2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フォト
無料ブログはココログ

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月

2019年10月21日 (月)

10月20日、新たに2名の看護師が(栃木県・新潟県)メッセンジャーナースに認定されました!

メッセンジャーナースへの相談も増え、各地での独自の活動が繋がって、その輪は着実に広がっています。

2019年10月18日 (金)

11月2日、北海道・秋田メッセンジャーナースの主催による 第8回メッセンジャーナースの会・記念講演「メッセンジャーナースが紡ぐ看護の可能性」(開催場所:秋田赤十字看護大学)

Dai8_000001

2019年10月12日 (土)

北海道・東北ブロックによる第8回メッセンジャーナースの会・総会は11月2日開催。秋田魁新聞でもご紹介下さって、着々と準備が進んでいます。宿泊先・交通手段も含めて各自でお早めに!←(第8回総会幹事一同)

第 8 回メッセンジャーナースの会総会及び活動報告会について(案内)
1.日 時 令和元年 11 月 2 日(土)11:00~16:30
2.場 所 秋田赤十字看護大学 1 階講義室 

  Image2Image1

懇親会のお知らせ
1.日 時 令和元年 11 月 2 日(土) 18:00~20:00
2.場 所 秋田県 さとみ温泉
3.対 象 メッセンジャーナースの会会員 事務局一同 その他参加希望者 4.会 費 お一人様 6、000 円
5.その他 宿泊はできませんので、各自で手配をお願い致します。 温泉の利用はできます。
総会会場⇒さとみ温泉⇒秋田駅前の送迎バスをご用意しております。

詳細は☞ ダウンロード - 1e7acac8e59b9ee7b78fe4bc9aefbc88e6a188e58685efbc89e4bb96.pdf

Pr_000001_20190801141901

2019年10月11日 (金)

第8回メッセンジャーナースの会・総会は11月2日開催【メッセンジャーナース通信 2019.10.11 No.143】今、医療者と患者の懸け橋になるメッセンジャーナースが求められています。支援の一環として、メールマガジン「メッセンジャーナース通信」を発行しています.

メッセンジャーナース認定協会は、「メッセンジャーナース」の称号取得・登録・活動を支援する民間団体です。
メールマガジンのご登録はこちらからどうぞ⇒ 🌼 *「まぐまぐ」を利用していますので、「まぐまぐ」側のPRが入ります。ご了承ください。

 

メッセンジャー通信はNo.143号となりました。今号は、研鑽セミナーの日程やおすすめの本はもちろん、久しぶりに開催された「カメの会」に参加して動き出した同志の声【ラーニングスタッフ制に挑戦】、再開のコラム【市民の眼】等々。メッセンジャーナースの活動関連記事が満載です。
第8回メッセンジャーナースの会総会の準備は着々と進んでいます。秋田魁新聞でも告知・11月2日(土曜日)、日本赤十字秋田大学内で開催です。
☆フェイスブックでも情報を発信しています。
https://www.facebook.com/nursejapanNET/?ref=bookmarks
◆ 「メッセンジャーナースたちによる「心と絆といのち」朗読バトンリレー、次々にアップされています。ぜひお聞きください。
https://www.facebook.com/pg/nursejapanNET/videos/
─────────────────────────────
□ 一般社団法人よりどころ〔メッセンジャーナース認定協会〕
当協会における「プライバシーポリシー」について
* 当協会が個人情報を共有する際には、適正かつ公正な手段によって個人情報
を取得し、利用目的を「事例」に特定し、明確化しています。
*個人情報を認定協会の関係者間で共同利用する場合には、個人情報の適正な
利用を実現するための監督を行います。
*掲載事例の無断転載を禁じます。
─────────────────────────────
〒169-0073
東京都新宿区百人町1-17-10 STビル2F 
看護コンサルタント株式会社内
Tel03-5386-2427 Fax03-3310-7899
認定・審査 m-nintei@e-nurse.ne.jp
応援団   messenger.ns@e-nurse.ne.jp
───────────────────────────────
ホームページ運営・メールマガジン発行:瀬川護(開業ナース応援隊)
───────────────────────────────

 

 当協会へのお問い合わせは、messenger.ns@e-nurse.ne.jp までお願いします。

2019年10月10日 (木)

【ラーニングスタッフ制に挑戦】在宅看護研究センターLLPのラーニングスタッフ制を知って、メッセンジャーナースの考え方を持ちながら看護することができたら、大変ありがたく、これ以上の事はないと・・。

かめの会に参加させていただきまして、ありがとうございました 。
先生や皆様のお力を頂けましたしましたこと、またラーニングスタッフのお話までお伺いする事ができましたこと、まずは御礼申し上げます。

色々な社会勉強をと思うと共に、どうやって在宅にかかわる事が出来るか考えていたところに、LLPのラーニングスタッフ制度を拝見しました。
・・・これまで携わってきたことをまとめ、自分のできることをより広げてみたく、これからでも在宅訪問看護の勉強をさせていただきたいと思っております。叶うことでしたら 在宅看護研究センター/ステーションのもとで勉強させていただき、メッセンジャーナースの考え方を持ちながら看護することができましたら、大変ありがたく、これ以上の事はないと思っています。
色々と不勉強ですが、先ずはお願いさせていただこうと思います。
参加させて頂くことは可能でしょうか。
★・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・★
もちろん歓迎!
ラーニングスタッフ制の第1回は2003年でした。現在はそれぞれ、訪問看護管理者や小児専門訪問看護として、あるいは病院の窓口・相談室、大学で活躍しております。
その後はしばらく中断しておりました。

今回からは、ひとりひとりの思いを汲む形を濃厚に、コーチングをメインに第一期から第三期に分けて進めることにしました。5日間をフォローするのは、在宅看護研究センターLLP代表の村松静子です。しっかり向き合い、本音で語り合いましょう!

第一期:短期集中体験学習:5日間(コーチングを受けながら、自分に合った学習プランを持って行動する)です。

2019年10月 5日 (土)

【近況報告】今年度の私の課題は、職場環境におけるコミュニケーションを円滑にするため、自分に足りないものは何かを考え、自己対峙しているところです。「かめの会」は、残念ながら欠席。心不全学会で、セミナーで相談させて頂いた方のケースを発表予定です。←(神奈川のメッセンジャーナース)

日々色々なことがあり、モヤモヤすることもあります。しかし、最近はどうにか踏ん張れています(笑)。
昨年はメッセンジャーナース研鑽セミナーを受講させて頂き、自己対峙をする機会が多くありました。看護をするものとして患者さんやご家族へ向き合う姿勢を改めて学びました。
そして、日々実践しています。
まだまだ課題はありますが、手応えを感じることも増えてきました。

明日はかめの会でしたね。残念ながら欠席になります。今日から心不全学会がありまして、今、広島に向かっています。
まさしく、昨年メッセンジャーナースの研修で相談させて頂いた方のケースを発表する予定です。

今年度の私の課題は、職場環境におけるコミュニケーションを円滑にするため、自分に足りないものは何かを考え、自己対峙しているところです。
村松先生がいつもおっしゃる、
「疑いを持たずに聴く。積極的関心を持ち、相手を尊重しながら関わること」
これは、相手が職員だと私にとり簡単なことではなく、相手を自分の価値観で評価し、自分が正解で相手が間違っていると思ってしまっていることばかりでした。
そして、病院の不満は組織の上層部の責任と思い込み、批判することもありました。
これも間違ってることに気付きました。
病院の組織は一人ひとりが病院の理念に基づき、自分は何を貢献できるかを考えて行動する必要があります。人のせいではないんですよね。
また、組織のメンバー同士お互い尊重し、敬愛すると結果的に組織は良い方向に向かうのかなと思うようになりました。

とはいえ、毎回上手くは行かず悩むことも多くあります(笑)。

長々と記載してしまいましたが、最近の近況報告でした。
また色々とご相談させて頂きたいと思っています。
いつも支えて下さり、本当に感謝しています。(Takamure)

2019年10月 4日 (金)

10月1日、愛媛県松山市にえひめ療養支援・看護機構」が誕生!【メッセンジャーナース通信 2019.10.04 No.142】今、医療者と患者の懸け橋になるメッセンジャーナースが求められています。支援の一環として、メールマガジン「メッセンジャーナース通信」を発行しています.

メッセンジャーナース認定協会は、「メッセンジャーナース」の称号取得・登録・活動を支援する民間団体です。
メールマガジンのご登録は、こちらをクリック ⇒ 🌼
*「まぐまぐ」を利用していますので、「まぐまぐ」側のPRが入ります。ご了承ください。

メッセンジャー通信はNo.142号となりました。今号は、研鑽セミナーの日程やおすすめの本はもちろん、同志の動きや声がいっぱい!「一般社団法人えひめ療養支援・看護機構」の誕生や久しぶりに開始する「カメの会」、再開のコラム【市民の眼】等々。メッセンジャーナースの活動関連記事が満載です。
第8回メッセンジャーナースの会総会は11月2日(土曜日)、日本赤十字秋田大学内で開催です。
☆フェイスブックでも情報を発信しています。
https://www.facebook.com/nursejapanNET/?ref=bookmarks
◆ 「メッセンジャーナースたちによる「心と絆といのち」朗読バトンリレー、次々にアップされています。ぜひお聞きください。
https://www.facebook.com/pg/nursejapanNET/videos/
─────────────────────────────
□ 一般社団法人よりどころ〔メッセンジャーナース認定協会〕
当協会における「プライバシーポリシー」について
* 当協会が個人情報を共有する際には、適正かつ公正な手段によって個人情報
を取得し、利用目的を「事例」に特定し、明確化しています。
*個人情報を認定協会の関係者間で共同利用する場合には、個人情報の適正な
利用を実現するための監督を行います。
*掲載事例の無断転載を禁じます。
─────────────────────────────
〒169-0073
東京都新宿区百人町1-17-10 STビル2F 
看護コンサルタント株式会社内
Tel03-5386-2427 Fax03-3310-7899
認定・審査 m-nintei@e-nurse.ne.jp
応援団   messenger.ns@e-nurse.ne.jp
───────────────────────────────
ホームページ運営・メールマガジン発行:瀬川護(開業ナース応援隊)
───────────────────────────────

 

 当協会へのお問い合わせは、messenger.ns@e-nurse.ne.jp までお願いします。

 

【お知らせ】10月6日の関東近郊メッセンジャーナースの集まり。久しぶりの「かめの会」を楽しみたいと募りまりましたら、すでに定員オーバーに。締め切らせていただきます。参加できなかった方は、是非、次回に! ←(神奈川のメッセンジャーナース)

「かめの会」とは、歩みはゆっくりでも、後ずさりせず一歩一歩前進していくと言う願いを込めての命名です。   
しばらくお休みしていましたが、久しぶりの茶話会を開きたいと思います。
ご自身の近況や、相談したいこと、看護について、何でもありです。ご無沙汰の方も初めての方も、気軽に参加していただけたらと思います。

日   時:令和元年 10月6日(日) 14時~16時
場 所: 東京都新宿区百人町(JR線新大久保・大久保駅より徒歩2分)
            メッセンジャーナース認定協会(看護コンサルタント内)
参加費: 1000円  ご協力お願いします。

*参加お申し込みは→【noriping55@ezweb.ne.jp】件名:カメの会
よろしくお願いいたします。担当 「かめの会」:中村法子

 

2019年10月 2日 (水)

10月1日、愛媛県松山市に、メッセンジャーナースの看護魂を秘めた「一般社団法人えひめ療養支援・看護機構」が誕生! 実際の活動は、年末・年始から・・・。

すっかり秋の気配ですが、台風の被害等が後を絶ちません。
早速ですが、10月1日付けで一般社団法人定款承認が終わりましたことをご報告いたします。
実際の活動は、年末・年始を目標に動いてまいりますが、まずは、集いの場としての、サロン開設から開始いたします。
関係機関・者へのご挨拶に動き始めたいと思います。

届出の際、メッセンジャーナースについては、了解で、好感・興味をもっていただきましたので、担当者の方にも活用いただくようお話しました。

これからの法人運営ならびに看護実践にあたり、これまで以上のご支援ご指導をお願いいたします。
(S認定メッセンジャーナース・渡邉八重子)

 

2019年10月 1日 (火)

【同志の声】岡山研鑽セミナーⅤに参加。参加して改めて、このセミナーは看護のフィジカル強化そのもの!?でした。・・私は、今日も目の前の患者さんと向き合います。←(兵庫のメッセンジャーナース)

先週末岡山研鑽セミナーⅤに参加させてもらいました。本当に久しぶりでした。
姫路の病院からの参加者も2名あるとのことで、配慮していただき呼んで頂けたようです。
いずれも自分自身の核となる看護を探しているように感じました。

参加して改めて、このセミナーは看護のフィジカル強化そのもの!?でした。
自分の至らなさや、不足、葛藤を慰めあうのではなく、苦しい思いをしてもなお向きあう力をこのセミナーで体験してもらいたいです。

赤瀬さん、崎本さんのファシリもさすがです。赤瀬さんの切れ味もなかなかのものです。
とても刺激をいただきました。

今日も目の前の患者さんと向き合います。(田口)

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

最近の記事

最近のコメント