« 第15回「在宅看護論 教授ー学習法」が終わって | トップページ | 今の時代、自分の健康は自分で守る »

虹色救急箱 Vol.21

Vol.21 『怖いおやつ』

うだるような暑さが続き、ときどき地震に揺られて冷や汗も出ますが、皆さまいかがお過ごしですか?

今回は子供の頃にぞ~っとしたおやつタイムの話・・・。

夏ですし、涼しくなるような怖い(?)ストーリーもたまにはいいですよね!

あれは私がまだ幼かった頃・・・

保育園で暑い日に出てくる大嫌いだったおやつがあります。

それは牛乳寒天と人参ゼリー。

ジャムが少しだけ付けあわせとして出されましたが、基本的に味がないという・・・。

牛乳とニンジンそのままを固めたような味で、あの頃の私にはなんとも苦手な味でした。

(おえっぷ)

「食べたくない」と言うと、無理矢理怖い保母さんに食べさせられましたが・・・。

無理矢理食べさせられて泣いている友達を横目に、息をせずに飲み込んだものです。

そう。皆も大嫌いだったおやつなのです。

今思えばあれは虐待・・・?

いくら身体に良いヘルシーなおやつ(healthy snackhealthy sweets)でも、精神的に苦痛なおやつでは、身体に良いのか悪いのか分かりませんよねっ。

脅しながら無理矢理私たちに食べさせた保母さん!究極に怖かったですよ~。

いくら暑くても、怯えて涼しくはなりたくないです・・・。

もう昔のことだから忘れてもらっていいんですが。(多分)

今は優しい保母さんが増えていることを祈りますっ。

嫌いなおやつと怖い保母さん!

私の中では条件付け(オペラント条件付け operant conditioning )みたいになっちゃいました~。

牛乳寒天&人参ゼリー ⇒ おえっぷ・・・食べたくないから食べるの拒否 ⇒ 怖い保母さん登場 ⇒ 怖い保母さんに無理矢理食べさせられる ⇒ (これを何度か繰り返すうちに)我慢して自分から食べるようになる 

こんな風に、牛乳寒天&人参ゼリーは私の中で「怖いおやつ」になったのです。

あの頃を思い出して、私だけが涼しくなっちゃいました・・・。(すみません!)

今はいろいろ工夫されて、美味しい牛乳寒天や人参ゼリーももちろんあるんでしょうね。

でも、この強力な条件付けから私が解き放たれる日は来るのか・・・?

おやつと言えば、皆がハッピーになれる楽しい時間にしたいものです。

カナダにいる知人の言葉を借りて、

“ Tea time should be fun time!”(お茶の時間は楽しくないと!) です。

プチ怪談(?)はこれでおしまい~。

             by天川りを

|

« 第15回「在宅看護論 教授ー学習法」が終わって | トップページ | 今の時代、自分の健康は自分で守る »

心とこころのレストラン 虹色救急箱」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 虹色救急箱 Vol.21:

« 第15回「在宅看護論 教授ー学習法」が終わって | トップページ | 今の時代、自分の健康は自分で守る »