2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ

« メッセンジャーナースのように個々、日本の看護留学生が邦人と現地医療の架け橋となれないか ← (若手ナースからの声) | トップページ | 医療の受け手・100歳の医師からのメッセージ »

2010年12月21日 (火)

研鑽セミナー、改めて出会いの素晴らしさを感じています。 ← (東京の受講生から)

一緒に参加させていただいて、改めて出会いの素晴らしさを感じています。メッセンジャーナース研鑽セミナーで思うことは、参加した誰かの悩みを、自分の事として受け止め、「私もそう、そんなことがあった、こんなふうに思う」と話し合えること、講義を受けるのではなく、自分自身を振り返りながら話し合える、それができる場だと思います。 これからも参加したいと思います。ありがとうございました。

« メッセンジャーナースのように個々、日本の看護留学生が邦人と現地医療の架け橋となれないか ← (若手ナースからの声) | トップページ | 医療の受け手・100歳の医師からのメッセージ »

7・応援団・メッセージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« メッセンジャーナースのように個々、日本の看護留学生が邦人と現地医療の架け橋となれないか ← (若手ナースからの声) | トップページ | 医療の受け手・100歳の医師からのメッセージ »

最近の記事

最近のコメント