2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フォト
無料ブログはココログ

« 「こらんしょ」があまりに素敵だったので、・・・ | トップページ | 「こらんしょ」があまりに素敵だったので・・・ 【メッセンジャーナース通信 2011.10.24 No.37】を配信しました »

2011年10月23日 (日)

「心と絆といのち-私の看護実践論」 <予約受付中> 申込先:看護の科学社営業部

25年前、「あなたの動きは10年早過ぎます。」と言われ、葛藤しながらも、本来あるべき看護の実践に拘り続けた在宅看護研究センターLLP代表の村松静子。10年前に雑誌「看護実践の科学」に1年半にわたって連載した本音録『看護実践論―自分史からの出発』が、いよいよ1冊の本になって登場です。Shinkan_7

<予約受付中>

書名:心と絆といのち-私の看護実践論 詳細は⇒こちら

著者:村松静子

版型:四六判,120

定価:1,260円(税込) 送料:200

ISBN978-4-87804-059-7   刊行:10月25日

申込先:看護の科学社営業部

TEL:03-3943-0244 FAX:03-3943-7229

E-maileigyo@kango.co.jp

« 「こらんしょ」があまりに素敵だったので、・・・ | トップページ | 「こらんしょ」があまりに素敵だったので・・・ 【メッセンジャーナース通信 2011.10.24 No.37】を配信しました »

3・トピックス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 「こらんしょ」があまりに素敵だったので、・・・ | トップページ | 「こらんしょ」があまりに素敵だったので・・・ 【メッセンジャーナース通信 2011.10.24 No.37】を配信しました »

最近の記事

最近のコメント