« 銅製聴診器、感染対策に一役。それだけではなく、やっぱり聴こえが良い。 | トップページ | 20回目を迎えた短期集中夏季セミナー「在宅看護論」教授―学習は今年で終わり。いよいよ本日から3日間・・・場は変わっても看護は変わらない。在宅だからこそできる学生がもつ感性への刺激、創意・工夫、創造力をどうやって引き出す?熱く行きましょう! »

少人数性の市民の集い(語る会)「高齢者の一人暮らしを支える社会の在り方を探る~孤独死・孤立死とは言わせない!意思を貫く生き抜き方を考える」のご案内  第3回 9月20日(土) 14-16時 中野サンプラザです。

これからの自分の生き方に関心のある皆さん!現行の日本は社会生活における諸般の申請・手続が「お独りさま」ではほとんどの場合認められていません。「家族」または「保証してくれる親族」がいることを前提として成立しているからです。「自分の生活設計は自分で建てたい」し「出来得る限り自立して愉しみたい」と思いませんか?いずれは支援を必要とする時に「思い込み」と「押し付け」ではない「どのような支援がほしいか」、周囲が個人の意思をどこまで汲み上げた支援ができるのか、支援の力をより有効に生かすためにも関心のある方々と、ざっくばらんに本音で語り合い考えたいと思います。是非お待ちしています。老いも若きも集まって共に話しましょう!

参加費: 無料  詳細は⇒「shimin.pdf」をダウンロード

日 時3回  平成26920()  14時~16

             場所:中野サンプラザ

|

« 銅製聴診器、感染対策に一役。それだけではなく、やっぱり聴こえが良い。 | トップページ | 20回目を迎えた短期集中夏季セミナー「在宅看護論」教授―学習は今年で終わり。いよいよ本日から3日間・・・場は変わっても看護は変わらない。在宅だからこそできる学生がもつ感性への刺激、創意・工夫、創造力をどうやって引き出す?熱く行きましょう! »

04 研修・本音で語る広場」カテゴリの記事