2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

おすすめの本

無料ブログはココログ

« 2024年3月 | トップページ | 2024年5月 »

2024年4月

2024年4月29日 (月)

【メッセンジャーナース同志の輪】オン・ナーシング11号が手元に。「看護の科学新社の濱崎さん、ありがとうございます💖」 川嶋みどり先輩、玉地先生のメッセージ、しっかり受け止めました。メッセンジャーナース同志の田淵さん、私を大きく惹きつけた武久ぶくさんと出会えて良かった🍀 共に、前へ👣

20240429_06021085

20240429_0608013720240429_06060655
1_01_20240429114201

2024年4月25日 (木)

【原山建郎の連載コラム】「つたえること・つたわるもの」№183 そのときは「家」で――〈なかよし〉時間、〈自然死〉ハイライト。

詳細は☞ 183.pdf

 

2024年4月24日 (水)

暮らしの映像社の鈴木浩です。いつも研鑽セミナーを見学させていただき、ありがとうございます。毎回皆様のお話からたくさんの気づきをいただいています。「オン・ナーシング」誌に掲載された関連の記事も・・

今朝、「今も涙する看護師さんの心遣い」というエッセイに出会いました。

Photo_20240424113401Photo_20240424114001

Dvdbox_20240424114101

看護師さんの心遣いに今も感謝という点で大いに共感を覚えています。 自主製作しました『見つけた。わたしの看護』というDVDの制作の原点もお世話になった看護師さんへの感謝の思いだからです。
母のターミナルでお世話になった大勢の看護師さんに今も「ありがとうございました」と言っております。

これからもセミナーを見学させていただければ幸いです。

 

(有)暮らしの映像社
 鈴木 浩

2024年4月22日 (月)

【拡がるメッセンジャーナースの輪】第38回メッセンジャーナース研鑽セミナー終了。秋田県1名、大阪府1名、佐賀県2名のA認定メッセンジャーナースが誕生しました。第39回研鑽セミナーは、5月25日開講。

認定者は次の通りです。

秋田県:鈴木亜沙美 

大阪府:平居 由紀

佐賀県:財前 孝子  井上 房代

 

 

 

2024年4月21日 (日)

【拡がるメッセンジャーナースの輪】フォローアップセミナー、8月4日、岡山で開催。

昨日のセミナーでも、それぞれ皆さんのこころの奥でくすぶっている思いに、自らが目を向けて、考え、言葉にして、またしっかり考えていくことの大切さを感じました。
早い段階から、このことを繰り返し行ってきた結果が、今の自分の看護につながっていると感じます。

_01_20240421070602

やっぱり、皆さんにもっと語ってもらいたいと思うので、8月に企画しているフォローアップセミナーもとても意味があると思えます。

2024年4月20日 (土)

メッセンジャーナースの会の会員の皆さま

 サイト会員限定のページ「グループ」に入室する方法をご案内いたします。

1)メッセンジャーナースのホームページの右上に「グループ」のボタンがあります。こちらをクリックすると、以下の画面になります。既にサイト会員に登録されている方は、「アカウントをお持ちの方はログイン」の「ログイン」をクリックしてください。

01_20240420110701

2)ログインの画面に変わりますので、一番下の「メールでログイン」を押してください。

02_20240420111001

3)以下の画面に移りますので、メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。ログインできると「グループ」の画面が出てきます。★パスワードをお忘れの方は、「パスワードを忘れた場合」を押してください。

03_20240420111201

4)「パスワードを忘れた場合」を押すと、以下の画面になります。メールアドレスを入力して、「パスワードを再設定する」を押してください。

04

5)「メールをご確認ください」の画面になります。メールに新しいパスワードを設定するためのリンクが届きますので、そのリンクをクリックしてパスワードを再設定してください。そのあとは、(1)(2)(3)と進んで、ログイン画面でメールアドレスと再設定したパスワードを入れてログインしてください。「グループ」の画面に入れます。以上です。うまくいかない場合は、meetnurse(at)gmail.com (at)@です、にメールでお尋ねください。

05

2024年4月12日 (金)

【原山建郎の連載コラム】「つたえること・つたわるもの」ゴム報知NEXTは、№181で終了。その後を受けた№182:「生」から「死」へ――自然体で旅立つ〈いのち〉の「間(あはひ)」。まもなく新たな連載コラム「遠藤周作の遺言――心あたたかな病院がほしい」も始まります。

少し前のトピック(話題)になるが、2 月23 日(天皇誕生日)午後に開かれた中原寺(市川市、浄土真宗本願寺派)壮年会法座のあと、婦人会有志と一緒に、『在宅医療のリアル改訂版』(幻冬舎、2019 年)の著書もある上田医院院長・上田聡(うえだそう)医師から、「在宅医療」の現状と課題についてキーノートスピーチ(話題提供)があった。
上田医院には、内科、呼吸器科など一般外来、在宅診療科(往診)のほか、訪問看護ステーション・デイケア・デイサービス「すみれ」、有料老人ホーム「我が家中国分」が併設されている。日々の医療・介護ケアを紹介しながら、「人生の集大成である終末期をどうすごすか。在宅介護、在宅診療など、医療とのかかわり」/「笑顔、会話のある介護施設を選びたい」/「トイレ(排泄)をどうするか――「在宅医療のリアル」について話された。
続き☞ ダウンロード -182.pdf

2024年4月 1日 (月)

【活動の輪】千葉県のメッセンジャーナースが、『全国メッセンジャーナースの会』の後押しを受け、両親から継いだ〝駄菓子屋〟は、貴重な存在。子どもたちにとって、今の時代に活かす姿は・・・地元の方たちの協力を得て、実証研究的に挑戦中。繋いで紡ぐメッセンジャーナースの活動はこんなところでも。

Photo_20240222175301

 

アンケートの準備あたりから本当に大変💧と思いましたが、皆さまからありがたい言葉をいただき、ひとまず行動できたことを良かったと思っています。

 

保護者の皆さまの回答からはやはり両親が続けてきたことの価値をひしひしと感じます。人さまに、身内に対して感謝できる幸せを実感する日々、これを力にこれからもがんばります。

 

(千葉のメッセンジャーナース:菅野道子)

« 2024年3月 | トップページ | 2024年5月 »

最近の記事

最近のコメント