2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

« 明けましておめでとうございます。各地域のメッセンジャーナースが実践し、広がってまいりました。本年もどうぞ、宜しくお願い致します。(メッセンジャーナース認定協会会長・吉田和子) | トップページ | 遠藤周作ボランティア主催の講座のお知らせです。1月18日(土)北沢タウンホールで13時30分ー 国立成育療養センターもみじの家 ハウスマネージャーの内多勝康さんの講演「医療的ケア児とその家族の現状について」 第二部パネルディスカッション「遠藤周作さんが、医療的ケア児の現状を知ったら何を思い、何をなさるか」 »

2020年1月 6日 (月)

34都道府県131名のメッセンジャーナースがチャレンジ【メッセンジャーナース通信 2020.01.06 No.146】医療者と患者の懸け橋になるメッセンジャーナースが繋がって各地で活動中。支援の一環として、メールマガジン「メッセンジャーナース通信」を発行しています.

メッセンジャーナース認定協会は、「メッセンジャーナース」の称号取得・登録・活動を支援する民間団体です。
メールマガジンのご登録はこちらからどうぞ⇒ 🌸

*「まぐまぐ」を利用していますので、「まぐまぐ」側のPRが入ります。ご了承ください。

本年初のメッセンジャー通信はNo.146号となりました。第9回メッセンジャーナースの会・総会は神奈川県に決定し、1月11日「カメの会」で意見交換・準備が始まります。
今号では、認定協会長による新年のご挨拶や各地で活躍する同志たちの抱負・意気込みが感じられる一方で、「ナースが見つける古き良き日本の心と絆といのち」第三弾は in 北海道、第8回総会会長を務めた石川ひろみさんの活動地・紋別を中心に企画だ進められています。新たにメッセンジャーナースの認定を受けた同志の心意気等の関連記事の紹介です。
☆フェイスブックでも情報を発信しています。☞こちら

◆ 「メッセンジャーナースたちによる「心と絆といのち」朗読バトンリレー、次々にアップされています。ぜひお聞きください。☞📻
─────────────────────────────
□ 一般社団法人よりどころ〔メッセンジャーナース認定協会〕
当協会における「プライバシーポリシー」について
* 当協会が個人情報を共有する際には、適正かつ公正な手段によって個人情報
を取得し、利用目的を「事例」に特定し、明確化しています。
*個人情報を認定協会の関係者間で共同利用する場合には、個人情報の適正な
利用を実現するための監督を行います。
*掲載事例の無断転載を禁じます。
─────────────────────────────
〒169-0073
東京都新宿区百人町1-17-10 STビル2F 
看護コンサルタント株式会社内
Tel03-5386-2427 Fax03-3310-7899
認定・審査 m-nintei@e-nurse.ne.jp
応援団   messenger.ns@e-nurse.ne.jp
───────────────────────────────
ホームページ運営・メールマガジン発行:瀬川護(開業ナース応援隊)
───────────────────────────────
当協会へのお問い合わせは、messenger.ns@e-nurse.ne.jp までお願いします。

« 明けましておめでとうございます。各地域のメッセンジャーナースが実践し、広がってまいりました。本年もどうぞ、宜しくお願い致します。(メッセンジャーナース認定協会会長・吉田和子) | トップページ | 遠藤周作ボランティア主催の講座のお知らせです。1月18日(土)北沢タウンホールで13時30分ー 国立成育療養センターもみじの家 ハウスマネージャーの内多勝康さんの講演「医療的ケア児とその家族の現状について」 第二部パネルディスカッション「遠藤周作さんが、医療的ケア児の現状を知ったら何を思い、何をなさるか」 »

3・トピックス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 明けましておめでとうございます。各地域のメッセンジャーナースが実践し、広がってまいりました。本年もどうぞ、宜しくお願い致します。(メッセンジャーナース認定協会会長・吉田和子) | トップページ | 遠藤周作ボランティア主催の講座のお知らせです。1月18日(土)北沢タウンホールで13時30分ー 国立成育療養センターもみじの家 ハウスマネージャーの内多勝康さんの講演「医療的ケア児とその家族の現状について」 第二部パネルディスカッション「遠藤周作さんが、医療的ケア児の現状を知ったら何を思い、何をなさるか」 »

最近の記事

最近のコメント