2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ

« 皆様、メッセージをありがとうございます。 | トップページ | メッセンジャーナースの活動事例(その2) »

2010年10月 7日 (木)

看護職として、あなたは何をしてくれますか。

こんなやりとりがありました。愛媛から東京の看護師への電話。

「先日来のアドバイスで、役場から連絡があって、要介護度ⅠからⅢになりました。ありがとうございました。」「この制度は、ご家族の負担を少しでも軽減しようというものです。ご家族が倒れたら、お父様も家に居られなくなります。介護にのめり込まずに、良い意味でも手抜きをして、介護なさっているお二人の気分転換をなさってください。時には楽しまれてほしいのです。遠くからでもお役に立つことがありましたら、またお電話をください。」「そう言っていただいたら、それだけで気が楽になりました。」・・。

<応援メッセージ>

これから高齢化に向けて、そしてますます高度化する医療のなかで、本当に必要な役割だと思います。そして、その仕掛け創りがユニークで、・・。この組織が、全国で機能することを願って心から応援致します。周辺にも、メール回します。メルマガ登録しました。

お取り組み、もちろん応援しています!メッセンジャーナースの必要性をあらためて深く認識しました。さっそくツイッターでお知らせしました。

在宅看護・介護をしている人だけでなく、在宅で病気を抱えながら生活していらっしゃる方々が、不安や迷い、また、質問などを、容易に身近なこの「メッセンジャーナース」にぶつけて、助言を得ることもできるんでしょう? よりよく生きることの、手助けを、看護の専門家として 認定を受けたナースが活動(活躍)して行けますように・・・。

*「看護とは何か?」私たちにできることはほんの少しですが、看護の心が病んでいる人達の生きる力の小さなきっかけになれば、うれしく・・また、楽しみにつなげることができればよりうれしく・・・まだまだ看護を通して人生勉強をしている未熟ものですが、お手伝いができればと思っています。

* これから初の認定を受けられる方、これからセミナーを受講されようとする方、六十歳の貴方様も、四十歳代三十歳代の若きアナタも、「青春」はこれからなんだそうですよ。 志に「青春」を! 行いに「理念」をもって、 足を一歩踏み出しましょう。

<青春とは臆病さを退ける勇気、安きにつく気持ちを振り捨てる冒険心を意味する。
   ときには、二十歳の青年よりも六十歳の人に青春がある>
                     サミュエル・ウルマンの「青春」より

« 皆様、メッセージをありがとうございます。 | トップページ | メッセンジャーナースの活動事例(その2) »

7・応援団・メッセージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 看護職として、あなたは何をしてくれますか。:

« 皆様、メッセージをありがとうございます。 | トップページ | メッセンジャーナースの活動事例(その2) »

最近の記事

最近のコメント