2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

6・全国ネットワーキング

2018年10月 1日 (月)

こちらは、台風の被害もなく、今朝は台風一過です。研修参加者は「目からうろこ」「看護師賭して・・・動かないと・・・」多くのまなびの声でした。このような機会を頂いたことを、石田さんとも喜んでおります。 ←(愛媛のメッセンジャーナース・渡邉)

 大変お世話になりました。

各方面の方々にお礼の連絡をしておりましたが、

研修参加者は「目からうろこ」「看護師として・・・動かないと・・・」多くのまなびの声でした。

お世話頂いた方々は、メッセンジャーナースの皆様が喜んでいたとお伝えすると、お役にたてたことを喜んでおりました。

 

 このような機会を頂いたことを、石田さんとも喜んでおります。

 

学生達は、計画していた救護訓練です。

本番さながらとなりの出発です。

私も、本部機能を果たすので、頑張ります。

 

 引き続きのご指導ご支援をお願いいたします。 

 とり急ぎお礼を(松山赤十字看護専門学校・副学校長 渡邉 八重子)

2018年9月27日 (木)

いよいよ28-30日の「初秋の伊予路」・・・秋台風の伊予路?台風の進路が少々心配ですが、散策ができないときは、それに代わるご案内を。安全第一でのお越しを! ←(愛媛のメッセンジャーナース)

 往路については、特に問題はなさそうですし、

2829日の研修にも大きな影響はないと思っております。

ただ、30日の内子散策と30日の復路に影響がなければと心配しております。

 

 当方の対応としては、

内子散策は、それに代わる案内を森長様に相談し、考えていただいております。(有難い限りです)

②30日の航空便が欠航になった場合には、松山で宿泊とし、宿泊場所(ホテル等)は各自の希望に合わせ確保する段取りが出来ております。

 

初秋の伊予路・・・・と企画しましたが・・・・秋台風の伊予路です。トホホ

皆様、安全第一で、お越しくださいませ。

 (渡邉 八重子)

2018年7月22日 (日)

【続報】「下着の替えはありますか?」いろいろな人が視察にくるけど、そんなことは聞いてはくれない。替えがない状態を我慢して過ごしている。必死で周りの人を護っている『NPOそーる』へ支援策の検討のために、様々な団体からの電話・訪問が絶えず、代表者自らも生活破綻しており葛藤・・・。←(岡山のメッセンジャーナース)

皆様から送っていただいた物資は「そーる」の片岡さんにとどけさせていただきました。

昨日は真備入りし、被災した「そーる」の事務所とその近くの熊野神社という自主避難所になっているところ、被災しながらも自宅ですごしている利用者さん宅に一緒に行かせてもらいました。

 

事務所は使用できる状態ではなく、近隣も全て壊滅的状態ながら、暑さの中で皆さん必死に片づけをされていました。皆さん、様々な情報交換をされており、頑張るよ!とお互いを励まし合っており、住民の皆さんとの近さを感じました。

 

また熊野神社では、日中であったこともあり、皆さん神社のある山を下りて自宅を片づけているようで、多くの方はおられませんでしたが、ご高齢の女性と話をさせてもらいました。片岡さんが、「下着の替えはありますか?」と聞くと、「もう~、あんたそんなことに気づいてくれるん」と喜び、色々な人が視察にくるけど、そんなことは聞いてはくれない。替えがない状態を我慢して過ごしていることを話され、現場の声がわかる人が、上に立った方がいいと、多弁に話をされました。少し前よりは、自主避難所にも物資がとどくようにはなったようですが、なかなか公的な避難所とは状況は違う様子がよくわかりました。

 

下着等のデリケートな物資はやはり不足しがちの様です。

 

片岡さんの避難している場所に、様々な人から支援物資が届いているようですが、災害から2週間で疲労も蓄積し、なかなか整理もできない状態になっており、うれしい思いと、せっかく集まったものを避難所等に避難できない家で過ごしている人に届けたいと、本日も奮闘されていました。

その流れで、一緒に利用者さん宅に訪問をさせてもらいました。

高齢のお二人暮らしですが、息子さんも片付けの手伝いにきておられましたが、片づけをしているご家族の方の熱中症症状にも気を配られており、家全体の健康を護る視点で、大きな安心を届けている様子がみてとれました。

 

一方、まだ主要地域と違い、今やっと色々な支援が入りだした地域だと実感するできごともあり、必死で周りの人を護っている彼女のところには支援策の検討のために、様々な団体からの電話・訪問が絶えない状態です。「私はこの地域の人のことを護りたいだけなのに、何でみんな私にあれこれ言うの!この状況を見ればわかるでしょう!生活が破綻しているの!自分たちがしたい支援をするための情報を求めて、私に何かしてほしいなんてことはやめてほしい」と話されました。

地域・住民の心の声に寄り添い、そのことを発信している彼女の心の声に触れ、相手の真に求めていることを支えることができる人でありたいと改めて感じています。

まさに今被災地でメッセンジャーナースの視点は重要だと感じます。

福島のメッセンジャーナース・草野さんからの助言がとても、私の支えにもなっています。(晴・赤瀬佳代)

2018年7月20日 (金)

【続報】連日の異常なほどの暑さが体に堪えている方々も多いことと思います。体調の自己管理にお互い気をつけたいですね。支援金をお送りする際には、番号をしっかり確認を! 植木職人さんの声の投稿、参考になりますね。←(メッセンジャーナース認定協会事務局)

赤瀬さんからのメールに反応して行動した新潟の小田さんからの声です。

「お疲れ様です。支援金を振り込もうとしたら、振り込め詐欺の疑いがあると、送金できませんでした。ATMだめなのかな?」そのあとに「番号間違えたみたい(笑)」という落ちが付きましたが、皆様も支援金をお送りする際には、番号をしっかり確認してお願い致します(笑)。

 

加えて、今朝の新聞に、58歳の植木職人という方の声の投稿がありました。なるほど!と私は思いましたので、皆様とも共有させていただきたいと思います。ちょっと長くなりますがお許しを。

 

 『地下足袋など被災地持参を~ボランティアについて僕の植木職人の経験から。日本手ぬぐいをまいてから帽子やヘルメットをかぶると蒸れないので楽です。タオルを首にかけると二倍熱くなります。これをやると親方に怒られます。首が熱くなります。ゴム手袋も土木作業ではグリップしないのと蒸れるので使いにくいです。手のひらにゴムコーティングされた作業用グラブが使いやすいです。どうしてもゴム手袋を使う場合は、軍手を中にしておくといいです。長ズボンは、だぶだぶのほうが楽です。とびの職人がだぶだぶズボンをはいている理由です。かっぱやヤッケなんか着て作業したら暑くてできません。長靴も踏ん張りがきかないので案外不向きです。すぐに脱げてし まうし熱くなって体温が上がります。地下足袋を持っていくと便利です。くぎ等に対しての危険度は同じです。小型のライト、ばんそうこう、メモ帳、ホイッスルをウエストバッグに入れておく。もちろん水とナッツのようなものも。』 わかりやすくて参考になりますよね?(仲野佳代子)

2018年7月18日 (水)

【続報】メッセンジャーナースからの義援金問い合わせについて 「そーる訪問看護ステーション」のホームページで寄付に関する案内「いぐすべ南三陸」の寄付口座があります。物資は、岡山近郊の方、訪問看護活動を再開できるような物なんでもOK。←(岡山のメッセンジャーナース)

今のこの時期・タイミングで岡山でのセミナーを受講してくれていた岩切さんがA認定を取得してくれて、とてもうれしく思います。

 

今回の被災にあたり、本当に皆さまのご支援をうれしく思っています。

 

まず義援金について考えている方への依頼です。

私も、先日、『NPOそーる』代表の片岡さんに面会に行った際にお会いしたのですが、今彼女を支えているメンバーに、「いぐすべ南三陸」の方がおられます。東北震災で被災した南三陸の復興支援に携わったグループです。片岡さんは、真備を活用したい思いで、自信の法人の寄付講座をすべて真備支店で開設していたようですが、全て被災しており直ぐには使用できず、お金を集めたくてもすぐには集められない…。

そんな状況に、「いぐすべ南三陸」が寄付口座を開設してくれています。「そーる訪問看護ステーション」のホームページで寄付に関する案内がでているので、支援をしたいと考えている方は、ホームページをご確認ください。

 

物資については、片岡さんに何が必要か確認したところ、被災直後の一番大変な時期に動いた管理者の生活の再建のためにできることを今はしたいとのこと。21日くらいに住める場所の確保ができる目途が立ちそうとのことで、彼女が訪問看護活動を再開できるように、余っている物なんでもOKとのこと。

欲を言えば、特に岡山近郊の方、家電も含めて使っていないものがあれば、提供してもらえると嬉しい。

皆様からも、今週も皆さんの思いで届けていただいているものがあります。相手が必要と思うものも確認して提供することももちろん大事。でも、一方で届いたものを確認させていただくと、察する力の強いメッセンジャーナースたち、さすがこれは力づけられる!というものもあります。何でもよいと思います。

 

因みに、私の支援は、得意の分析する頭で支援をしています。

ということで、引き続きご支援をお願いします。

 

一応、今のところ、私は真備には入っていませんがいませんが、週末ごとに行ける範囲で、お隣の総社に行き、外の支援をする予定です。晴のスタッフも少しずつでも一緒に、災害について学んでもらうつもりです。(晴・赤瀬佳代)

 

追伸:個別のメールに返事ができていないですがすみません。 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

         全国ネットワーキング 活動

2018年7月16日 (月)

【続報】北と南のA認定者が2名誕生。秋田、奈良、千葉、新潟、栃木、兵庫の認定取得者も参加し、日本全国のメッセンジャーナースのつながり、この力を必ずや日本社会に位置付けたいと願わずにはいられません。← (メッセンジャーナース認定協会・事務局)

東京では今日お盆明けの日です。送り火をなさるご家庭もあるのでしょうか?今回の西日本の豪雨被害にあわれた方々に思いをはせたいと思います。

 

 昨日の研鑽セミナーで2名のA認定者が誕生いたしました。北海道の牧節さんと鹿児島県の岩切ひとみさんです。北と南からのご参加でした。また、認定取得をされた方々も多く集まってくださり、秋田県、奈良県、千葉県、新潟県、栃木県、兵庫県から参加してくださり、日本全国のメッセンジャーナースのつながりを改めて感じ感動しています。この力を必ずや日本社会に位置付けたいと願わずにはいられません。

 

 ここ数日間で届いていた声をお届けいたします。石川さん、渡邉さん、田渕さん、草野さんせっかくのメッセージをお届けするのが遅くなり申し訳ありませんでした。

 尚、義援金についての取りまとめのお申し出もありますが、現時点では事務局で担うことができません。申し訳ありませんが、それぞれのできる範囲での支援を行っていただければと思います。こうしてメッセージをお寄せくださるだけでも、そのお心が通じるかと思います。皆さまの思いを事務局として一括して先方にお届けできないことがもどかしくもありますが、どうぞご理解いただきたいと思います。宜しくお願いいたします。 (仲野)

 

北海道 石川さん~この度は、大変な状況となり、また、それが未だ進行形であるということ、心からお見舞い申し上げます。北海道の石川です。今回、様々な被害に遭われている地域の皆さん、日頃のマインドに根差した奮闘 をされていることでしょうね。別な島の北海道は、一部の地域の被害でおさまり、特に当方は、何事もありませんでした。でも、この異常気象、熱帯化は今後ますます悪化するのではないかとの心配が頭をよぎります。どこの地域も備えなければなりませんね離れていて、何のお役にもたてませんが、もし、何か 出来ることがあれば、声をかけてください。

 

愛媛県 渡邉さん~赤瀬様宛てに、マスク50枚×10箱、手袋100枚×10箱を、発送いたしました。本校の教員は、明日から、 被害のあった地区にケアに入ります。学生には、出発の際に見送りをしてもらいます。長期間の多様な支援になると考えております。 

 

埼玉県 田渕さん~西日本豪雨災害についての連絡ありがとうございました。 必要だと伺ったゴーグルやマスク・手袋などの調達が出来ないかかと周 囲に相談致しましたが、すぐに返答が出ません。 まずは、義援金などで使用していただけるようにできないでしょうか? 現物を送 るルートなども混乱していて、時間がかかりそうですので、先ずは義援金がいいのではと考えました。 どなたか取りまとめ頂くと有難いですし、私も出来る限り協力致します。

福島県 草野さん~ごぶさたしています。メールみて、被災者支援の経験から、赤瀬さんに、少し角度の違うアドバイスをしてみました。 支援者の休息確保、被災者に健康チェックリスト配付して自己チェック、支援者は血圧計を 道具にして、被災者の状態把握をして、睡眠、食欲、身体のアセスメントです。支援者は色々な苦情や酷 い言動をかぶり、感情労働になりやすく、バーンアウトしやすいことも、連絡しました。支援物資も大事 なこと、でも、支援のケアは、まだまたつづき、活動は始まったばかり、ながーいです。 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

         全国ネットワーキング 活動

【続報】送っていただいた物資は、『NPOそーる』代表の片岡看護師に届け・・・福島で被災されながらも保健師活動をつづけたメッセンジャーナースの草野さんから、とにかく管理者・看護師さんのメンタルが心配と連絡も・・・このネットワークの心強さを、改めて感じています. ←(岡山のメッセンジャーナース)

皆さまに送っていただいた物資は、昨日、『NPOそーる』代表の片岡看護師に届けさせていただきました。ありがとうございます。とても喜んでおられました。

 

今回は、私と同じく看護師起業家の訪問看護ステーション『エール』の平田さんが、真備から13㎞ほどにある自宅を、被災した片岡さんに居住スペースとして提供しているので、そこに訪問をしました。

真備に住んでいる人は皆真備が好きで、仕事も住まいも真備で完結しており、今回の被災では彼女のように両者が壊滅的状態になり、先の見通しが立たないからどうしたらいいのだろうと途方に暮れる思いも話されていました。

NPOそーる』は、まだ2年前に開設した法人ですが、先々はホームホスピスも開設したいと、片岡さんは神戸にある「なごみの家」で研修も受けていた最中のできごとであったようです。訪問時は、初動の活動をされていた管理者を休息させ、片岡さんは毎日真備の避難所の訪問や利用者の訪問を継続している状況でした。

 

彼女の話で印象的であった話があります。「虚弱な高齢者を、真備外のより快適に過ごすことが可能な周辺地域にある避難所に移した方がよいのではないかと、外部から来た人は言う。でも、認知症のある高齢者にとって知らない人の中に入ることが、どれだけストレスなことか…地域の人の見守りがある環境の方が安心できる。その人たちが安心できるものを、自分達がそこに届ければいい」と言われていました。本当にそうだと思います。

その話を聞いて、やはり私にできることは、彼女のように地域の人をささえたいと思う人を後方より支えると言うことだと思いました。

 

情報発信をしている中で、福島で被災されながらも保健師活動をつづけたメッセンジャーナースの草野さんから、とにかく管理者・看護師さんのメンタルが心配であり、自己チェックできる状態だろうかと連絡もいただきました。

 

片岡さん自身も被災されており、訪問時に様々な思いを吐露されました。私も、『エール』の平田さんも同じ経営者として、先をどうしていくのか、他人事ではない思いで話を伺いました。

 

今現在は、安全確保の側面からも2名体制で訪問をしていることもあり、1名が外部からの支援であっても一緒に動いてくれる人がいれば、その分2倍動くことができるので助かること。

とにかく、全て失ったので物がない。これからの生活の再建に、何でも必要になる。

などなど、一度にお伝え出来ませんが、さまざまな支援の依頼が彼女からあり、整理して、また皆さんに協力をお願いしたいと思います。

大変な中ではありますが、壊滅的な状態になりながらも、真備で訪問看護ステーションを継続し、ホームホスピスの開設も諦めていない!と力強く話されました。引き続き、皆様からのご支援をお願いしたく思います。

 

これまで経験したことのないことで、先を考えて動くにも目の前のことで精一杯。だからこそ、経験者の草野さんのように、こんなこと気をつけている?という投げかけは、私たちに気づきを与えてくれます…。

メッセンジャーナースのこのネットワークの心強さを、改めて感じています。

 

岡山は今日も暑くなりそうですが、元気に動き出していますよ~。(晴・赤瀬佳代)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

         全国ネットワーキング 活動

2018年7月12日 (木)

続報:感染対策用の物品は確かに被災地に届いているが特定の場所にとりにいかなければならない。、交通渋滞が激しく、家にいる人はそこまで取りにいけない。 ←(岡山のメッセンジャーナース)

姫路日赤の田口さん・大阪日赤の大島さんからの情報を得て保健所に確認したところ、感染対策用の物品は確かに被災地に届いています。

ただ、特定の場所にとりにいかなければならない。避難所には配布されているけど、家にいる人はそこまで取りにいかないといけない。

報道でもあるように、交通渋滞が激しく、移動に時間がかかることを思うと、外部者がそこまで行くのは控えた方がよい。

 

今回の件で言えることは、岡山県民の多くは、災害に対する備えが物だけでなく、知識も乏しい。だからこそ、その身を守るための方策を、看護師から地域の住民に発信をしていくことはとても大切かもしれません。

事務局の仲野さんの言われるように、情報を身近な人に伝えることも、とても重要な支援だと思います。

そこに物があっても、それを使用し自分を守らないといけないと知らなければ、今回の看護師さんの危惧するような住民の行動になるのだと思います。

知識の普及もあわせて、身近な人に発信をしてくださるといいように思います。(晴・赤瀬佳代)

続報:赤瀬さんからお願いのメールが流れましたが、具体的に必要なものの情報をいただけるのはありがたい。事業所として協力できるもの、個人で協力できるものがあるかと思いますが、品物は難しくても、郷堀さんのように声掛けをすることも大切ですね。(メッセンジャーナース認定協会事務局)

広島県 郷堀さん~この度 西日本の大雨によりお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りすると共に豪雨で被災された方のお見舞い申し上げます。

     私は広島の廿日市市に住んでいます。被害はなく 大雨の後は梅雨明けし、いつもの美しい海と山の風景が心を癒やしてくれています。実家は三原市ですが大きな被害はありませんでした。ただ通行止めで実家に帰ることが出来ません。川の街、水の街と言われている広島がまた豪雨、土砂災害に巻き込まれてしまいました。

     いつもは水の恩恵を受けているのに 今回はもうこれ以上降らないで、心の中で叫んでいました。警報は鳴りっぱなしで怖かったです。

     病院では2日間2階の患者様は高層へ移動し窮屈な環境で過ごされました。遠方の友人達から今でも安否を気遣ってくれるメッセージが届きます。私は為す術もなくそのメッセージを受け取りパワーを頂き陸の孤島となった地区に住んでいる友人にメッセージを送り支援物資や募金の情報を収集しています。

恥ずかしながら何も出来ていません。ただ気にかけている人がいると分かるだけで力が湧いてきます。現場に行って土砂の撤去などは出来ないけれど ちょっとしたメッセージは嬉しいですよね。だから、これからも友人を励ましていきます。

     災害に遭った地区にご友人がいるかたちょっとしたメッセージを送ってあげて下さい。

     孤独な気持ちが安らぎの気持ちに変ると思います。交通規制や通行止めが解除になったら何か出来ないだろうかと考えています。暑い日が続きますが 体調に気をつけてお過ごし下さい。

続報:多数のお見舞いありがとうございます。岡山は昨日も雨が降り、悩ましい状況です。直接ではないですが、真備地域のステーションの管理者の方からの情報です。←(岡山のメッセンジャーナース) ⇔本日から4日間の予定で、救護班が出ています。 ←(奈良のメッセンジャーナース)

生活支援物資は足りてきているようです。

今、地域で働く看護師として片付け等をする際の砂ぼこり等から身を護る術を知らず、そのまま片づけをする住民の皆さんが多くおられ、健康被害を心配されています。

近隣ステーションから、マスク・ゴーグル・手袋等の支援もしているようですが、直ぐになくなる状況のようで、感染グッズの支援をご協力いただけないでしょうか?

やはり地域に看護師が居ることの心強さを感じる情報です。今動くことができる人たちも体調を崩さないようにと体を守るために気づくことができるのは看護師だからこそですよね。

直接、現地に送るのは難しいと思うので、晴に送っていただければ、真備のステーションの管理者さんが避難しているところまで、私の方でお届けします。

因みにゴーグルは耳掛け型ではなく、バンドタイプがよいです。

少しずつでも、皆さんのところから支援いただければ助かります。

直ぐにでも現地に赴きたい方は多数おられると思いますが、やはりまだ現地は動きがとれる状況ではないようです。

現時点では私たちも後方支援までです。(晴・赤瀬佳代)

★~~~~~~~~~~~~~~~~~~★

情報を発信いただきありがとうございます。

当院からも、本日から4日間の予定で、救護班が出ています。

どの地域での活動になるかは指示待ちになるのですが、この情報は救援部に伝えます。(大阪日赤・大島富枝)

★~~~~~~~~~~~~~~~~~~★

皆様からの早速のご連絡・ご支援ありがとうございます。

現場で動かれている看護師さんも、公的なところになかなかアクセスがしづらい状況もあるようで、とりあえずの支援として、彼女の避難しているところまで、目下必要な物を届けられればとおもいます。

医療職として、病院に所属しない看護師が、このような気付きをどこに発信すればよいかわからず、駆け回っている状況を思うと、彼女が公的窓口と繋がってキャパオーバーにならないか、彼女を支援できる策はないかもあわせて確認をしようと思います。(晴・赤瀬佳代)

より以前の記事一覧

最近の記事

最近のコメント