2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ

« 「何をしてくれますか?」と問われて  ← (A認定メッセンジャーナース) | トップページ | 数年前に種子島で助産師不足の問題、今度は三島村の看護師不足問題・・看護部長、病院長の地域を守ることへの熱意から、看護職員派遣へ  ←(鹿児島のメッセンジャーナースからの報告) »

2013年5月 9日 (木)

3月9日付日経新聞夕刊「家で最期を 思い大切に」を読んで、海外在住の方からの相談が続いています。

「温かいお言葉をありがとうございます。相談にのってもらえる方がいる、というのはとても心強いです。お聞きした包括支援センターに先程連絡を取ることができました。以前訪問してくれた方を調べて、様子を聞いてから、面接の予約を取るための電話を入れてくださるとのことでした。この方も、私の気持ちを良くご理解くださるお優しい方でした。本人と家族間とのコミュニケーションを助けてくれそうでした。また、お手伝いさんとも連携しながら、どんな公的な助けが得られるかを説明してくださるようです。面接の時もお手伝いさん同席を希望してくれるそうです。また、アップデートをお知らせします。これからもどうぞよろしくお願いいたします」。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ナースはナースでも、メッセンジャーナースというのは、相談しやすいのかもしれません。こうして、私たちの心とわざも磨かれて行く。嬉しい事です。

« 「何をしてくれますか?」と問われて  ← (A認定メッセンジャーナース) | トップページ | 数年前に種子島で助産師不足の問題、今度は三島村の看護師不足問題・・看護部長、病院長の地域を守ることへの熱意から、看護職員派遣へ  ←(鹿児島のメッセンジャーナースからの報告) »

7・応援団・メッセージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「何をしてくれますか?」と問われて  ← (A認定メッセンジャーナース) | トップページ | 数年前に種子島で助産師不足の問題、今度は三島村の看護師不足問題・・看護部長、病院長の地域を守ることへの熱意から、看護職員派遣へ  ←(鹿児島のメッセンジャーナースからの報告) »

最近の記事

最近のコメント