« 看護に対する限りない情熱 | トップページ | 研鑽セミナーⅡ「受ける医療 認識のギャップはなぜ起こる?」 »

メッセンジャーナースへの要望は地方でも広がっている

待ちに待った遅すぎるくらいの起業家ナースの集い」、自ら経営に携わって活動しているナースの全国組織をつくろうという案がもちあがったのです。早速、11月までには開催しようと動き出しました。その話し合いの中で、「ケアマネジャーが動いても、直接ケアに携わっている看護師が動いても足りない点がある。医療の知識をもって、相手の思いにしっかり耳を傾け、対話を重視し、時に交渉も行えるようサポートするような、そんな・・メッセンジャーナースは地方でも必要になっている」との声が高まっています。応援団を交えて「ouendan1.pdf」をダウンロード 、全国的広がりのある組織作りを計画的に行っていくことが、今求められています。

|

« 看護に対する限りない情熱 | トップページ | 研鑽セミナーⅡ「受ける医療 認識のギャップはなぜ起こる?」 »

02 お知らせ・声」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メッセンジャーナースへの要望は地方でも広がっている:

« 看護に対する限りない情熱 | トップページ | 研鑽セミナーⅡ「受ける医療 認識のギャップはなぜ起こる?」 »