2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ

« 11月2日開催のメッセンジャーナースと市民の交流会と夕食会の参加についての確認! | トップページ | 1通のメール、更に背筋がピシーンと伸びました。多職種云々ではなく、看護自身のことなのだと・・ ← (岡山のメッセンジャーナースより) »

2014年10月20日 (月)

【声】最期を看取るホスピスの看護師さんは機械的になってはダメで、「この病院に入院して、最期を迎えられて本当に良かった!」と心から感謝できる様な接し方をしていただきたい・・

ご無沙汰しています。早速ですが、11月2日参加させていただきます。
毎日病室を訪ねていただき姉共々大変心強かったです。姉もいろんなお話が出来ると楽しみにしていましたし、あなたの顔を見ると安心していたようです。
厳しい目を持った姉で、人を余り信用しないところが有り、そんな中、信頼して自分の最期を任せられて、本当に良かったと思っています。ありがとうございました。
今でも、看護師さんがもっと患者さんに寄り添ってくれていたら、もっと良かった。心から感謝できたのにとその点は残念です。ただ、姉は先生とあなたのことを信頼していたので、その点では本当に良かったと思っています。
看護師さんも何千人何万人と患者さんと向き合うと機械的になりがちと思いますが、ナイチンゲールの精神を忘れないで接していただけたら患者もより一層信頼して、任せられると感じました。
治る見込みのある患者さんは、それでも次に入院することがあれば、良い人に会えるかも知れないから今回は我慢しようと思えますが、姉の様に後何か月しか生きられない人は、余り良いイメージを持たないで、亡くなって行かざるを得ません、そう言った意味では、最期を看取るホスピスの看護師さんは機械的になってはダメで、「この病院に入院して、最期を迎えられて本当に良かった!」と心から感謝できる様な接し方をしていただきたかったと今でも思っています。
姉の前だったので、看護師さんにこの部分が直接口にできなかったことが残念です。


あなたが自分の考える看護の有り方について勉強し直して、起業されるとの事大変うれしく、楽しみにしています。応援します。

« 11月2日開催のメッセンジャーナースと市民の交流会と夕食会の参加についての確認! | トップページ | 1通のメール、更に背筋がピシーンと伸びました。多職種云々ではなく、看護自身のことなのだと・・ ← (岡山のメッセンジャーナースより) »

7・応援団・メッセージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 11月2日開催のメッセンジャーナースと市民の交流会と夕食会の参加についての確認! | トップページ | 1通のメール、更に背筋がピシーンと伸びました。多職種云々ではなく、看護自身のことなのだと・・ ← (岡山のメッセンジャーナースより) »

最近の記事

最近のコメント