« Vol.49 『保健師助産師看護師法 第37条』 今の私なら、こう解釈する ① | トップページ | Vol.49 『保健師助産師看護師法 第37条』、今の私なら、こう解釈する ② »

研鑽セミナーⅣ「 必要な医療 医療不信はなぜ起こる?」は、7月 21・22日

研鑽セミナーⅣ 必要な医療 医療不信はなぜ起こる?は、7月 2122の両日です。

参加を御希望の方はお早目にお電話下さい。℡03-5386-2427(担当:仲野・片岡) 

詳細は⇒「sem4-4.pdf」をダウンロード

<研修内容> 必要な治療と言われて受けた医療。とはいえ、元のように動けない。話せない。歩けない。生きられない。治療を受けたら善くなるというから受けたのに、元通りになると言ったはずなのに・・・。不審感が募っていく。そうならないうちに医療者としてすべきことがあるのではないか!

「最期のその時まで“認識のズレを正す対話”」が、今、求められている。

1日目:その1: 今、なぜメッセンジャーナースか

          メッセンジャーナースとしての挑戦          

             その2:現場で起こる認識のギャップ

          説明を受けてもわからない

2日目:その3:患者・家族のこころの風景

          反抗と敵意、なぜ?

      その4:コミュニケーションと信頼

     後悔をもたらす信頼の欠如

|

« Vol.49 『保健師助産師看護師法 第37条』 今の私なら、こう解釈する ① | トップページ | Vol.49 『保健師助産師看護師法 第37条』、今の私なら、こう解釈する ② »

02 お知らせ・声」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 研鑽セミナーⅣ「 必要な医療 医療不信はなぜ起こる?」は、7月 21・22日:

« Vol.49 『保健師助産師看護師法 第37条』 今の私なら、こう解釈する ① | トップページ | Vol.49 『保健師助産師看護師法 第37条』、今の私なら、こう解釈する ② »