2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ

« 示説「無医島に暮らす住民の新しい看護サービスに対するニーズ調査」 「こんな事例こそ家族の意志決定支援にメッセンジャーナースが必要ですね」 反響もあり、メッセンジャーナースの活動は、少しづつ広がっています。  ← (鹿児島のメッセンジャーナースより) | トップページ | メッセンジャーナースマップに感動!  »

2015年9月11日 (金)

一般社団法人日本エルダーライフ協会3周年 お節介と言われることを恐れず自らお節介士と名乗りたいと言ってくれる人々がこんなに世の中にいることに驚き喜び感謝。これからも、ちいさなささやかな橋をたくさんかけていきたい。 → (開業ナースのエッセンス「お節介士」がつなぐ「かかりつけナース」、介護と医療の架け橋に)

この3年、私が介護者を支援するために情報提供する人を社会に作りたいと先生にご相談した日がつい先日のことのようです。
3年間は自分の力だけで頑張ろう、他人は頼らないと決めてやってきたつもりでした。
1日として仕事の事を考えない日は無く、それは仕事と言うより生きることそのもののように感じていました。
何も辛くなかったし、むしろ毎日が自分のしたいことができるという幸せに満たされて、進もうと停滞しようとただ思うことができ、続けることができるその幸せに支えられていました。
でも、3周年のパーティーにご参加いただける方の名簿を作りながら、私は決して自分の力だけで頑張ったのではないとしみじみ思いました。

創業時に持っているお金を全部つぎ込んで、お金にならない仕事をしている私に、力になりたいと研修のお仕事をくださって支えて頂きました。
会社と言う後ろ盾を失くした私に営業先を紹介し、お口添えをして頂いた方。私のしていることは世の中に必要だからと、無償で場所を提供して毎月どんなに受講者が少なくても続けることが大切だと教えてくれた凄腕の女性経営者。私がどんな活動をしているか?実は良くわからないけれど、私の一生懸命な姿を見て協賛するよと商品から搬送の経費まで全部無償でお貸しくださって「今日はあなたが何をしているのかよくわかったよ」と言ってくださった方も。

こんなにも多くの方に支えられた3年間だったのだと、感謝の気持ちで一杯になりました。

そして何より先生が私の創業時に「謙虚でいなさい」と言ってくださったこと。
「あなたは必ず成功する、そして注目されるから、その時に自分を見失わないように」
こんな、素晴らしい信頼と励ましの言葉はありませんでした。
自分を信じていればいいのだとこの3年間ぶれることなく、自分のやりたいことをひたすら続けられたのは先生のお蔭だと思っています。

多くの方のお祝いの言葉をいただき、一人一人の方に感謝の気持ちを伝えられてこの先数年間分の元気を一度に頂きました。

開業ナースのエッセンスの最初に「手当て」の素晴らしさが書かれていました。 実際に触れなくても、その声で表情で言葉で触れることができると。私も同じ思いです。 私たちは介護する人と介護を受ける人の双方を受入れ、言葉でケアする人になりたい と思っています。

しかもお節介と言われることを恐れず自らお節介士と名乗りたいと言ってくれる人々がこんなに世の中にいることに驚き喜び感謝しています。

少しずつ介護や医療の専門職の方たちも私たちの活動に理解を示してくださるようになりました。
そしてこんな成果があいまいな資格を政令指定都市である堺市が行政の予算をつけて取り入れてくださいました。

世の中はそんなに悪いものではないと嬉しさでいっぱいです。しかも自分の為ではなく他人のために何かしたいという人がこんなに多いことに限りない可能性を見ています。

「謙虚でいなさい」という言葉は私のお守りです。
私に自信を与え、行くべき道を常に見せてくれる道しるべです。
これからも、医療と介護と当事者を結ぶ架け橋、ちいさなささやかな橋をたくさんかけていきたいと思います。

ありがとうございます。いつか先生や皆さんのお力になれますよう、もっともっと力をつけてしっかりと道を歩んでいきたいと思います。
♪~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~♪

柴本さん、3周年、改めておめでとう! 在宅看護研究センター3周年の時を思い起こし、重ねることで胸が熱くなりました。ひょんなことから出会ったあなたはお節介士、私はメッセンジャーナース、これからも宜しく!(村松)

« 示説「無医島に暮らす住民の新しい看護サービスに対するニーズ調査」 「こんな事例こそ家族の意志決定支援にメッセンジャーナースが必要ですね」 反響もあり、メッセンジャーナースの活動は、少しづつ広がっています。  ← (鹿児島のメッセンジャーナースより) | トップページ | メッセンジャーナースマップに感動!  »

7・応援団・メッセージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 示説「無医島に暮らす住民の新しい看護サービスに対するニーズ調査」 「こんな事例こそ家族の意志決定支援にメッセンジャーナースが必要ですね」 反響もあり、メッセンジャーナースの活動は、少しづつ広がっています。  ← (鹿児島のメッセンジャーナースより) | トップページ | メッセンジャーナースマップに感動!  »

最近の記事

最近のコメント