« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

今日は在宅看護研究センターの創立記念日。あれから30年、ついに、『メッセンジャーナース 看護の本質に迫る』(看護の科学社)が私の手に・・・強い社会的要請があることを念頭に、メッセンジャーナースの実用化をめざします。

昨夜、看護の科学社の編集者・濱崎さんが持参して下さった1冊の本、それは、2010年に誕生したメッセンジャーナースの5年間の取り組みをまとめた『メッセンジャーナース 看護の本質に迫る』でした。
Photo_7
<目次> 

1 私のメッセンジャーナース事始め 

2 <研究報告>メッセンジャーナースの活動について 研究的立場から 

3 全国各地のメッセンジャーナース ―本来の看護の力を発揮したい 

4 患者・家族の「こころの風景」―その心に向き合って 

5 被災地におけるメッセンジャーナース ―「ここさこらんしょ」で心の復興を 

6 メッセンジャーナース研鑽セミナーとそこでの学び 

7 メッセンジャーナース認定協会の設立と関連事業について 

8 これからのメッセンジャーナースの挑戦

この1冊を手にして、これまでとは違う何かを感じ、心が奮い立ちました。

全国の皆さんより一足先に、本日、日本在宅看護システム社に所属する若手主催の内輪の「懇親会」で配ろうと準備しているところです。

希望された皆さんには、これからまもなく届けられるようになっていますので、あと少しお待ち下さいね。(村松)

|

真の看護にこだわるナース、対話重視の懸け橋・メッセンジャーナースの輪は堅実・着実に拡がり続けています。第11回研鑽セミナーⅢ「受けたい医療 心の葛藤はなぜ起こる?」は、3月26・27日、岡山で開催。第12回セミナーは東京で開催。Ⅱ「受ける医療 認識のギャップはなぜ起こる?」は、4月9・10日から始まります。

第11回研鑽セミナーは岡山で始まっています。Ⅲ3月26・27日「sem11-3.pdf」をダウンロード

第12回研鑽セミナーが、東京で始まります。Ⅱ:4月9・10日「sem12-2.pdf」をダウンロード

Photo

|

「こころのよりどころ相談」:メッセンジャーナースと臨床心理士が一体となってお受けします。ご希望の方は相談後、目と心が癒されると好評の「フット・プラネタリウム」の体験もできます。法人の方も、職場のお悩み等、気軽にご相談下さい。

メッセンジャーナースと臨床心理士が一体となってお受けします。法人の方も、職場のお悩み等、気軽にご相談下さい。お役に立てることがあるはずです。

まずはお電話を! 03-5386-2427(担当:仲野) 

相談料金体系 ⇒ 「soudanryo.pdf」をダウンロード

|

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »