« 看護職に役立つ「信頼を育てる コミュニケーション&カウンセリングマインド」 | トップページ | 虹色救急箱 Vol.33 »

どんどんその存在が渇望されていく「メッセンジャーナース」

お休みの日は「テレビが友達」の私。今も,ポーッとテレビを見ていたら…故逸見政孝さんの奥様がお亡くなりになった事を特集されていました。最後に司会の東ちづるさんが「ご家族は精一杯やっても“あれでよかったのか?"と後から後から悩むものです。医療者には遠慮して言えないことやわからないこと,後々のグリーフケアに関わる云々…そういった事が求められて行くのでは無いのでしょうか」と締め括りました。

ポーッとしていた脳みそにスイッチが!!それは,その求めはまさに「メッセンジャーナース」の事ではないですか!

社会からどんどんその存在が渇望されていく「メッセンジャーナース」       研鑽セミナーを受けて,期待に応えられる力量を養って行きたいと願ってます。

|

« 看護職に役立つ「信頼を育てる コミュニケーション&カウンセリングマインド」 | トップページ | 虹色救急箱 Vol.33 »

メッセンジャーナースの誕生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どんどんその存在が渇望されていく「メッセンジャーナース」:

« 看護職に役立つ「信頼を育てる コミュニケーション&カウンセリングマインド」 | トップページ | 虹色救急箱 Vol.33 »