« 市民講座の第5弾「本音で語る広場:in福島」は10月9日 | トップページ | 虹色救急箱 Vol.35 »

虹色救急箱 Vol.34

Vol.34 『ハグ』

皆様、お久しぶりです。いかがお過ごしですか?

今年は自然災害が多い年ですね。。。

くれぐれもご自愛ください。m(_ _)m

アップが遅れてしまいましたが、こちらは今夏出会った素敵な紫陽花。

Photo_3

2年前、Vol.19で紹介させていただいたハート型の紫陽花があった辺りに咲いていました。

一見、普通の紫陽花ですが・・・形が本当にまんまるっ!

それまでに見掛けた紫陽花がいびつな形をしていたからか(?)、出会った瞬間に、(わあ~まんまる~ハグの形~)とジ~ンと来ました。

すでにご存知の方も多いと思いますが、欧米では、「X」はキス(a kiss)の意味合いを持つシンボルとして、「O」はハグ(a hug 抱きしめること)の意味合いを持つシンボルとして使われます。そのため、よく手紙やメールなどの最後に、xoxo(hugs and kissesの意味)と書いてあるのです。そして手書きの場合、アルファベットのO(オー)が、Oというよりも、まんまる(○)の丸型に見えることが多いのです。(というより、小文字のオーかも知れない。。。どっちでもいいか。。。

道端の小さな紫陽花が、落ち込んでいた私にハグしてくれた?それとも誰かからのメッセージ?・・・ふとそんなことを考えたりして、なんともあったかい気分になりました~。

皆様にも・・・ハグッ!!(ふふふ、今度は拡大できます)

Photo_4

by天川りを

|

« 市民講座の第5弾「本音で語る広場:in福島」は10月9日 | トップページ | 虹色救急箱 Vol.35 »

心とこころのレストラン 虹色救急箱」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 虹色救急箱 Vol.34:

« 市民講座の第5弾「本音で語る広場:in福島」は10月9日 | トップページ | 虹色救急箱 Vol.35 »