2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ

« メッセンジャーナースの今後の活躍を期待 | トップページ | メッセンジャーナースさん、心の声に向き合えますか  ③ »

2011年4月30日 (土)

福島@訪問ナースからの便り

一緒に生きていこうよ

心身医療科の主治医の先生が退院計画書に最後に書いた言葉でした。

私に託された言葉の様にも思われました。

201104301102001_2 今日広野町迄行ってきました。警察官がそこには立っていました。

周辺の町はひっそりしていました。その前にいわき周辺を通ったのですが、だいぶ片付いていましたが、残骸の山でした。福島は他県からのボランティアは他県に比べて少ないと言う事です。きっと原発周辺は殆んど手付かずのはず、復興と言う言葉が届かない場所になっているようです。

それでも山々は山桜が咲き新緑がきれいでした。小春日和でした。

« メッセンジャーナースの今後の活躍を期待 | トップページ | メッセンジャーナースさん、心の声に向き合えますか  ③ »

7・応援団・メッセージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島@訪問ナースからの便り:

« メッセンジャーナースの今後の活躍を期待 | トップページ | メッセンジャーナースさん、心の声に向き合えますか  ③ »

最近の記事

最近のコメント