« 看護の奥深さを再認識  福島「ここさこらんしょ」へ | トップページ | ビデオ「看護の原点は在宅にある」をオープンキャンパスの演習室でも流しています »

「悲しむ力」(朝日新聞出版社)、いよいよ7月20日発売

貧困・自殺・看取り・葬儀 目の前にある現実を受け止めて、人として何が出来るか。日夜真摯に取り組んでおいでの若き僧侶・中下大樹さんが、再び1冊の本を書かれました。そのタイトルは「悲しむ力」朝日新聞出版社アマゾンではすでに購入可能です。20日には書店に並ぶと思いますので、皆さま、お手にとってご覧いただければ幸いです。

Photo_4 

印税は全て被災地や支援活動に回されるようです。そこには、2000人の死を見た僧侶が伝える30の言葉が記されています。深く悲しむことを通じて、生きることを見つめなおし、再生へのエネルギーへと向かう希望の物語です。当ホームページでは、「おすすめ本」にも追加し、継続して応援していきます。

|

« 看護の奥深さを再認識  福島「ここさこらんしょ」へ | トップページ | ビデオ「看護の原点は在宅にある」をオープンキャンパスの演習室でも流しています »

02 お知らせ・声」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「悲しむ力」(朝日新聞出版社)、いよいよ7月20日発売:

« 看護の奥深さを再認識  福島「ここさこらんしょ」へ | トップページ | ビデオ「看護の原点は在宅にある」をオープンキャンパスの演習室でも流しています »