« これまでの歩みを振り返ってみる | トップページ | 10月17日のセミナー »

虹色救急箱 Vol.22

Vol.22 『虹色のケーキ』

きゃあぁ~! お久しぶりです!!  

更新さぼってました~。

今回もアラジンと魔法のランプのように(?)呼び出してくださってありがとうございますっ!! m(_ _)m                 

虹色の毛糸であや取りなんて素敵ですねえ。 

「虹色の毛糸」に絡めて、今回は「虹色のケーキ」を登場させちゃいますっ。

皆様は、欧米・北米地域のバースデー・ケーキ をご覧になったことがありますか?

日本ではケーキ・洋菓子専門店で売られているケーキですが、カナダなどでは、一般的にベーカリー(bakery パン屋さん)やスーパーのベーカリーコーナーで売られています。

そして日本では着色料の使用をなるべく避ける傾向にありますが・・・あちらのケーキのデコレーションには、着色料でバッチリ染められたクリームがよく使われています。 

それはもうカラフル! 

鮮やかなピンク、水色、黄色、黒、赤、グリーンにオレンジ・・・まさに虹色です~。 (しかも本当にカラフルな虹や池の細工までのっかっているケーキもあったりします。  

味や成分については語らないことにして・・・日本のものとはちょっと違う色合いのケーキからは、「おやつを楽しも~ 」というスピリットがひしひしと伝わってきますね。

さて、このような色鮮やかに着色されたケーキ、どんな箱 に入れてくれるでしょうか?(日本では、持ち手付きのケーキ専用ボックスに入れてくれますよね。) 

来年冬季オリンピックが開催されるカナダはバンクーバーを例に挙げてみると・・・ 

そのような専用ボックスがあるお店はまずないでしょう。 

ケーキ用の箱を見て、日本人ならプチ・カルチャーショックを受けるかも知れません・・・。 なぜって、靴の保管にピッタリそうな形(?)をした白くて四角い非常にシンプルな箱だからです。(※または、パックの容器に入って売られています。)

シンプルな紙素材の箱は、持ち手がないため運ぶのにちょっと不便、ボリュームあるケーキを支えるには頼りない薄さで、クリームの油分がだんだん染みてきちゃいます・・・。

もっと便利で可愛くてもいいのにね~と、つい日本と比べてしまう・・・。(贅沢かな?)

日本のケーキ屋さんのバースデー・ケーキ用ボックスをカナダの友人に披露したところ、あまりにも完璧なので驚いていました!

厚みがあってしっかりしている、リサイクル・ペーパー製、描かれている絵が素敵、開けて取りだす時まで人とケーキに優しいところetc.・・・プチカルチャーショックだったようです。

でも北米では箱がシンプルなだけに、開けてビックリ虹色のケーキ(!)が出てくるのもギャップがあって面白いのかも・・・?あと特にエコを意識していない気もしますが、シンプルな方が環境には優しいですよね。 

箱に拘らない北米人?箱に拘る日本人?・・・う~ん、ここから色んな議論が生まれそうですねっ。

(オマケ) 

せっかくなので、ケーキが出てくる有名な英語のフレーズを使えるようになりましょーう。 ケーキをこよなく愛する方々は、すぐに覚えてしまうはずですよ~。 

欧米の人達は、“ Its easy!”( ※「そんなの簡単!」「お茶の子さいさい!」の意味)と言う代わりに、  A piece of cake! ” (※Its a piece of cake! を短縮しています。)と言ったりします。 以前カナダ人が、「ケーキひと切れなんてあっと言う間に平らげられるからよ。」と、 この言い回しの由来を教えてくれました。 

とすると・・・自分の好きなお菓子や食べ物などに置き換えても楽しいかも知れませんねえ。

チョコに飴にクッキーに・・・お餅やお寿司なんかは日本らしくていいかも?(お餅は英語でrice cake、又は、そのまま日本語でmochiでも最近は結構通じるかも。

A piece of cake! ”“ A piece of rice cake! ”などなど、皆様も試してみてくださいね。

           by天川りを

|

« これまでの歩みを振り返ってみる | トップページ | 10月17日のセミナー »

心とこころのレストラン 虹色救急箱」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 虹色救急箱 Vol.22:

« これまでの歩みを振り返ってみる | トップページ | 10月17日のセミナー »