« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

【起業家ナースのつぶやき】Vol..58看護師の意識が変われば看護の心髄が蘇る その3

Vol.58 2015.8.22      vol.1-vol.45 ⇒ こちら 

30年とはいえ、よくもまぁ次から次へとやってきたものだ。我ながら感心する。しかし求めていることは一貫して変わっていない。ただ1つ、看護師が本来の看護をあたり前のように提供すること。それだけで救われる人がどれだけいることか。つまりは、あたり前のようにできていないと言われる、周囲の声が虚しく響くからである。

1986年(昭和61年)324日、 “いつでも、誰でも、何処ででも、必要な時に、必要な看護を、必要なだけ提供する”を基本理念に訪問と相談の2コースでスタートした在宅看護研究センターは、多様な形で在宅看護を実施しながら教育の柱も立て、次々に行動を起こしてきた。「心温かな医療と看護を語り合う集い」を皮切りに、「これからの看護を語り合う集い」「慢性病と歩む集い」を定期的に催し、全国行脚し、「主婦のための知っておきたい看護法」「患者・家族の会」「痴呆介護ヘルパー育成研修」「緊急一時介護ヘルパーの育成」等の研修、さらには海外視察までも行った。1990年(平成2年)開講の『開業ナース育成研修』に関する呟きからは当時を偲ぶことができる。

331日の夜、銀座のとある中華料理屋の一室には笑いと熱気が漂っていた。修了生たちと在宅看護研究センターの構成メンバー、総勢21名が集合し、個々人の現状やこれからの活動を語り合っていたのだ。われもわれもと語るものだから、ちょっとやそっとの声では聞こえない。大声を張り上げ「私の話を聞いてよ!」と主張する者、「ちょっと待って!私は絶対やる。そうよ、負けてなんかいないわよ」と立ち上がる者、「え~、私は何期生だか忘れましたが、ここで研修を受けたのは確かです」と、その存在をアピールする者、「まだ甘い、甘すぎる」と厳しく訴える者、それはそれは個性溢れる人たちばかりだ。そこには経営で苦しむ悲壮感などはまったく感じられない。勇ましさと頼もしさとあたたかな心が飛び交っていた。全国に散らばって、さまざまな形で真の看護を求め続ける開業ナースたちに与えられている第一の課題はネットワークづくり

200410月には、「介護保険制度の次の手は介護予防?」と題して呟いている。

一看護師として現場に携わる一方で、一市民、一女性、そして家族の一員として歩み続けた私は、50歳代半ばを駆け上り、フッと立ち止まって、思うことがある。
 
人間、"生きる気力"を保ち続けられるかどうかで、人生の歩み方が決まる。そこには日々感ずる喜怒哀楽に加え、自己の存在価値を自他共に認められることが必要である。そしてそこに不可欠なこととして"譲り合う心"の存在がある。共に社会をつくる同士として、互いに一歩ずつ近づき、一歩ずつ譲り合うことが、今、求められているように思う。
 

看護師の心に潜んでいるおごりの精神は、とかくその受け手の心を傷つける。看護師自身は気づかなくても、得意になっている様やたかぶっている様が、その素振りや発する言葉の端々に顔を出す。それが受け手を不愉快にさせる。「してやっているのよ、看てやっているのよ」と、恩着せがましく身勝手に映るからである。本来誰でも、他人に気を遣わずに自分の思い通りに行動することを望む。 

何はともあれ、それから10年が過ぎ、「介護予防」の重要性が強く叫ばれるようになっている。私の考えはあの時と変わっていない。変わったのは、当時できなかったことが着実に位置付こうとしていること。2011年に誕生したメッセンジャーナース、その活動の輪が全国にジワリジワリと拡がっている。彼女たちによって看護の真髄は必ず明らかになる。社会に認められる時が来るに違いないのだ。

|

【起業家ナースのつぶやき】Vol..57看護師の意識が変われば看護の心髄が蘇る その2

Vol.57 2015.8.16      vol.1-vol.45 ⇒ こちら

   センターを開設して半年たったある日、2人の男性がセンターの小さな事務所にやってきた。そして言った。「これからはシルバーサービスの時代と私たちは読んでいます。私たちは関連会社11社でそこを追究する研究グループを設けています。でも、何をどうやったら良いか、正直検討がつきません。あなたたちは看護師さんの集団です。私たちは何から行ったら良いでしょうか。一緒にできることはないでしょうか」。

  看護大学づくりに加わっていた私がその大学を離れるにあたって最も悔やんだのは、研究とカリキュラム編成に参画できないということであった。そんな思いの中から誕生したのが「在宅看護ヘルパー育成プログラム」である。看護一筋の私に、かすかに芽生え始めたビジネス感覚ともいえる。在宅看護は看護と介護の連動・連鎖、在宅介護ヘルパーではない在宅看護ヘルパーという名称にこだわりながら進む私の活動は、明らかに看護の自立の方向へ向かっていた。

  十数年前、呟いた「看護の自立をはばむもの」 としてはもう1つある。

その5:看護の本質はいつの時代になっても変わらない。しかし、資格をもつ看護師に求められる看護機能は明らかに変わってきている。そのため、変わらないはずの本質までもが変わってしまうような錯覚に陥ることがある。サービスとしての看護機能は今後もさらに広がり続けるであろう。そこで不可欠なのが『看護の自立』である。それは私たち看護師一人ひとりの意識と行動にかかっている。「看護師さん、あなたたちは医師のかばん持ちではありません。看護師さんには看護師さんのすることがあるはずです」と言われて17年、やっと「あなたの看護は自立していますか」と問われる時代がやってきた。受け手にしっかり向き合ってこそ味わえるプロの醍醐味がそこにはある。

私がめざしていることは今でも変わらない。看護師がその心髄を極めた看護をあたり前のように提供し、「看護師が居て良かった」と、本人・家族はもちろん、周囲の人たちにも認められることである。(続く)

|

【Foot Planetarium】星に願いを フット・プラネタリウム〈34〉

流れ星に願い事をすると叶う、と言われています。
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

以前、新聞のコラムで、脳科学者の方もこんなふうに言っています。

「不意の数秒で願い事ができるというのは、いつも意識が夢や目標に集中しているから。脳は強くイメージしていることを実現しようとする働きがある。(以下)

流れ星を観たら一瞬で願い事ができる「心の瞬発力flair
フムフム、
願望を実現するための秘密は、この部分にありそうです。

フット・プラネタリウムの画面は、ゆっくり動いている星空です。night
足裏マッサージを受けている最中、知らず知らずのうちに身体がこわばってしまうことがありますが、星空の動きに合わせて、ゆっくりと深呼吸を意識してみてくださいませ。

そして

あっ!流れ星!

な瞬間には、深呼吸だけではなく、お願い事も忘れずに!happy01

皆様の願い事が叶いますように。shine

|

【起業家ナースのつぶやき】Vol..56看護師の意識が変われば看護の心髄が蘇る その1

起業家ナースのつぶやき ● 村松静子 Muramatsu Seiko 

看護することを心から愛してやまないが故にぶつかる壁・壁・壁。
長年に渡る自らの経験と積み上げてきた実績から、看護を取り巻く社会へ、そして看護職へ、熱く厳しいメッセージを送ります。
vol.1-vol.45 ⇒ こちら

Vol.56 2015.8.13

 医療現場の仕組みはこれで良いのか、これしかないのか。変えられないのか。今の時代だから問いたい!何かが足りない、どこかが狂っている、そんな気がしてならない。とはいえ、私は今なお開業ナースとして駆けている。看護のあるべき姿を求めて・・・

今から十数年前、私は「看護の自立をはばむもの」と題して、意気込んで呟いている。

その1:大きな組織を離れた私にとって、その第一の壁は「周囲からの批難、特に同僚からの批難の眼と声」であった。『看護は聖職じゃない? 看護を売るなんて、あなた気でも狂ったの? 人道・博愛の精神はどこへ行ったの?
 
看護婦は組織を一歩離れたら家政婦と同じなのよ、わかっているの? ‘浣腸だって摘便だって、結局は医療行為なのよ。看護婦の独自の機能なんてないのよ。 あなたがおこなおうとしていることは10年早いわよ
 
私たち医者は皆を平等に診ている。君たちはお金を払えない人たちにはどうするんだね
 
悔しい一言一言、そこへ返したい言葉はいくつもあった。しかし、耐えるしかなかった。
 
そんななかで、
 
あなたたちのなさることは大事なこと。看護婦さんは医師のかばん持ちではありません。 もっと、本当の看護婦として私たちを助けてください』 療養者を抱える家族の声である。嬉しかった。涙が出てきた。私の心は葛藤していた。その心を自らなだめた。 -いつかはきっとわかっていただける-

その2:続いて第二の厚い壁があった。法の壁である。-保健婦助産婦看護婦法 第37条-「保健婦、助産婦、看護婦又は准看護婦は、主治の医師又は歯科医師の指示があった場合の外、診療機械を使用し、医薬品を授与し、又は医薬品について指示をなしその他医師若しくは歯科医師が行うのでなければ衛生上危害を生ずる虞のある行為をしてはならない。但し、臨時応急の手当をなすことは差し支えない」
 
昭和23年に制定されたこれらの条項を、今の時代の流れの中でどう解釈すべきなのか、私の頭の中はその解釈のことでいっぱいになっていた。

その3:私自身の経営感覚と経営能力の足りなさという第三の壁にぶつかった。一ナースの私にとっては、これこそが最大の壁だったのである。理想はあくまで理想であり、資金が無ければ継続できない。開業して半年後、200万円の資本金が40万円しか残っていないことに気づいた私はあせった。
 
部屋代が払えなくなったらどうしよう、
 
電話代が払えなくなったらどうしよう、
 
スタッフの給料が払えなくなったら・・・頭を過ぎる不安の数々、
 
「このままでは続けられない」それが現実の姿であった。

この道30年を前に振り返り、我ながら感心した。保健婦助産婦看護婦法 第37条は少しだけ変わった。それでも私が求めるものは看護一筋の道、私にできることはこれしかないと、自問自答しつつ、寄り道せずに未解決の道をしばし歩んで行こうと決めた。(続く)

|

「在宅看護論」教授学習法のフォローアップとして初めて企画したセミナーへ、北は青森から西は兵庫まで遠方からも参加。最終回で学んだことを早速現場教育に生かし、学生たちが変わってきたという嬉しい報告も

猛暑の中、看護教員の方々の3日間のセミナーが終了しました。昨年20回を機に終了した在宅看護論 教授学習法のフォローアップとして初めて企画したセミナーでした。北は青森から西は兵庫まで遠方からも参加され、充実した3日間を共に過ごさせていただきました。
昨年最終回で学んだことを早速現場教育に生かし、学生たちが変わってきたという嬉しい報告もありました。真摯に取り組んでいる先生方の姿に、看護の未来は明るくあってほしいと願わずにはいられませんでした。非言語的コミュニケーションツールの一つとして、フット・プラネタリウムもそれぞれ体験していただきました。認識のズレは起こるもの、自ら訴えられない人たちがツールを通して主体性を持っていく、そんな視点も大事なことを感じ、感性を刺激していくことがいかに大事かを改めて認識することができた3日間でした。参加された先生方お疲れ様でした。そして、またご報告も待っています。 (研修担当:仲野)

|

「在宅看護論」教授―学習法のフォローアップセミナー、猛暑にも負けず熱かった! 看護教育者は燃えています。

平成8年から続いてきた夏季短期集中セミナー「在宅看護論」教授―学習法は第20回をもって昨年で終了。

8月1日(土)-3日(月)の3日間で開催されたローアップセミナー「在宅看護論」教授―学習法

Photo
コミュニケーションツールを用いた演習や先を見据えた施設の視察が加わり、一層充実。笑いあり、涙あり、またまた熱くなりました。
 

看護教育者は燃えています。

|

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »