルとしてデビューした藤原紀香さんなどで代表される細身で脚線美の女性が、美しい人と評価されている。容姿の評価は時代とともに変わる。全く医学的問題は含まれていなかった。これも医学の発展とともに変わる。

健康の概念の話である。以前は、飢餓対策がWHOの中心であったが、現在は、飽食が問題になっている。それにつれて動脈硬化性疾患(心筋梗塞、脳血管障害)対策が重要な課題となった。当初、動脈硬化はコレステロールの管理にのみ重点が絞られ、新薬の開発によりある程度予防の目的は達せられてきたが、さらに増え続ける動脈硬化性疾患に対してコレステロールの概念を超えた対策が必要になった。

四半世紀前、過剰栄養、運動不足によって起こる肥満を基盤とする糖尿病、高血圧症、脂肪代謝異常症を併せ持つ症候群の概念が提唱された。その概念は、シンドロームX,死の四重奏、インスリン抵抗性症候群、内臓脂肪症候群と種々の名前で呼ばれていた。1999年、WHOを中心にそれらは集約され「メタボリックシンドローム:内臓脂肪症候群」という概念が確立されその「診断基準」ができた。本邦では2004年である。今日では、医学的にも「肥満」は健康障害を惹起するいみ嫌われる言葉となった。

本邦では、平成20年より始まった「健康診査・特定健康診査」、通称、「メタボ健診」が始まり、その病態が理解されているかどうかは別にして“腹周りを計る“いやな健診”と言われているが、そのためかどうかわからぬが「メタボ」という言葉が定着した。「メタボ健診」は40歳から74歳の間に実施するよう健康保険組合に「法」で義務づけられている。本邦では、「国民皆保険」なので原則としてこの年齢層の人は「メタボ健診」をすべからず受けることになっている。

「メタボ健診」の導入の目的は、寝たきり老人を作らないことである。急性期治療の飛躍的な進歩に埋没し、予防医学的な「メタボ健診」の効果は明確には見えないが、脳血管疾患、冠状動脈疾患は徐々に減少している。壮大な国家規模の予防対策による効果があったと思っている。25年後には効果が明確になり動脈硬化性疾患は更に減少すると思っている。本邦では、1945年頃がピークであった結核が、国家的対策で減少したことと同じようになるのではかいか推測している。

さて、超高齢社会を迎えている今日、次にどのような健康増進対策をとったらよいのであろうか。(続く)

|

より以前の記事一覧