2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« 研鑽セミナーの受講方法 | トップページ | メッセンジャーナースの活動事例 »

2010年9月29日 (水)

本協会がめざしている事業

 病院での看護の在り方や看護師の存在の意味が問われています。今の日本の現状を直視した上でメッセンジャーナースは何をするのかを問い続けます。

 メッセンジャーナースは、医療コーディネーターやメディエーター、医療支援決断サポーターなどとは明らかに違う点があります。それは、「医療の受け手本人の意向を大事にするのであって、家族の言いなりにはならない。家族と医師の懸け橋になる場合でも、本人はどんなことをこれまで望んできたかを思い出させ、家族の願いと重ねる作業がある。」という点です。

 

メッセンジャーナースには、医療知識に加え臨床心理の基礎、医療と直面した時の人間心理が求められます。今の高度医療、複雑化した医療制度、新薬が次々に出てくる現状の中で確実な情報提供を行いながら、患者・家族の心にも関わり、医療者とのコミュニケーションを図りながら、患者・家族が納得、満足できるものを選択していけるようなサポートをメッセンジャーナースが行っていく事が今の医療の現場には必要です。メッセンジャーナースは職人でもあるのです。

« 研鑽セミナーの受講方法 | トップページ | メッセンジャーナースの活動事例 »

2・本協会について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本協会がめざしている事業:

« 研鑽セミナーの受講方法 | トップページ | メッセンジャーナースの活動事例 »

最近の記事

最近のコメント