2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フォト
無料ブログはココログ

« 患者さんは、ただ「こうしてほしい」と言っているだけなのに、それを受け取ったり共有したりするほどの受け皿がない・・組織の中で粛々と動くメッセンジャー的な働きかけは、周りから見えれば「めんどくさい事に頭をつっこんでいる」と。私がとてもやりがいを感じられるのは、全国のどこかで頑張っている仲間がいると思うからこそ ←(静岡のメッセンジャーナース) | トップページ | 「とてもいい会になったな~と改めて思い、今朝目覚める時、なぜか涙が出て、止まりませんでした。ご参加下さった皆様、ありがとうございました。←(一般社団法人らふ代表理事 蓮尾 久美)」にコメントが書き込まれました »

2017年3月 5日 (日)

とてもいい会になったな~と改めて思い、今朝目覚める時、なぜか涙が出て、止まりませんでした。ご参加下さった皆様、ありがとうございました。←(一般社団法人らふ代表理事 蓮尾 久美)

昨日は、本当にありがとうございました。とてもいい会になったな~と改めて思っています。

こんな機会を作っていただき、心から感謝いたします。

 

今朝目覚める時、なぜか涙が出て、止まりませんでした。

初めてのことでしたが、いろんなことが嬉しかったのだと思います。

 

私が淡々と自分の病気のことを話した姿を見てくださったこと、そこから私の思いを汲み取ってくださったこと、それが何よりも嬉しかったのだと。

私がやろうとしていることは、患者会の活動とは少し違っています。

患者同士が語る場も必要だけれど、そこには次につなげる場も人も、そして学びも必要です。

人は必ず成長する。病のつらさや死に直面し、それを乗り越えた時、本当に「生きる喜び」を得ることができ、それが病を得た人が、それを次に伝える役割になると思っています。

Img_9215Img_9194

私たちも罹患した当初、新聞の「死亡欄」ばかりを眺めていました。

「この人はもうこんな年だからいいよね。」

「もう十分じゃないの?」って

年齢ばかりを見ていたように思います。

そんな話がついこの前の茶話会の時に出ました。

そしたら、最近罹患し、「らふ」へ通うようになった患者さんから

「蓮尾さんでも、そんなときがあったんですか?」と言われました。

ありますよね。いや、ありましたよ。

 

親の前と子供の前だけは絶対泣かないと決めていたので、

お風呂か、一人散歩に出かけた時に、歩きながらずっと泣いていたこともあります。

涙が止まらないので、家に帰れない。

そんな時に限って、母と出会って、気まずい思いをしたことも。

自分で自分の気持ちを前に向かせることが本当に大変だということを十分わかっているので、その期間が人によって違うことも、波があることも、ずっと前をむけない人がいることも、

みんな受け入れて、声を出す時を待ってみようとか、

少し時々、きっかけを作ってみようと思ったりして、活動を続けているわけです。

 

私のところへ電話をくれる、メールをくれる人たちは、ほんの一部です。

もっともっと、いっぱいいるはず。黙って、ブログやFacebookをみているはず。

だから、電話をくださったその時を逃したくなくて、「らふの電話を私の携帯に転送しています。どこでも取れるように。

かといって、残念ながら、私も家族があるので、その時間は大切にしていて、

後ほど、かけなおすこともいっぱいありますが、それは、それでいいと思っています。

自分の幸せなくして、人に寄り添うなんて、

少なくとも私にはできません。

おこがましいですよね。そう思っています。

 

お越しくださった皆様、ありがとうございました。

(一般社団法人らふ代表理事 蓮尾 久美) 

« 患者さんは、ただ「こうしてほしい」と言っているだけなのに、それを受け取ったり共有したりするほどの受け皿がない・・組織の中で粛々と動くメッセンジャー的な働きかけは、周りから見えれば「めんどくさい事に頭をつっこんでいる」と。私がとてもやりがいを感じられるのは、全国のどこかで頑張っている仲間がいると思うからこそ ←(静岡のメッセンジャーナース) | トップページ | 「とてもいい会になったな~と改めて思い、今朝目覚める時、なぜか涙が出て、止まりませんでした。ご参加下さった皆様、ありがとうございました。←(一般社団法人らふ代表理事 蓮尾 久美)」にコメントが書き込まれました »

7・応援団・メッセージ」カテゴリの記事

コメント

甲州 様
コメントありがとうございました。遅くなってしまってすみません。
今回、この交流学習会を企画するにあたり、どう私たちの活動をお伝えし、どう進めるかを考えました。
らふには、メッセンジャーナース南理事がいて、お節介士の柴本理事がいて、そして大切な仲間であるがん体験者がいます。全員の役割をお伝えし、また今回登壇してくれた仲間が自分の体験がこんなにみなさんの心に響くものだということ、自分たちが生きている意味、私たちが何気なく発している言動が、がん患者だけでなく、医療者にも届くのだということを知ってほしいと思いました。
今回の交流学習会を終えて、患者さんたちは、みんなとても嬉しそうで、そして楽しんでくれました。「こんな壇上に上がることなんてないと思っていた」と話していました。
何よりも村松先生のお話がみんなの心に染みて、
「何度も何度もお話を聞きたい。仏さまのような先生だ」と嬉しさいっぱいで話していました。
わたしたちにとってもとても貴重な時間になりました。
私たちにしかできない活動を、続けていきたいと思います。
この思いを多くの患者さんにも感じてほしいと願っています。
ご参加頂き、本当にありがとうございました。

蓮尾さん、素晴らしい会を企画・運営して下さりありがとうございました。蓮尾さんが最初に「らふ」の活動をお話しなさっている時に、蓮尾さんのお顔とお話に引き込まれ見惚れていた為に、途中まで横で流れていたパワーポイントに気付かずにおりました。(笑)さすが美人の会だと思いました。2部で壇上でお話下さった皆さん、とても勇気のいることだったと思いました。その中でそれぞれの思いを語って下さった事は、お話を聴かせて頂く側の私たちにも勇気を下さいました。私は乳癌かも?というヒヤッとする程度の体験しかしておらず、告知を受けた方々とは体験の意味や緊張感が全く違う事も感じました。だからこそ、壇上でお話されるその姿に胸を打たれました。壇上で思いを語りお話下さった事に感謝いたします。そして、南さんや柴本さんお二人のそれぞれの内に秘める熱い思いと行動力、連携があって今の「らふ」に至っている事が伝わりました。どんな小さな気がかりな事であっても、その人の今を逃さずに必要な人々に繋ぎながら「いのち」の思いを紡いでいく活動なんだなと、その活動の素晴らしさが伝わりました。メッセンジャーナースの動きそのものとも感じました。第3部の交流学習会は村松ワールドを感じました。代表の語りには私の内面にある物を思い起こさせるものがあり、私の頭の中でで取り留めもなく様々なシーンがめぐりました。そのまま指名されて、その場にそぐわない発言をしてしまったかもしれませんが、親睦会の自己紹介でお話した通り、「この場で何を言っても良い・(話した事のない話だけど)話したくなる」そんな雰囲気を感じました。それが「らふ」だと感じる事ができました。今回の「いのち」を考える交流学習会に参加させて頂き本当に良かったと思いました。ありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 患者さんは、ただ「こうしてほしい」と言っているだけなのに、それを受け取ったり共有したりするほどの受け皿がない・・組織の中で粛々と動くメッセンジャー的な働きかけは、周りから見えれば「めんどくさい事に頭をつっこんでいる」と。私がとてもやりがいを感じられるのは、全国のどこかで頑張っている仲間がいると思うからこそ ←(静岡のメッセンジャーナース) | トップページ | 「とてもいい会になったな~と改めて思い、今朝目覚める時、なぜか涙が出て、止まりませんでした。ご参加下さった皆様、ありがとうございました。←(一般社団法人らふ代表理事 蓮尾 久美)」にコメントが書き込まれました »

最近の記事

最近のコメント