« 研鑽セミナーⅠ「終末期医療 治療のやり過ぎはなぜ起こる?」は、6月18・19日 | トップページ | 「悲しむ力」(朝日新聞出版社)、いよいよ7月20日発売 »

看護の奥深さを再認識  福島「ここさこらんしょ」へ

一昨年の12月に、インターネットラーニングで村松先生をはじめ、仲野先生、片岡先生には、心温まるご指導をして頂きありがとうございました。(クリスマスのプレゼントには、天使が舞い降りてきてとても感動しました。)ラーニングを通じて看護の奥深さを再認識しました。
日々医療の現場で、何故こんなにも色んな意味で温度差が生じてしまうのか、何か解決方法はないのか日々奮闘しております。
今回、メッセンジャーナースの研鑽セミナーがあると伺いました。福島「ここさこらんしょ」での開催とのことで、私自身も参加させて頂き色んな事を吸収したいと思います。どうぞ宜しくお願い致します。

|

« 研鑽セミナーⅠ「終末期医療 治療のやり過ぎはなぜ起こる?」は、6月18・19日 | トップページ | 「悲しむ力」(朝日新聞出版社)、いよいよ7月20日発売 »

02 お知らせ・声」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 看護の奥深さを再認識  福島「ここさこらんしょ」へ:

« 研鑽セミナーⅠ「終末期医療 治療のやり過ぎはなぜ起こる?」は、6月18・19日 | トップページ | 「悲しむ力」(朝日新聞出版社)、いよいよ7月20日発売 »