« メッセンジャーナースへの要望は地方でも広がっている | トップページ | 医療の主体は医療の受け手にあります。 »

研鑽セミナーⅡ「受ける医療 認識のギャップはなぜ起こる?」

医療現場は多忙を極め、受診者への対応は形式的になっている。医療を受けるという事は、新たな人間関係の下で治療やケアを受け入れなければならない事でもある。十分理解・納得して治療を受けるためにはどうあるべきか! 「最期のその時まで“認識のズレを正す対話”」が、今、求められている。 研修期間:2010625日―628日(4日間)場所:東京都新宿区 あなたが関心のある 一日だけを選んでの参加も可能です。お問い合わせ:03-5386-2427(担当:仲野・片岡)

|

« メッセンジャーナースへの要望は地方でも広がっている | トップページ | 医療の主体は医療の受け手にあります。 »

02 お知らせ・声」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 研鑽セミナーⅡ「受ける医療 認識のギャップはなぜ起こる?」:

« メッセンジャーナースへの要望は地方でも広がっている | トップページ | 医療の主体は医療の受け手にあります。 »