« 来月の研鑽セミナーに参加 | トップページ | メッセンジャーナース、同志の交流は意見交換から »

延命処置等、家族がイメージできるように

 『延命処置』、今日のセミナーの中でも話されたのですが、私達看護職は『医療用語』をまだまだ安易に使っていると感じています。延命処置等が必要となった時に、そのことがどういうことなのかを家族がイメージできるように、又メリット・デメリットをきちんと説明し使っているか、自分自身に問いかけながら話したいと思っています。

 そしてもう一つ、ご本人がお元気な頃どの様に考え、生きてこられたか、その事をご家族と共有しながら、これからのことをご家族が決めていくことができるよう関わらせていただきたいと思いました。 これからも一つ一つ大切にし、自分の言葉で発信して行きたいと思います。

|

« 来月の研鑽セミナーに参加 | トップページ | メッセンジャーナース、同志の交流は意見交換から »

メッセンジャーナースの誕生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 延命処置等、家族がイメージできるように:

« 来月の研鑽セミナーに参加 | トップページ | メッセンジャーナース、同志の交流は意見交換から »