« 「本音で語る会」は7月28日です。新宿・大久保で語り合いましょう | トップページ | 第2回本音で語る広場:福島『セカンドハウスはよりどころ 今だから言える「ここさこらんしょ!」』  »

「1年間だけでも、上京してでも、一度は日本在宅看護システムで在宅看護を追及してみたい」、そんなあなたの願いを叶えるために生活の場も用意して・・・9月からの期限付常勤を2名募集。非常勤は引き続き募集

1992年、在宅看護研究センター(1986年設立)の収益事業部門として誕生した日本在宅看護システムは、スタッフの熱い思いによって、当初は看護・介護の連動によってその活動は実に力強いものでした。その後、一旦介護を解消。訪問看護制度や介護保険制度の波に乗り、その形を変えつつも看護のあるべき姿を追求してきました。しかし、いつの間にか制度枠にとらわれ、本来求めていたはずの在宅看護の姿・形をつくることが遅れてしまっていることに気づいたのです。

「一度上京して、在宅看護研究センターが求めている在宅看護に加わって活動したい」「静岡から通ってでも、一日だけでも一緒にやらせてほしい」「もう一度、看護の原点を見つめ直すために、月1週間でも訪問看護に加わらせてほしい」等々の声が、在宅看護研究センター創設者の村松静子には届いています。

そこで、ベテランナースが揃ったところで、それらの要望に応えるべく策を考え、一方で、一緒に「本来あるべき在宅看護の姿・形」を整えて行くことにしました。“今しかできないことがある”村松静子の口癖です。気づいたからには即行動。9月から、期限付きで上京し、日本在宅看護システムの職員の一人として「在宅看護」に携わりたいという方を2名募集することにしました。西東京のアパートの一室を使って頂くことも可能。とにかく、看護に熱い思いを抱いている方というのが条件です。

お問い合わせは、03-5386-2427(担当:片岡・仲野・鬼)または info@e-nurse.ne.jp へ

|

« 「本音で語る会」は7月28日です。新宿・大久保で語り合いましょう | トップページ | 第2回本音で語る広場:福島『セカンドハウスはよりどころ 今だから言える「ここさこらんしょ!」』  »

02 お知らせ・声」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「1年間だけでも、上京してでも、一度は日本在宅看護システムで在宅看護を追及してみたい」、そんなあなたの願いを叶えるために生活の場も用意して・・・9月からの期限付常勤を2名募集。非常勤は引き続き募集:

« 「本音で語る会」は7月28日です。新宿・大久保で語り合いましょう | トップページ | 第2回本音で語る広場:福島『セカンドハウスはよりどころ 今だから言える「ここさこらんしょ!」』  »