2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ

« 新米と秋の味覚がおいしい時期・・・その節は大変お世話になりました。好評だった公開講座の様子をお届けします。 ← (栃木のメッセンジャーナースより) | トップページ | メッセンジャーナースS認定の推薦者はうちの患者会の会員、誰でもいいんですか?  »

2014年10月11日 (土)

コミュニティサロン、「看護」を伝え、語れる場ができる。 ここで「患者」に寄り添うことを学べる。ここで「患者」に生きること、死ぬことを話すことが出来る。・・・ ← (大阪のメッセンジャーナース応援団より)

コミュニティサロンここでやりたいこと、伝えたいこと、患者のサポート含め、医療と介護をつなぐ場所であり、人でありたいこと。

そして、これからの看護師のレベルアップするために、是非看護師をここで教育して下さいとお願いしました。

ここなら、今までの経験を伝えられる、と。「辞めない看護師」を作っていけると。

ここで「看護を語る会」でも作って、この地域で悩む看護師さんたちが集まってお互いの看護を語れるところを作りませんか?と。

場所はこの部屋を提供します。って。

そしたら、

「実は、あの村松先生の本をお借りして、読ませて頂いて、私がやりたい、伝えたいのはこの「看護」なのよ。とても素晴らしい本で感動しました。この本当の看護、メッセンジャーナースなのよ。」と

やっぱりわかってくださった。本当に涙が出るほど嬉しかったです。

 

ここで、「看護」を伝え、語れる場ができる。

ここで「患者」に寄り添うことを学べる。

ここで「患者」に生きること、死ぬことを話すことが出来る。

ここで「生活者」に病について、健康について伝えてもらうことが出来、

みんなで「医療」「介護」「福祉」「健康」を考えることが出来る。

 

患者や介護を必要とする人に、必要なサポートをトータルでし、安心して繋ぐ人を見つけ、育てる。なんでもできるんじゃないかって、そんな話をしました。

 

先生のお力もお借りして(勝手にお借り出来ると思っています)、相談窓口として、

患者や介護者だけでなく、「看護師」の窓口になれる。

語れる場所に出来たらと思っています。

中身はじっくり考えて、色々なことを踏まえて考え、形にします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

はーい! ありがとう!(村松)

« 新米と秋の味覚がおいしい時期・・・その節は大変お世話になりました。好評だった公開講座の様子をお届けします。 ← (栃木のメッセンジャーナースより) | トップページ | メッセンジャーナースS認定の推薦者はうちの患者会の会員、誰でもいいんですか?  »

7・応援団・メッセージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新米と秋の味覚がおいしい時期・・・その節は大変お世話になりました。好評だった公開講座の様子をお届けします。 ← (栃木のメッセンジャーナースより) | トップページ | メッセンジャーナースS認定の推薦者はうちの患者会の会員、誰でもいいんですか?  »

最近の記事

最近のコメント