2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

おすすめの本

無料ブログはココログ

« 6月24・25日、北九州国際会議場で開催の第18回日本赤十字看護学会学術集会 テーマセッション「看護の原点に迫るメッセンジャーナース― 今、この時代にこそ、懸け橋になる看護がしたい ―」に、全国の同志が駆けつける | トップページ | 「オハナの家の花だより」が届きました。いろいろな試みをしてるって、凄い! ホームホスピスは閉鎖、残念だけど、きっと、いろいろあるのよね。←(山口県のメッセンジャーナース) »

2017年4月 9日 (日)

母は何を支えに頑張ってきたんだろ、「人は生きなければならない、何があっても」何のために?母からもらった宿題。福島はやっと桜が開花しました。・・ブログ「在宅看護研究センターLLP」のエントリーにコメントがつきました。ここさこらんしょ!

「母からの宿題」
『「こんなに苦し思いをするなら、死んだ方がまし!」って思ったこと何度もあった』
「あんたもそんなことあったかい?」
「でも人はがんばらなくちゃいけないんだよね」「だからがんばるよ!」
10Ⅼの酸素マスクの奥で、そうつぶやく母・・・「苦しいくないのかい?」の問いかけに「苦しくない!」酸素飽和度は82%冷たい手を握り、パンパンに張ったおなかをなでながら「もう、頑張らなくていいんだよ」と声をかけると「そうかい、ここに居ていいのかい?」「寝てもいいのかい?」それが最後の言葉でした。

腰椎のすべり症で痛みに耐え、手術を受け、8年間透析を続けました。その後頸部骨折をして手術、膝の人工関節置換術、両大腿の動脈閉そくで人工血管置換術。昨年10月には下腿動脈の拡張術。
「もう二度とこんな痛い手術はしない」と何度も話していました。それでも足の小指は半分になってしまっていました。
母は何を支えに頑張ってきたんだろ、実家を出たくてお見合いで父と結婚、したこともない農作業、舅、姑との暮らし父の遊び癖、姑に言われて3人目を堕胎、4人目にできた私は必至で守り出産、姑の介護、そして父の介護、疲れている母に対して子供にも思うようにやさしくされず・・・嫁のうつ病、離婚、兄との暮らし・・・母の生き方に反抗的であった娘「お前は冷たい!」その言葉を何度も聞かされました。
「こんなに苦しい思いをするんだったら死んだ方がまし」と何度も思いながら・・・
「人は生きなければならない、何があっても」何のために?母からもらった宿題です。

月曜日に腹痛を訴え夜間診療に連れていき、翌日透析から帰宅して嘔吐何も食べられず、翌日デイサービスをお休みして、自宅で過ごすも夕方嘔吐、仕事から帰宅後すぐに外来受診。イレウスとの診断で入院、その晩大量に嘔吐し誤嚥・・・イレウスチューブ挿入、肺炎併発、金曜日急変その晩の会話が最後となりました。
福島はやっと桜が開花しました。今日は花曇り、雨が咲いたばかりの桜に露となってついています。
3月18日母は88歳を目前に旅立ちました。千の風になって自由に飛び回りたかった母・・今桜の花を楽しみに空を飛び回っていると思います。

« 6月24・25日、北九州国際会議場で開催の第18回日本赤十字看護学会学術集会 テーマセッション「看護の原点に迫るメッセンジャーナース― 今、この時代にこそ、懸け橋になる看護がしたい ―」に、全国の同志が駆けつける | トップページ | 「オハナの家の花だより」が届きました。いろいろな試みをしてるって、凄い! ホームホスピスは閉鎖、残念だけど、きっと、いろいろあるのよね。←(山口県のメッセンジャーナース) »

b)一般社団法人よりどころ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 6月24・25日、北九州国際会議場で開催の第18回日本赤十字看護学会学術集会 テーマセッション「看護の原点に迫るメッセンジャーナース― 今、この時代にこそ、懸け橋になる看護がしたい ―」に、全国の同志が駆けつける | トップページ | 「オハナの家の花だより」が届きました。いろいろな試みをしてるって、凄い! ホームホスピスは閉鎖、残念だけど、きっと、いろいろあるのよね。←(山口県のメッセンジャーナース) »

最近の記事

最近のコメント