2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月

2020年7月30日 (木)

クラスター対応に追われる与論島、クラスター支援看護師として、与論の在宅看護を担っていたメッセンジャーナースの末永さんが看護の力を発揮しています。

全国コロナ対応で厳しくなってきました。
鹿児島も与論島のクラスター対応に追われております。
実は、与論のクラスター支援看護師として、与論の在宅看護を担っていた末永さんに飛んで頂きました。県副知事からも協会への支援要請を
直接連絡を頂き、与論の高齢者施設、パナウル診療所、在宅の患者など直接看護にあたる予定となっています。
このような支援は県内では初めてで看護の力を発揮しています。
在宅領域の看護必要性や量がこれほど、行政や保健師らに伝わらないこと、時間を要する事に、苦慮しております。
期間は2週間です。研鑽セミナーが始まる8月22日には帰ってきます。

 

2020年7月 2日 (木)

【2】2020年度の活動は、ワーコンの遠隔みまもり看護サービスへの協力となります。2021年度は、鹿児島の離島を含む離島・へき地における実証実験をすすめていくことを申し合わせてました。鹿児島における実験においては、メセンジャーナースのサービスを加味したものにしていきたいと思っており、具体的に今後検討いたします。☜(かごしまメッセンジャーナースの会)

具体的な内容を以下のようにまとめました。

・今回、鹿児島の離島へき地の「住み慣れた地域で暮らしたい」という住民の願いに寄り添う看護の実現に向け4名の看護師が「鹿児島ルーラルナーシングプロジェクト(KRNPと略す)」を立ち上げました。このプロジェクトは、2021年の鹿児島県の離島へき地を対象とした遠隔みまもり看護サービスの実証実験を目的とするものです。2年間の取り組みとなります。2020年6月22日はKRNPとワーコンとのキックオフとして、代表には、田畑千穂子と青木さんとさせて頂きました。I

・株式会社ワーコン(代表取締役社長:青木 比登美/以下、ワーコン)の青木氏は、2016年7月に、制約のない民間企業という立場で柔軟に看護を展開していくいために看護師の仲間と共に株式会社ワーコンプロジェクトを立ち上げられました。現在、福岡市内のクリニック在宅医とともに、遠隔みまもり看護サービスを展開されています。そして、全国展開を図られ、今回、「新型コロナで見えた課題の対策として緊急事態宣言が出た際、緊急事態宣言が出た都市の看護師のリソースだけではなく、比較的感染者が少なかった地域の看護師による在宅ワークでのバックアップ支援が可能になり医療崩壊を防ぐ一助となる」と考えから、かごしまメッセンジャーナースの会に声をかけて頂きました。

・そこで、2020年度は8月~2月までの半年間、鹿児島から4名(かごしまメッセンジャーナースの会2名:田畑・末永、潜在看護師2名)が参加することになりました。かごしまメッセンジャーナースの2名は現職のため、組織の承認を得られれることを前提としております。潜在看護師の2名(訪問看護ステーション所長経験者)は協力を申し出てくれました。ワーコンの非常勤契約となり、時間給につきても標準的な金額の提示で、了解が得られました。KRNPの潜在看護師の2名はメッセンジャーナースの認定受講をお願いする予定です。

2
Photo_20200702213901・2020年度の活動は、ワーコンの遠隔みまもり看護サービスへの協力となります。2021年度は、鹿児島の離島を含む離島・へき地における実証実験をすすめていくことを申し合わせてました。鹿児島における実験においては、メセンジャーナースのサービスを加味したものにしていきたいと思っており、具体的に今後検討いたします。

・2021年の鹿児島での実証実験では三島村役場を青木氏と田畑が訪問し、前向な返事を頂きました。三島村は、竹島・硫黄島・黒島の3つの島を対象とする予定です。ただ、予算化が課題となっております。また、福岡市との違いは、三島村の緊急コールに対してはへき地診療所の看護師の対応が考えられます。

・ワーコンの青木氏は、コロナ禍における在宅療養の手段として遠隔みまもりシステムによる看護サービスを福岡市にエントリーされました。残念ながら、採択とはなりませんでした。ただ、福岡県の報道局が複数社より取材を受けられ「メッセンジャーナース」の情報発信にはつながりました。

・かごしまメッセンジャーナースの会とワーコンとキックオフにつきましては、文章による申し合わせを作成予定です。今後も、メッセンジャーナースの活動の発展につなげる事業に取り組んでいきたいと考えております。(かごしまのメッセンジャーナース・田畑)

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

最近の記事

最近のコメント