« グリップマスターは役立っていた | トップページ | 研鑽セミナーⅡ「受ける医療 認識のギャップはなぜ起こる?」は、12月8・9日の両日です. »

第5回メッセンジャーナース研鑽セミナーは11月10・11日です。

研鑽セミナーⅠ「終末期医療 治療のやり過ぎはなぜ起こる?」は、11月10・11日の両日です。参加を御希望の方はお早目にお電話下さい。℡03-5386-2427(担当:仲野・片岡)

詳細⇒ 「sem5-1.pdf」をダウンロード 

<研修内容>医療技術の進歩に伴い、さまざまな医療器材が開発されている。医学的にこれ以上の有効な治療はない狭間で、医療行為の中止による刑事訴追もあり得る医師の立場もある。例え治療を続けても、胃瘻を造設してもその人らしくは生きられない。それでも治療は続けるべきなのか!

「最期のその時まで“認識のズレを正す対話”」が、今、求められている。

1日目:その1: 今、なぜメッセンジャーナースか

           医療の現場で起こっている奇妙な現象

            その2:現場で起こる認識のギャップ

           権威が生む無意識の力学

2日目:その3:患者・家族のこころの風景

           納得できないのはなぜか

           その4:コミュニケーションと信頼

           医学的にこれ以上は無理なのに

|

« グリップマスターは役立っていた | トップページ | 研鑽セミナーⅡ「受ける医療 認識のギャップはなぜ起こる?」は、12月8・9日の両日です. »

02 お知らせ・声」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第5回メッセンジャーナース研鑽セミナーは11月10・11日です。:

« グリップマスターは役立っていた | トップページ | 研鑽セミナーⅡ「受ける医療 認識のギャップはなぜ起こる?」は、12月8・9日の両日です. »