2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

6・全国ネットワーキング

2021年9月15日 (水)

鹿児島のメッセンジャーナースひとみさんがツイート。ホスピタリティ晴RUYAさんに10月オープンの訪問看護ステーション「つなぐ」の看板

J2kfm5jy4qgBdgP(@ひとみ)さんがツイートしました: 🍀ワクワク過ぎて眠れなかった🍀ホスピタリティ晴RUYAさんに10月オープンの訪問看護ステーション「つなぐ」の看板❣️事務所と呼ぶには広い‼️まだ空っぽの沢山のお部屋。あれもこれもできそう。人の一生に寄り添う展開が叶えられそうな空間。妄想が止まらず眠れない夜😌同志との語らいは無限の力💕感謝 

☞ こちら

 

2021年9月 9日 (木)

『フット・プラネタリウム』届きました。あまりにもコンパクトで軽く美しいので驚きました。多くの方の安らぎと笑顔と幸せのために使わせていただきます。☜(愛媛・大阪・鹿児島・山口のメッセンジャーナース)

動き出したんです。

全国メッセンジャーナースの会

小躍りしています。「うれしい、うれしい」と口ずさんでいます。
患家に出向き、プラネタリウムとマッサージの静かな時間をすごす人、にぎやかな時間を過ごす人、どの人もみんな安らかな笑顔。
そんな光景を心に浮かべながら・・・今有頂天になっています。フット・(こころほっと)プラネタリウム計画を立てたいと思います。
なんだか無限の力が沸き上がってきたような・・・
(愛媛のメッセンジャーナース・I)

Mini11_20210909141201Mini9
先ほど、フットプラネタリウムが届きました。わくわくするとともに、とても緊張しています。
使い方をきちんと理解して、頭に浮かんでいる人だけでなく、いろんな人に活用できるようにしたいです。

看護師としての仕事上で関わる中での陽性者は今までもいらっしゃいますが、指導している子どもたちにも陽性者が出始めています。普段から感染予防に気をつけておられるご家庭ですので、余計に、何故?どこで?と言う気持ちの他、周囲の方への申し訳ない気持ちなど、複雑な心境がわかるだけにできるだけその気持ちを軽くしてあげられるよう、お母さんの心に寄り添えたらと思っています。そして、一見特に何も感じていないように見える子どもたちの心にも気を配りたいと思っています。
これだけ感染が拡大しても、コロナ感染というだけで、特異に感じてしまう。本当なら自分の身体を労ることが一番なのに、心にも傷を負いかねないのは、いたたまれません。感染症ですので、もちろん感染予防と感染拡大阻止は必須ですが、心の傷の手当ても必要ですね。
(大阪のメッセンジャーナース・H)


本日「フット・プラネタリウム」が到着いたしました(^^♪
こんなにもコンパクトなものだったのですね~
届いたとき、思わず一人で、おおおおおおおおおっ!!!て
感動してしまいました\(^o^)/

みんなでワクワクを共有したいと思います。
(鹿児島のメッセンジャーナース・T)

 

コロナ禍で自殺願望・・似たようなケースもその先にあるケースもコロナ以前にあったケースもはじまりは同じなのかなと。
自分で自分の心身のつかれ、サインに気づいていけたら、あるいはきづくきっかけをもらえたら、自分を癒したりひとを頼ったり出来るのかも。病気にならないのかもと悶々と考えてました。私は、今までその時のコミュニケーションツールとしてアロマだったのですが、ぜひフットプラネタリウムを使ってみたいです。
(鹿児島のメッセンジャーナース・N)

 

ものすごーーくありがたい事です。
本当はすぐにでも手を上げたかったんですけど財政が・・・・・であきらめかけていたところでした。
やはり、コロナでショートステイの利用控えがありますのでショートの方の収益に影響が出ています。
是非是非是非。訪問利用者様は元より 認知症カフェにくる方や私のところに相談に来られる方、ALSの方などいろいろやってみたいです。

わーーーー 嬉しーーーーーーいです。
(山口のメッセンジャーナース・H)

2021年9月 4日 (土)

地域デビューして3年が経ち、今では「ヤングケアラー」の支援に携わっています。コロナ禍で思うように活動できず、一緒に立ち上げた仲間と模索中・・高陽ヤングケアラー広場:次回は9月18日(土)、ヤングケアラーが担っている仕事とは?☜(広島のメッセンジャーナース)

Img20210904_20282992-3 

「愛媛マドンナメッセンジャーナースの会」と称して集まりました。動けば・・・すぐに動いてくれる仲間がいます。「やれる!」「やりたい!」 この呼吸が・・たまりません。・・・・・☜(愛媛のメッセンジャーナース)

短い時間でしたが、熱い身体にものが流れた気がしました。

 一人ひとりの看護や暮らしの中で、メッセンジャーナースの働きがなされているんだ!!を確認しながらも、
今、ここ松山の療養生活で何が必要かを体感しながら、昨日、「愛媛マドンナメッセンジャーナースの会」と称して集まりました。
本当は、もう「坊ちゃん」ですよ。
でも、勘違いしたままでいますね。(笑)

 動けば・・・すぐに動いてくれる仲間がいます。
一井さんが、今の「タンポポクリニック」の中で「やれる!」「やりたい!」で、即、動いてくれました。
この呼吸が・・たまりません。

 そして、村松先生が、「すぐに応えてくれた」と、感激して連絡くれました。
幸せの瞬間です。
牛歩ではありますが、「愛媛マドンナメッセンジャーナースの会」も進めてまいります。

(愛媛のメッセンジャーナース・渡邊)

2021年9月 3日 (金)

コロナ禍になり、若い世代の地域の方々がコロナに関わる症状などでの受診や問い合わせが増え、不安が強いと感じますが、現場の看護師を始めどの職種も多忙を極めており、疲弊してきているのも事実です。←(神奈川のメッセンジャーナース)

私は、メッセンジャーナースの認定資格を頂き今月で3年が経過します。

あっという間でした(笑)

現在、コロナ禍であり院内の感染制御チームに所属してその業務も担っています。外来業務を経験し、地域とのつながりの重要性を感じました。サービスを入れることとだけが支援ではなく、その方々の想いを伺ったりこころの風景を感じ取りながら、暮らしぶりを確認しつつ必要な支援を地域の多職種の皆さんと共にサポートしていくことが重要であることを実感しております。その方たちの持っている力を最大限生かした必要な時に必要な分だけ支援していくこと、外来受診時にタイミングをみて声掛けを継続していくことも併せてしております。

サービスの受け方や困っていることを誰に相談したらよいのかわからないといった声を聞くことが多いことも知ることができました。

感染対策の業務は私にとり非常に勉強になっております。発熱外来で診療補助をしたり、電話での問い合わせが多数あります。コロナ禍になり、若い世代の地域の方々がコロナに関わる症状などでの受診や問い合わせが増えました。皆さん、本当に不安が強いと感じます。

今月に入ってからは特に陽性者が毎日のように出て、コロナ陽性者のオンライン診療を始めました。診療はスムーズですが看護師としてできることがあるのではないかと思います。しかし、現場の看護師を始めどの職種も多忙を極めており、疲弊してきているのも事実です。

「安定した謙虚な心と観察眼」をもって「精神の呼吸を感じ取り「勘どころ」をはずさず、相手の「こころの風景」と向き合い五感を駆使して相手が納得できるように頑張っていこうと思っております。これは患者さんやご家族だけでなく職員や多職種との関係にも通じますね。村松先生の言葉が心に沁みました。 

2022年1月~学生のころからの夢であった訪問看護の仕事をすることになりました。管理者として採用していただくことになりました。熱意だけは負けないので、どうにかチャレンジしたいと思っております。悩んだり苦しいこともあると思いますが、自分にとって必要な課題として受け止め、精一杯取り組んできたいと考えております。

(神奈川のメッセンジャーナース・MT)

2021年8月25日 (水)

土曜日のセミナーで、パワーを頂き、認定資格を更新申請しました。資格取得した時から、現役ナースの愚痴聞きボランティアをしたいと考えていました。「私は私」で進めて行こうと・・・←(鹿児島のメッセンジャーナース)

土曜日のセミナーありがとうございました😊
先生にパワーを頂きました。そして自分が考えている活動の方向性が間違っていない事も確認できました。何事も積み重ねですね。先日認定資格を更新申請しました。資格取得した時から、現役ナースの愚痴聞きボランティアをしたいと考えていました。いろいろ告知方法を模索してきましたが難しかったです。今までは秘密基地、作戦会議とかメッセンジャーナースのお喋りサロンとして、まったりしていましたが。先生のお話を伺い、「私は私」で進めて行こうと考えた土曜日の夜でした😊
Iwakiri1Iwakiri2

[南日本新聞 ひろば欄・2021.8.25] [NURSING  KA GOSHIMA 2021  Summ e r   v o l.184  7月発行 看護職の働く職場紹介]

大きなことはできませんが、小さな事からコツコツと☺️

ボチボチ、私の👣を継続して行きます😊
今後とも応援よろしくお願い致します🤲

(鹿児島のメッセンジャーナース・岩切ひとみ)

2021年8月18日 (水)

【同志からのメッセージ】新型コロナと豪雨と次々に災害級の出来事が続いております。鹿児島県は豪雨が続いておりますが、何とか、惨事には至っておりません。

与論島では個人事務所を立ち上げ、徳之島の宿泊療養施設の設置に島を超えて支援して頂いております。有難く。いい形でつながっていけそうです。
〇8月21日、22日の鹿児島セミナー会場の開設を中止させてください。
 感染の急拡大で、鹿児島市内は緊急事態と同様の厳戒態勢となっております。 
 パソコン環境が厳しい人は、個人のスマホからの参加になります。

〇田畑は福岡の仕事を手伝うことを進めております。研修プログラムの開発です。離島の十島・三島、枕崎等のへき地を考えますと遠隔看守りシステムは欠かせず、コラボしていければと思っております。無理なく、手伝える程度ですが・・。

〇新しい、メッセンジャーナースの希望者が増えております。
一緒に仕事した仲間でした。岩切さんの記事を見てメッセンジャーナースを決心したと。
どのように、連携していけるか、未知数です。
様々な可能性のあるメッセンジャーナースですので、仲間が増えることは有難く思っております。

(鹿児島のメッセンジャーナース・田畑)

2021年8月 2日 (月)

【同志からのメッセージ】十島のワクチン事業や新聞のおかげで、医師もこれから必要なサービスであることをご理解いただけて嬉しく思うことでした。←(鹿児島・枕崎市のメッセンジャーナース)

今日、近所の診療所の医師に事業所の説明と今後の営業もかねて来院してきました。

有難いことに、十島のワクチン事業や新聞のおかげで興味を持っており、色々聞きたかったとおっしゃっていただけました。
更には、訪問看護ステーションが立ち上がった際は、是非、ポスターや、メッセンジャーナースのことも掲示させてほしいと言って頂けて嬉しい限りでした。

ここからです。
医師もこれから必要なサービスであることをご理解いただけて嬉しく思うことでした。
枕崎から、これからのメッセンジャーナースが動くということを実践して認知度が広がっていけるとワクワクした一日となりました(^^♪

(鹿児島のメッセンジャーナース・田渕晴美)

 

2021年7月22日 (木)

【メール】コロナ禍で胸が詰まり、そして温かくなり、ふとあらためて自分達の看護について思うニュースが流れていました。

毎日毎日暑いですね。
オリンピックが遠い国の、世界のイベントの様に感じている私がいます。
しかしながら、道路渋滞の余波はこちらまで及び、通常20分掛かる道のりが1時間を要しています。

 

コロナ禍で胸が詰まり、そして温かくなり、ふとあらためて自分達の看護について思うニュースが流れていました。
涙が止まらず、つい仲野さんへメールをしています。

 

病院の方々には頭が下がります。
https://news.yahoo.co.jp/articles/6b6bec6f092eb88a209bfcb799717360c56aea36

 

(神奈川のメッセンジャーナース・小濱智代子)

 

2021年7月15日 (木)

今、改めて振り返るあの時の発想☞ コラム【起業家ナースのつぶやき】Vol.52 メッセンジャーナースの看護力に期待!

2013年9月7日(土)看護師の礎となる看護力を発揮すべくメッセンジャーナースが動き出した。一番手はA認定第1号のメッセンジャーナース、岡山で活動開始。二番手は5人揃った新潟は佐渡。少し出遅れて東京そして栃木。・・・
☞ こちら

 

より以前の記事一覧

最近の記事

最近のコメント