« 父の願いが届きます | トップページ | 夏季短期集中セミナー「在宅看護論 教授―学習法」 »

敬老の日に、この1冊を!

9月に入り、もうすぐ「敬老の日」、第3月曜日です。日本以外の諸外国にはない国民の祝日。その始まりは1947年にさかのぼります。兵庫県の現・多可町八千代地区で、「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村づくりをしよう」ということになり、気候の良い9月中旬の15日を『お年寄りの日』として、敬老会を開いたのがキッカケなのだそうです。時代の流れによって、1964年に「老人の日」と改称され、1966年には国民の祝日「敬老の日」に、2001年のハッピーマンデー制度を適用によって、2003年からは9月第3月曜日となりました。

「アイ・ラブ・グランパ100の理由」「アイ・ラブ・グランマ100の理由」(学習研究社)、もうお読みになりましたか。いろいろな思い出が浮かんでくる心温まる一冊で、一押しです。私は亡き祖父母と父に感謝を込めて贈ります。

「おじいちゃんを愛してる。だって、私たちそれぞれが二人といない特別な存在なんだって思わせてくれるわ」

「おばあちゃんがダイスキ。だって、おばあちゃんは絶対にボクを見放したりしないよ」

祖父母を愛する100番目の理由は、思い出の写真を貼って、心からの言葉を添えてプレゼントすることをおススメします。

|

« 父の願いが届きます | トップページ | 夏季短期集中セミナー「在宅看護論 教授―学習法」 »

心とこころのレストラン 虹色救急箱」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 敬老の日に、この1冊を!:

« 父の願いが届きます | トップページ | 夏季短期集中セミナー「在宅看護論 教授―学習法」 »