« 『メッセンジャーナースと市民交流会』  いよいよ本日、13日、中野サンプラザです。 | トップページ | グリップマスターは役立っていた »

市民とメッセンジャーナースの交流があればこそ

昨日は、会議室いっぱいの動員に喜ぶというより、最初は驚きました。会議室に入ることを躊躇するほど。熱気むんむん、これだけ皆さん、「メッセンジャーナース」の動きに関心がおありだった、というか、ご家族の入院や緊急事態を経験し、医療職の対応に疑問を抱かれているということだと思います。

そこで紹介された1冊は自らの介護体験から作られたもの。

「ケアダイアリー 介護する人のための手帳」は、介護をする家族の方が、介護される方の人生を見つめながら介護に必要な情報や記録を一冊でまとめられるように編集された、心と絆がより強く結ばれ温められる素敵な介護手帳です。

詳細は⇒こちら

メッセンジャーナースは資質にこだわり、本来求められていることにきちんと対応できるよう研鑽を積んでいかなければいけないと強く感じました。

|

« 『メッセンジャーナースと市民交流会』  いよいよ本日、13日、中野サンプラザです。 | トップページ | グリップマスターは役立っていた »

02 お知らせ・声」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 市民とメッセンジャーナースの交流があればこそ:

« 『メッセンジャーナースと市民交流会』  いよいよ本日、13日、中野サンプラザです。 | トップページ | グリップマスターは役立っていた »