« 「医と法の対話」1992年 | トップページ | 在宅看護シリーズ4 好評発売中 »

皆様のご活躍を祈りつつ

暑い中での熱~い研修、第14回「在宅看護論 教授ー学習法」、今年度はすべて終了いたしました。

ご参加くださいました皆様のご活躍を願っております。またお会いできる日を楽しみに・・お疲れ様でした。

|

« 「医と法の対話」1992年 | トップページ | 在宅看護シリーズ4 好評発売中 »

02 お知らせ・声」カテゴリの記事

コメント

今年の夏は熱かった!!
暑さのことではありません。第14回「在宅看護論」教授ー学習法のセミナーに参加された、看護教員及び看護管理者の方々の熱意です。
今年は3グループ、20名の方が参加されました。来年度の在宅看護論の新カリキュラムをにらみ、それぞれの大学で、専門学校で、職場で悩みを抱えながらもより良い教育を目指す、先生方の熱い思いを知るのと同時に、理論と実践のつながりがいかに大切であるかを感じ、教育は教え込むのではなく、相手の感性に合わせて、気付きを与え、それをしっかりフォローしていくことだと教えられました。
そんな熱い一場面~2日目の演習場面です。
また、今回初めて、オプションで「教育現場の悩み、実践現場の悩み」をテーマに夕食を共にしながら、在宅看護研究センターLLp組合員と日本在宅看護システム実践スタッフと語り合う場を設けましたが、構えをはずした中での先生方の悩みや現場スタッフの悩み、組合員の情熱を共有できたことでそれぞれのつながりの大切さを実感できました。
先生方、そして実践現場スタッフ共々看護を充実させる為、これからもしっかり取り組んでいきましょう。エイエイオ~!
看護コンサルタント  仲野

投稿: 仲野 | 2008年8月19日 (火) 11時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 皆様のご活躍を祈りつつ:

« 「医と法の対話」1992年 | トップページ | 在宅看護シリーズ4 好評発売中 »