【2017 Nursing Consultants,Inc.】 DVD「わたしはメッセンジャーナース」7月1日より発売中 少人数制の認定メッセンジャーナース研鑽セミナーは回を重ね、第16回を東京、第17回を岡山で迎えます。東京は9月9・10日から、岡山は9月23・24日から開催    メッセンジャーナース・臨床心理士による『こころのよりどころ相談』、非言語系コミュニケーション・ツール『フット・プラネタリウム』 

P1010019

DVD「わたしはメッセンジャーナース」☞コンパクト版(22分)800円  ②学習版(45分)とセットで2500円(税・送料別途)

「メッセンジャーナース 看護の本質に迫る」(看護の科学社)1,500円

*当社から購入の場合は、200冊に限り、DVDコンパクト版を無料でプレゼント 200冊がなくなり次第、締め切らせていただきます。

第16回メッセンジャーナース研鑽セミナー(東京) Ⅱ:10月14・15日⇒「sem16-2.pdf」をダウンロード Ⅲ:11月11・12日⇒「sem16-3.pdf」をダウンロード Ⅳ:12月16・17日⇒「sem16-4.pdf」をダウンロード
Ⅴ:1月13・14日 ⇒「sem16-5.pdf」をダウンロード Ⅵ:2月10・11日⇒「sem16-6.pdf」をダウンロード 

ご案内☞「2916.doc」をダウンロード

第17回は、(岡山)で開催 Ⅰ:9月23・24日 Ⅱ:11月25・26日 

Ⅲ:1月27・28日 Ⅳ:3月24・25日 Ⅴ:5月26・27日 Ⅵ:7月28・29日 

ご案内☞「17.pdf」をダウンロード

こころのよりどころ相談」:メッセンジャーナースと臨床心理士が一体となってお受けします。病院や施設、各事業所の看護・介護の研修・メンタルヘルスのサポート、介護離職に待ったをかけたい関連組織も、職場のお悩み等、気軽にご相談下さい。お役に立てることがあるはずです。

まずはお電話を! 03-5386-2427(担当:仲野) 相談料金体系 ⇒ 「soudanryo.pdf」をダウンロード

Photo引き出せ、主体性!足裏に潜む神秘!画面の映像による癒し!器械だけに頼らず、手の温もりをそのまま活かして、目には見えない「心」へアプローチし、その人の本音、主体性を引き出すのが『フット・プラネタリウム』です。

CSRマガジンでの紹介は ☛ こちら 

会話をしたくない、そんな時でも「痛い!」が言える足裏マッサージ専用の非言語系コミュニケーションツール(Foot Planetarium)  「フット・プラネタリウム」 空の美しい東北・秋田で、一台一台 大切に作られています。

Photo_2

 

『フット・プラネタリウム』を直接ご覧になりたい方もお問い合わせください。日時を設定して、説明させていただきます。 

パンフレット(⇒⇒⇒)も郵送致します。 

 

             Copyright©2015 Nursing Consultants,Inc. (NSC) 

 お問合せは、03-5386-2427(担当:仲野・片岡)

|

メッセンジャーナース研鑽セミナーⅠ「終末期医療 治療のやり過ぎはなぜ起こる?」 は、9月23・24日(岡山) セミナーⅡは、10月14・15日「受ける医療 認識のギャップはなぜ起こる?」(東京)で開講

第17回研鑽セミナーⅠ:9月23・24日「17.pdf」をダウンロード(岡山)
___4

第16回研鑽セミナーⅠ:10月14・15日「sem16-2.pdf」をダウンロード (東京)

お問い合わせは☞ 03-5386-2427 又は E-mail:seminar@e-nurse.ne.jp

|

「ビデオのメッセンジャーになりたい」暮らしの映像社の鈴木浩社長の心が嬉しくて・・メッセンジャーナースたちの素敵な姿がDVDに。その裏話が少しずつ明らかに

詳細は⇒ こちら

|

在宅看護研究センター30年間の実証研究から生まれたDVD「わたしはメッセンジャーナース」、7月1日、ついに発売開始

看護師として長年培ってきた看護の“心とわざ”を融合させて、医療の受け手の心を運ぶメッセンジャーナースが誕生したのは、2010年10月のこと。「メッセンジャーナースってどんなことをするの? 普通の看護師とどこが違うの? どうすればなれるの?その答えはこのDVDで!

メッセンジャーナースってどんなことをするの? 普通の看護師とどこが違うの? どうすればなれるの?その答えはこのDVDで!

Mn_a4_tth1_010528_3_20170616_3

①コンパクト版800円(税・送料別途) ②学習版とセットで2500円(税込)送料別  セット販売元は、暮らしの映像社

「メッセンジャーナース 看護の本質に迫る」(看護の科学社) 在宅看護研究センターLLP/看護コンサルタント社で購入の場合は、コンパクト版を無料でお付けします。

★☆★
お問い合わせとお申込みは、暮らしの映像社:TEL090-7174-7402 またはE-mail:suzuki@kurashinoeizo.com へ
メッセンジャーナース認定協会:TEL03-5386-2427 またはE-mail:messenger.ns@e-nurse.ne.jp へ

|

社会的要請を受けて発行「メッセンジャーナース 看護の本質に迫る」(看護の科学社) 購入希望者は、看護コンサルタント社へ、℡またはメールで! 

Photo_4

詳細は⇒ こちら      
定価 1500円+税(送料込み)  お問い合わせ 03-5386-2427

E-mail: ns.consul@e-nurse.ne.jp (件名:「メッセンジャーナース」と記載)

|

昨年開催の「在宅看護論」教授学習法のフォローアップセミナーについてのお問い合わせ、「今年度は、いつ?」 在宅看護研究センター30周年を迎えたことを機に、「在宅看護論」教授ー学習法については、今年度を含め、今後の開催予定はございません。

昨年は猛暑の中、看護教員の方々の3日間のセミナーが開催されました。「在宅看護論」教授ー学習法のセミナー20回目を機に、フォローアップとして初めて企画したセミナーでした。北は青森から西は兵庫まで遠方からも参加され、充実した3日間を共に過ごさせていただきました。
最終回で学んだことを早速現場教育に生かし、学生たちが変わってきたという嬉しい報告もありました。真摯に取り組んでいる先生方の姿に、看護の未来は明るくあってほしいと願わずにはいられませんでした。非言語的コミュニケーションツールの一つとして、フット・プラネタリウムもそれぞれ体験していただきました。認識のズレは起こるもの、自ら訴えられない人たちがツールを通して主体性を持っていく、そんな視点も大事なことを感じ、感性を刺激していくことがいかに大事かを改めて認識することができた3日間でした(研修担当:仲野)。

今年度の企画をどうするか、好評であっただけに迷いましたが、在宅看護研究センターが30周年を迎えたこともあり、この研修からは撤退することに致しました。

これまで、ご参加頂きました大勢の教員・訪問看護ステーション指導者の皆様に、心からエールを送ります。

いつか、どこかで語り合えます事を願いつつ・・・ご参加、ありがとうございました(講師:村松)。

|

在宅看護研究センターを設立して30年、ついに、『メッセンジャーナース 看護の本質に迫る』(看護の科学社)が私の手に・・・強い社会的要請があることを念頭に、メッセンジャーナースの実用化をめざします。

2010年に誕生したメッセンジャーナースの5年間の取り組みをまとめた『メッセンジャーナース 看護の本質に迫る』でした。
Photo_7
<目次> 

1 私のメッセンジャーナース事始め 

2 <研究報告>メッセンジャーナースの活動について 研究的立場から 

3 全国各地のメッセンジャーナース ―本来の看護の力を発揮したい 

4 患者・家族の「こころの風景」―その心に向き合って 

5 被災地におけるメッセンジャーナース ―「ここさこらんしょ」で心の復興を 

6 メッセンジャーナース研鑽セミナーとそこでの学び 

7 メッセンジャーナース認定協会の設立と関連事業について 

8 これからのメッセンジャーナースの挑戦

この1冊を手にして、これまでとは違う何かを感じ、心が奮い立ちました。

|

「こころのよりどころ相談」:メッセンジャーナースと臨床心理士が一体となってお受けします。ご希望の方は相談後、目と心が癒されると好評の「フット・プラネタリウム」の体験もできます。法人の方も、職場のお悩み等、気軽にご相談下さい。

メッセンジャーナースと臨床心理士が一体となってお受けします。法人の方も、職場のお悩み等、気軽にご相談下さい。お役に立てることがあるはずです。

まずはお電話を! 03-5386-2427(担当:仲野) 

相談料金体系 ⇒ 「soudanryo.pdf」をダウンロード

|

CSRマガジンに掲載されました。→ 企業とのNGO/NPO 看護師と技術者。異分野のプロが協働して創る、日本の医療と地域の未来~非言語コミュニケーション・ツール「フット・プラネタリウム」を共同開発   足裏マッサージ店だけではなくケアの現場でも、そのほか、教育に、研究に、いろいろな形で活用されていくはずです。

 “自立的に健康を守る”には、それぞれの専門家とその受け手との対等なコミュニケーションが不可欠です。海外経験が長い当社の国際交流研究企画室担当者が中心となってヘルスケア事業をめざすエーピーアイ(株)の技術者とコラボ開発した「フット・プラネタリウム」がCSRマガジン上で紹介されました。

「フット・プラネタリウム」の“施術される側の気持ちを言葉ではなく視覚的に伝える機器”というコンセプトは、看護の現場でも応用できます。世界初の新しい製品として、国籍やハンディキャップの有無を問わず、できるだけ多くの場でご活用いただきたいと、可能な限りシンプルなユニバーサルデザインを目指しました。

足裏に潜む神秘。画面の映像による癒し。器械だけに頼らず、手の温もりをそのまま活かして、目には見えない「心」へアプローチし、その人の本音、主体性を引き出すのが『フット・プラネタリウム』です。

詳細は ☛ こちら  

「推奨リンク」に追加しました。CSRマガジン→ こちら  「識者に聞く」

<関連記事>

自立的に健康を維持するために、在宅看護師が果たす役割

http://www.csr-magazine.com/blog/2014/04/28/zaitakukango/

人でも多くの人が自宅で最善のケアを受けるために

http://www.csr-magazine.com/archives/repo_d/rep08_03.html

|

こころのよりどころ相談

 本日、新たなコラム「こころのよりどころ相談」を設定しました。よろしくお願いいたします。

|

«【こころのよりどころ相談】 「何とか母の頭をボカンとやらないようにしたい、そのためのいい方法を教えてほしい」