2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ

7・応援団・メッセージ

2022年11月29日 (火)

今朝の中日新聞『医人伝』、岐阜は高山のメッセンジャーナース・志賀厚子さん

20221129m29

2022年11月11日 (金)

メッセンジャーナース後援の『見つけた。私の看護』DVD-BOX5巻セット コロナの時代、看護の力とは? 見つけてください。それぞれの看護

Dvdbox_20221111095001

暮らしの映像社☞ https://kangodvd.base.shop/

2022年11月 8日 (火)

【原山達郎の連載コラム】連載コラム「つたえること・つたわるもの」 №148『リハビリテーションは、新しい人生をつくることなんです。』今回のコラムは、前回(№147『からだがゆるされて動いているか! こころの呪縛を解き放つ。』)の続編です。

詳細は☞ こちら

ダウンロード -148.pdf

2022年11月 1日 (火)

全国メッセンジャーナースの会・総会から始まって・・感動と希望の2日間でした。「これこそが看護」と実感出来る実践発表、そして地域の中で個性を活かし主体的に活動するメッセンジャーナースの姿に感動!! 枕崎市での初めての市民講座では、人生最期のときを在宅療養としたことで掛け替えのない2週間が過ごせたとのご家族の発表に、同じ地域での出来事に涙して聞いたとの参加者の方々の声が聞かれました。←(メッセンジャーナース認定協会会長:吉田和子)

今年の総会と市民講座が鹿児島で、そして翌日には枕崎において市民講座が開催されました。
市民講座は「住み慣れた地域で生きるを考える市民の集い」が今年のテーマです。
鹿児島県難病相談支援センター所長の福永秀俊先生そして村松静子さんが特別講演をして下さいました。
また4名のメッセンジャーナースの活動発表ではメッセンジャー力の高さが伺え、多くの人に聞いて欲しいと思ったものです。

枕崎においては、人生最期のときを在宅療養としたことで掛け替えのない2週間が過ごせたとのご家族の発表に、同じ地域での出来事に涙して聞いたとの参加者の方々の声が聞かれました。

この度の2日間、会長の田畑千穂子さんと共に、20名の鹿児島メッセンジャーナースが、それぞれの個性を活かしてのチームワークで見事な運営をされていました。その殆どのメッセンジャーナースはオンラインセミナーとなって誕生された方々です。
「これこそが看護」と実感出来る実践発表、そして地域の中で個性を活かし主体的に活動するメッセンジャーナースの姿に感動!!
また初めての市民講座を通して地域の医師ともより一層、連携していく機会となった手応えに希望が湧いてまいりした。

現地で、またオンラインで参加されました皆様。残念ながら参加出来なかった方々も、それぞれが次のステップに向けて進んでいかれれば嬉しいです。
感動と希望を覚えた2日間、有難うございました。

Img_2003Img_2005

(吉田和子)                         

 

2022年9月16日 (金)

【メール】おっしゃる通り、亡き母の「後押し」を感じています。はじめて届いた〚見つけた。わたしの看護〛DVD-BOXは母の遺影のそばに置きました。:鈴木 浩

「知ってもらい、見てもらい、広げることが大事」の村松さんのお言葉を肝に銘じて、慣れない普及作戦に取り組んでおります。
「これからです」のお言葉、心に響きます。“ちむどんどん”します。

村松さんがおっしゃる通り、亡き母の「後押し」を感じています。

Dvdbox

はじめて届いた〚見つけた。わたしの看護〛DVD-BOXは母の遺影のそばに置きました。

ここまでやってくることができましたのは村松さんをはじめ皆様のおかげです。
ありがとうございます!!

では明日、zoomでお会いできるのを楽しみにしております。

 

(有)暮らしの映像社
 鈴木 浩
suzuki@kurashinoeizo.com
TEL:090-7174-7402

 

 

2022年6月25日 (土)

看護は、家族一人ひとりの思いと向き合う。看護の神髄はどんな状況下でも変わらない。 

詳細は☞ こちら

2022年6月16日 (木)

【私のメディア・リテラシー】第18回 行き過ぎた「マスク依存」。高尾山で遭難も?  尾﨑 雄 Ozaki Takeshi(「老・病・死を考える会プラス」世話人 、元日経ウーマン編集長

 「マスク依存」か「脱マスク」か? マスクはいつまで着けるべきか? 多くの人々が悩ましい決断を迫られるなさか、東京の名峰、高尾山に登った。医師に「コロナ鬱」だと診断され、「適度の運動」を勧められて。
自然豊かな山はウイークデイにもかかわらずにぎわっていた。山頂の一角に腰を下ろしていると、70代と思しき女性登山者がひとり、やってきた。と、地面に倒れた。すぐ横で休んでいた女性登山者が「大丈夫ですか!」と声をかけたが反応なし。鉛色の顔に汗が流れている。熱中症らしい。私は上半身を引き起こし、ミネラル・ウオーターを飲ませた。別の男性登山者は水に浸したハンカチを持って駆け付け、「首に巻きなさい」などと的確に指示する。“遭難者”はまもなく意識を取り戻し、世話になった登山客らへの礼もそこそこに下山していった。私が提供したミネラル・ウオーターのボトルを手に。

詳細は☞ こちら

2022年6月 9日 (木)

【おすすめの本】 岡山のエッセンジャーナース・赤瀬さんからお薦めです。

20220609130307page1

2021年6月 9日 (水)

【メール】もう一度受講させて頂くことは可能でしょうか? 理由は大きく3つになります。☜ もちろん❣ いつからでもOK!(メッセンジャーナース認定協会事務局)

理由は大きく以下の3つになります。

・自己評価をしないままになっている。
・メッセンジャーナース研修の雰囲気が良い印象として残っている。
・転職後、訪看から、現在、病棟勤務。そこでの課題がたくさんある。

ご検討頂ければ嬉しいです。
宜しくお願い致します。

2021年3月29日 (月)

【メール】看護のリアルを知り映像制作に活かしたいと、メッセンジャーナース研鑽セミナーを見学。ロールプレイ後のご指摘に目から鱗が落ちる思いがしました。それぞれの方が役割の中で懸命にやっている中で見失っていた視点、・・強い共感を覚えました。毎回毎回、貴重な気づきをいただいております。←(暮らしの映像社)

今回も見学させてくださりありがとうございました。

看護のリアルを知り映像制作に活かしたいと見学させていただいておりますが、いつもそれ以上に自分の考え方や在り方を見直す機会をも与えられております。
ロールプレイ後のご指摘に目から鱗が落ちる思いがしました。それぞれの方が役割の中で懸命にやっている中で見失っていた「あばあちゃんは家に帰れた今が最高!」という視点。
その視点からの表現が周囲に伝われば状況はさらによい方向に向かうのではないかというお話しに強い共感を覚えました。
毎回毎回、貴重な気づきをいただいております。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。
(有)暮らしの映像社
 鈴木 浩

より以前の記事一覧

最近の記事

最近のコメント