« 在宅看護の足跡が辿れる貴重なビデオ | トップページ | 研鑽セミナーⅣ「必要な医療 医療不信はなぜ起こる?」は、9月24・25日 »

市民講座の第4弾「本音で語る広場:茨城」、9月10日(土曜日)、ワークプラザ勝田、13時開催

市民講座の第4「本音で語る広場:茨城9月10日(土曜日)いよいよです。今回もまた、 心がふるえるような感動が得られるはず。 皆様、お待ちしております!

第1部    「患者・家族の想い~私の体験から医療者に望むこと」

山田トヨ枝“ALS の夫の介護で思ったこと”

柴田一成“ケアマネジャーとして・息子として父の介護を振り返って”

あの時、こうしていれば・・伝えたかったことがうまく伝えられなかった・・説明されたけど、判断に迷ってしまった・・。医療の受け手の本音が語られる。

 第2部「自分らしく最期まで生きていくために~今、時代が求めているもの」 

在宅看護研究センターLLP 代表 村松静子

看護道43年、そして大震災は起こった。自然災害に止まらず人災も露わになって・・村松の取り組みと率直な考えも含めて語られる。

詳細は⇒「ibaragi2.pdf」をダウンロード

|

« 在宅看護の足跡が辿れる貴重なビデオ | トップページ | 研鑽セミナーⅣ「必要な医療 医療不信はなぜ起こる?」は、9月24・25日 »

02 お知らせ・声」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 市民講座の第4弾「本音で語る広場:茨城」、9月10日(土曜日)、ワークプラザ勝田、13時開催:

« 在宅看護の足跡が辿れる貴重なビデオ | トップページ | 研鑽セミナーⅣ「必要な医療 医療不信はなぜ起こる?」は、9月24・25日 »