2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

HOME

1・メッセンジャーナースとは  

2・本協会の誕生背景

3・トピックス   4・お知らせ   5・Q&A   6・全国ネットワーキング 

看護ネットラーニング「メッセンジャーナースをめざす人のために」。

9月1日開始の第2回看護ネットラーニング「メッセンジャーナースをめざす人のために」。受講者の募集についての詳細は以下をご覧ください。申込は meetnurse@gmail.com まで。Mese180611

(メッセンジャーナースが行く~「看護」2012年10月号グラフより)

協会のパンフレットはこちらです⇒パンフレット

日経メディカル Onlineで「患者と医師の認識ギャップ考」が進行中

協会フェイスブックで「心と絆といのち」朗読バトンリレーを展開しています。

2019年1月16日 (水)

1月13日、A認定メッセンジャーナースがまた一人、田巻里美さん、新潟に誕生。34都道府県123名に!1月は、さらにS認定2名誕生予定です.

2019年1月14日 (月)

第20回メッセンジャーナース研鑽セミナーⅠ「終末期医療 治療のやりすぎはなぜ起こる?」は、1月26・27日(岡山)、第21回セミナーⅥ「時の流れ メッセンジャー力を磨こう!」は、東京で開催です。

第19回研鑽セミナー(東京)  

Ⅵ:2月23・24日⇒「sem19-6.pdf」をダウンロード 

第20回研鑽セミナー(岡山) 詳細は ☞ 「20.pdf」をダウンロード   

Ⅰ:1月26・27日

 第21回研鑽セミナー(東京)詳細は ☞ 「3121.pdf」をダウンロード

Ⅰ:3月16・17日

お問い合わせは、03-5386-2427へ

2019年1月10日 (木)

岡山大学前で、ブックカフェ栞日(しおりび)を開設している田中勇さんのアマゾン・カスタマーレビューが目に止まり、胸が熱くなりました.

田中勇さんは、岡山大学前に、ブックカフェ栞日(しおりび)を開設しております。

昨年の11月3日、姫路赤十字病院内で開催された「メッセンジャーナースの会・総会」の場で、肺がんの当事者としてお話くださいました。肺がん患者さんやそのご家族たちの語り場を作っている田中さんのお話しは、医療職のこころない言葉と態度が、どれほど患者本人のこころを苦しめるかということを、改めて実感させられたものです。彼が要望したいとおっしゃったことは2つありました。 

①通訳となる人が必要~近くに、そしてここに行けばいるという安心が欲しい。 

②決断を後押しする人が必要~自分で決めていてもそれでも迷いはある。


このたび、村松静子著「自主逝」のすすめの書評をしてくださったのですが、メッセンジャーナース活動への応援メッセージとも受け取れます。


「田中さん、ありがとうございます! 私たちメッセンジャーナースは、それぞれの地域に合った活動を一丸となって進めて参ります。引き続き、応援を宜しくお願いします」

厚沢部町で活動し続ける保健師さんからの嬉しい便り・・・メッセンジャーナースの阿部さんが残してくれた成果

昨年は、9月に北海道でも地震があり、当町も2日間の全面停電などで、電気のない生活の不自由さを経験しました。町内の高齢者宅を回り、話を聞きましたが、お年寄りの方は、意外とどっしりとしていて「日が暮れたら寝るから大丈夫!」と教えられることばかり、若者の方が右往左往していました・・・。

 

私は、相変わらずパタパタと仕事をしております。  

多くの山を乗り越え、この春に認定こども園がようやくオープン。現在建設中です。厚沢部町の自然の中で走り回るこどもの姿を希望とし、保育士達と日々検討してきましたが、皆で作り上げた感がしています。将来の町を支えてくれる宝ですから。


病院のロビーの片隅で出張相談を始めました。小さい事ですが、医師や看護師間との風通し

が良くなったように思います。訪問診療も少し増えました。阿部さんが残してくれた成果ですね。

2019年1月 9日 (水)

新たな年の幕開けに、ワクワクしています(吉田和子)【メッセンジャーナース通信 2019.01.08 No.133】 今、医療者と患者の懸け橋になるメッセンジャーナースが求められています。支援の一環として、メールマガジン「メッセンジャーナース通信」を発行しています.

メッセンジャーナース認定協会(101日発足予定)は、「メッセンジャーナース」の称号取得・登録・活動を支援する民間団体です。

メールマガジンのご登録は⇒ こちら  *「まぐまぐ」を利用していますので、「まぐまぐ」側のPRが入ります。ご了承ください。

 

新年初めてのメッセンジャー通信はNo.133号となりました。今号では、研鑽セミナーの開講時期・場所のほか、メンタルヘルス向上をめざす試行センターの設置構想が本格的になったことや、第2段・「心と絆と命」を探る旅が 6 28 -30 日に山口県で、第8回メッセンジャーナースの会総会が112日(土曜日)、秋田県で開催等、盛りだくさんです。

☆フェイスブックでも情報を発信しています。⇒ こちら

◆ 「メッセンジャーナースたちによる「心と絆といのち」朗読バトンリレー、次々にアップされています。ぜひお聞きください。⇒ こちら

─────────────────────────────

□ 一般社団法人よりどころ〔メッセンジャーナース認定協会〕

─────────────────────────────

〒169-0073

東京都新宿区百人町1-17-10 STビル2F 

看護コンサルタント株式会社内

Tel03-5386-2427 Fax03-3310-7899

認定・審査 m-nintei@e-nurse.ne.jp

応援団   messenger.ns@e-nurse.ne.jp

───────────────────────────────

ホームページ運営・メールマガジン発行:瀬川護(開業ナース応援隊)

───────────────────────────────

当協会における「プライバシーポリシー」について

* 当協会が個人情報を共有する際には、適正かつ公正な手段によって個人情報を取得し、利用目的を「事例」に特定し、明確化しています。

*個人情報を認定協会の関係者間で共同利用する場合には、個人情報の適正な利用を実現するための監督を行います。

*掲載事例の無断転載を禁じます。

 

当協会へのお問い合わせは、messenger.ns@e-nurse.ne.jp までお願いします。

2019年1月 1日 (火)

明けましておめでとうございます。新たな年の幕開けに、昨年からの盛り上がりで、引き続きワクワクしています。 ← (メッセンジャーナース認定協会会長・吉田和子)

昨年のトピックスとして、次の3項目が挙げられます。

メッセンジャーナース有志での、初めての旅行。

村松さん執筆の3冊の本の出版。

そして年末に、村松さんのテレビ出演。

特にテレビの力の凄さは、直に反響が伝わってくること。 私にも思いがけない数人の知人から連絡があり、嬉しかったものです。

そしてタイムリーに「自主逝のすすめの本の出版。内容は濃いのですが一気に読める分かり易さ。

メッセンジャーナースの必要性を実感すると共に、思いに寄り添える看護力研鑽の重要性も実感させられます。

早速に、この本の反響も届いていると伺いました。


さあ、メッセンジャーナースの出番が増えてきますよ。必要として下さる方々の思いに寄り添えるよう、より一層に責任を持って踏み出してまいりましょう。


本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。(吉田和子)

いよいよ始まるメッセンジャーナースのメッセンジャー力と「フット・プラネタリウム」のコラボレーション、メンタルヘルス向上をめざす試行センターの設置構想が本格的に。疲労を和らげ、介護離職や介護の悩みにも対応。各地域に1か所はほしい。そんな思いが、年1~2か所ずつジワリと実現していきます。

「疲れているから話したくない。足つぼを自分の思い通りに押してほしい。でも、施術者との会話自体がストレスになって」・・・「そこをもっと強く押して!」「ツボが外れている。押す場所を変えてほしい」・・・面と向かっては言いづら本音をディスプレイをタッチしてそっとはっきり伝える。目の前には夜空の星がゆっくり動いて、流れ星も現れる。
気分転換してからの相談があっても良い。相談してから気分転換しても良い。
Fp_double_operate ___2 ___3 2
Photo
                 (特許第6442369号)
いよいよ始まるメッセンジャーナースのメッセンジャー力と「フット・プラネタリウム」のコラボレーションで、看護の力をもっと発揮したい。そんな思いが住野勇財団の後押しにより、メンタルヘルス向上を目指す試行センターの設置構想が本格的になります。
メンタルヘルスケアの一環として、その日の気分に合わせて、会話・言語に頼らない伝達法を用いてストレスを和らげるだけでなく、人の手によるヒーリングタッチを重視。
メッセンジャーナースの連携プロジェクトによってその場を広げることで、その有効性をはかる可能性がみえてきます。
看護の“心とわざ”を駆使し、ミュニケーション支援システムを融合することで自然治癒力の喚起向上につながり、疲労を和らげ、介護離職や介護の悩み等にも対応できると期待しています。
各地域に1か所はほしい。年1~2か所ずつジワリと実現していきます。

2018年12月31日 (月)

アマゾンのカスタマーレビューを読んだ同志からの嬉しいメッセージが届きました!みなさんと共有したい!

仲野さん、そして事務局の皆様、今年もお世話になりました。私達の活動は、人が生き続ける限り、常に必要とされると思っていますが、特にこれからは、人生のラストステージを迎える方々が増え、本人やその人生に関わる方々も含めて、惑いながら手探りで航路を進み、最期の港に納まるための模索が一気に弾けると思います。

メッセンジャーナースニーズの大きなウェーブがやって来そうな予感ですね来年も気を引き閉めて、ファイト‼百発でいきましょう🎵(北海道 SA認定 石川ひろみさん)

 

年末の慌ただしいなか、貴重な情報をありがとうございました。

私は、まだ読んでおりませんが、村松先生のこれまでの活動の根幹までも捉えられての発言に圧倒されました。

レビューを読みながら、しっかり生きておられる方だと感銘すら受けました。力強い後押しですね。

有名な作家や評論家より現実に高齢者を見守る人の評価の方が自然体で説得力があります‼ 評価を読んだ自分自身が勇気を貰いました。

看護師として成すべきことは、いつでもどこでも必要な人に必要なことを共有してその人らしさを支えることの協働を家族とともに実践することが家族の納得と亡くしたあとの悲嘆にもつながる。改めて実感した年末でした。良い年越しが出来そうです!

又、今から年末の準備を続けるファイトが湧きました。互いが支え合える現実の拡がりに希望を託して…

改めて、皆さまの佳き年を心から願います!(熊本県 S認定 村中知栄子さん)

2018年12月28日 (金)

2019年 6 月28 -30 日に「心と絆と命」を探る旅。第 2 弾は山口県です。 看護師がベッドを持った「医療支援施設型ショートステイ:コミュニティプレイス生きいき」の見学も、コースに入れてとてもユニークな行程を作成しております。詳細は、改めて、企画委員長の春山さんから・・ ← (山口のメッセンジャーナース・原田)

山口県の 原田典子です。

来年の 6 28 29 30 日に「心と絆と命」を探る旅。第 2 弾を山口県でお引き受けいたしました。

皆様に是非見学して頂きたい、看護師がベッドを持った「医療支援施設型ショートステイ:コミュニティプレイス生きいき」の見学も、コースに入れてとてもユニークな行程を作成しております。

詳しい行程は後日春山さんからご提示が有りますが、とりあえず日にちを開けて是非ご参加くださいませ。

山口県の原田典子やまだ認定メッセンジャー NS ではありませんが心ある看護師達がお出迎えいたします。

万障繰り合わせの程よろしくお願い申し上げます。

【お知らせ】兵庫県からバトンを受けた第8回メッセンジャーナースの会総会は、11月2日(土曜日)、秋田県での開催。北海道・東北ブロック&新潟のコラボで、大会長は石川ひろみさん、場所は秋田赤十字看護大学に決定しました。 ←(秋田のメッセンジャーナース・作佐部)

8回メッセンジャーナースの会総会の開催地秋田のメッセンジャーナース作左部です。

8回の総会は北海道・東北ブロック&新潟のメッセンジャーナースがコラボして企画・進行を務めさせていただきます。総会会長は北海道のメッセンジャーナース石川ひろみさんです。総会および懇親会の準備状況や決定事項を随時皆さまにお知らせしながら、たくさんの方に秋田にお集まり頂けるように尽力したいと思います。ぜひ来年の秋の予定に組み込んで、旅費などのご準備をどうぞよろしくお願いいたします!

 

総会日時; 2019112日土曜日 

午前1030分ころ~ (東京発なら飛行機、新幹線どちらでも当日発で間に合います)

会   場; 秋田赤十字看護大学1階講義室

参加費等は今年度に準ずる予定です。

昼食をはさんで、午後のテーマおよび内容は検討中です。(メッセンジャーナースの活動報告、看護学生を交えたセッションなど)

懇親会 ; 同日午後6時ころから

会   場;秋田温泉さとみ

送迎バスあり。 宴会に温泉入浴つき   宿泊も可能

 

  なお、それぞれの時間や宿泊プランなどの詳細は後日ご案内します。市内に観光名所はありませんが、美味しい名産品とお酒をお楽しみいただけます。

«家族看護の普及に尽力されている渡辺裕子先生がブログで、メッセンジャーナースことを書いておられます。 ←(姫路のメッセンジャーナース)

最近の記事

最近のコメント