2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

おすすめの本

無料ブログはココログ

« 【活動の輪】千葉県のメッセンジャーナースが、『全国メッセンジャーナースの会』の後押しを受け、両親から継いだ〝駄菓子屋〟は、貴重な存在。子どもたちにとって、今の時代に活かす姿は・・・地元の方たちの協力を得て、実証研究的に挑戦中。繋いで紡ぐメッセンジャーナースの活動はこんなところでも。 | トップページ | メッセンジャーナースの会の会員の皆さま »

2024年4月12日 (金)

【原山建郎の連載コラム】「つたえること・つたわるもの」ゴム報知NEXTは、№181で終了。その後を受けた№182:「生」から「死」へ――自然体で旅立つ〈いのち〉の「間(あはひ)」。まもなく新たな連載コラム「遠藤周作の遺言――心あたたかな病院がほしい」も始まります。

少し前のトピック(話題)になるが、2 月23 日(天皇誕生日)午後に開かれた中原寺(市川市、浄土真宗本願寺派)壮年会法座のあと、婦人会有志と一緒に、『在宅医療のリアル改訂版』(幻冬舎、2019 年)の著書もある上田医院院長・上田聡(うえだそう)医師から、「在宅医療」の現状と課題についてキーノートスピーチ(話題提供)があった。
上田医院には、内科、呼吸器科など一般外来、在宅診療科(往診)のほか、訪問看護ステーション・デイケア・デイサービス「すみれ」、有料老人ホーム「我が家中国分」が併設されている。日々の医療・介護ケアを紹介しながら、「人生の集大成である終末期をどうすごすか。在宅介護、在宅診療など、医療とのかかわり」/「笑顔、会話のある介護施設を選びたい」/「トイレ(排泄)をどうするか――「在宅医療のリアル」について話された。
続き☞ ダウンロード -182.pdf

« 【活動の輪】千葉県のメッセンジャーナースが、『全国メッセンジャーナースの会』の後押しを受け、両親から継いだ〝駄菓子屋〟は、貴重な存在。子どもたちにとって、今の時代に活かす姿は・・・地元の方たちの協力を得て、実証研究的に挑戦中。繋いで紡ぐメッセンジャーナースの活動はこんなところでも。 | トップページ | メッセンジャーナースの会の会員の皆さま »

3・トピックス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【活動の輪】千葉県のメッセンジャーナースが、『全国メッセンジャーナースの会』の後押しを受け、両親から継いだ〝駄菓子屋〟は、貴重な存在。子どもたちにとって、今の時代に活かす姿は・・・地元の方たちの協力を得て、実証研究的に挑戦中。繋いで紡ぐメッセンジャーナースの活動はこんなところでも。 | トップページ | メッセンジャーナースの会の会員の皆さま »

最近の記事

最近のコメント