ストックホルムの夕焼け

仕事でストックホルムに来ています。
ガムラスタンから市庁舎の方に目を向けると、シャッターチャンスがありました。

P9230218

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴーヤの赤ちゃん

これが今年咲いたゴーヤの花です。
ちょっとピンボケです。
140910_0900

近くにゴーヤの赤ちゃんが育っていました。
収穫できるほどに成長するのだろうか。大きくなってほしい。

140910_0859

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりの母校へ

 父の法要があり故郷へ。時間を見つけて母校を尋ねました。180710_12232

校舎の中に、懐かしい鏡ヶ丘記念館が姿がありました。
そういえば、1年のとき、初々しい仲間同士で、この記念館で合宿をしたことを思い出しました。

あのころの友は、いまごろどうしているのでしょうか。皆、元気なのだろうか。懐かしい思い出が いくつもよぎっていきます。

やっぱり、故郷はいいものです。懐かしいだけでなく、あのころの思いを呼び起こさせてくれるからです。たまに帰郷するのも悪くはないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福井に来ています

日本小児感染症学会に参加するため、福井に来ています。ちょっと肌寒いです。新型インフルエンザの感染が小さい子どもたちに増えて来ています。小児科は、明日から、忙しくなるかもしれません。東藤

| | コメント (0)

村松静子・主任講師による看護ネット・ラーニングの受講者を募集中です

 2001年に結成された看護ネット・ラーニング研究会(代表;村松静子・在宅看護研究センター代表)は、看護分野において、インターネットを駆使したマンツーマン研修を実践しています。

 講師によるレクチャー「学習のポイント」と副テキストは、メールで配信します。受講者は、キャンパスである専用ホームページを通じて主テキストと副テキストをもとに、講師が投げかける「問い」について考えを深めていきます。インターネットのホームページ閲覧および電子メールが使える環境にある方であれば、いつでもどこでも、皆さんの時間に合わせた研修を積み上げることができます。

 質疑応答は専用のメールで行い、またグループでの討論は専用掲示板などで実施します。講座は最終配信の「課題」を提出して終了となります。終了した受講者の方には、修了証を贈ります。

 2009年は、「看護職に役立つ、信頼を育てるコミュニケーション&カウンセリングマインド」のテーマで研修を実施しています。次回は12月開講です。現在、受講者を募集中です。

 主任講師は、わが国の訪問看護の草分けである村松静子・在宅看護研究センター(看護コンサルタント株式会社)代表が務めます。

 看護のスキルをさらに磨きたい方はぜひ、受講をご検討ください。

* 看護ネット・ラーニング実施概要 *

テーマ:看護職に役立つ、信頼を育てるコミュニケーション&カウンセリングマインド
開講日:12月15日から約2カ月
対象:看護職、看護学生など(インターネットのホームページ閲覧および電子メールが使える環境にあること)
定員:50人
応募締め切り:12月10日
受講料:1 万8900 円(消費税込み)
参加申し込み・問い合わせ:受講希望者のお名前、連絡先を明記の上、看護ネット・ラーニング研究会( 幹事;瀬川護、med_miwa@nifty.com ;@は小文字でお願いします)までメールでお送りください。
参考資料:http://www.nursejapan.com/enurse_network/files/12_10.pdf

| | コメント (0) | トラックバック (0)

米国糖尿病学会が新たな診断基準、HbA1c6.5%以上を糖尿病に

 糖尿病の診断が変わるようです。まず米国では、HbA1c値を重視し、6.5%以上を糖尿病にするという見解を発表しました。

 以下、日経メディカルの記事をご覧ください。日本も見直しを進めているようです。

ADAが新たな診断基準発表、HbA1c6.5%以上を糖尿病とする

 

米国糖尿病学会ADA)と国際糖尿病連合IDF)、欧州糖尿病学会EASD)の3団体は6月5日、合同で新たな糖尿病診断基準を発表した。指標にHbA1cを採用し、「HbA1c6.5%以上を糖尿病とする」と定めた。同日、ニューオーリンズで開催されている第69回米国糖尿病学会のシンポジウムで正式に公表し、同時にDiabetes Care誌に「International Expert Committee Report on the Role of the A1C Assay in the Diagnosis of Diabetes」と題する論文も発表した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

看護職に役立つ 「信頼を育てる コミュニケーション&カウンセリングマインド」開講

 2001年に結成された看護ネット・ラーニング研究会(代表;村松静子・在宅看護研究センター代表)は、看護分野において、インターネットを駆使したマンツーマン研修を実践しています。

2009年は、看護職に役立つ「信頼を育てる コミュニケーション&カウンセリングマインド」を開講します。次回は12月です。主任講師は、村松静子・在宅看護研究センター(看護コンサルタント株式会社)代表です。詳しくはこちらをご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナースオブザイヤー NURSE of the year 2009 投票始まる

 3月20日。ナースオブザイヤー NURSE of the year 2009 の投票が始まりました。ナースの活躍を患者、医療者、ひいては広く社会で表彰しようというものです。

 「ナースが元気になることは、皆を元気にすることにつながる」という趣旨で今年から始まったものです。特定非営利活動法人(NPO法人)の「楽患ねっと」(東京、岩本貴理事長)が取り組んでいます。社団法人日本看護協会が後援しています。

 賞には、
市民が求めている看護を実践している方として最多得票した1名に贈られる「ナースオブザイヤー賞」と新たな可能性を感じさせる看護師として最多得票した1名に贈られる「インディペンデントナース賞」があります。

 
投票期間は3月20日から4月20日。どなたでも、こちらのホームページから各賞を一票づつ投票できます。あたなも参加されませんか。(東堂)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おじいちゃん大好き おばあちゃん大好き

おじいちゃん・おばあちゃんに会いたくなる1冊

絵本でもない,写真でも詩集でもない-ユニークな本の誕生です!

Guranpa_2

“家族の絆”“触れ合い”“躾”“先達からの学び”

世代間交流の原点と位置づけ、その大切さを世に問う書として、学研がおすすめします!
孫と戯れるおじいちゃん・おばあちゃんの写真、おじいちゃん・おばあちゃんを好きな理由を99番目まで読んでいけば、100番目の好きな理由が読者自身の心のなかに浮かんでくるはずです。
理想のおじいちゃん・おばあちゃん像を目指したい方にも必読の書かもしれません。

Guranma_2

おじいちゃん大好き おばあちゃん大好き
■ 日本語訳:村松ひろこ
■ 判型:各巻ともB5変型・120頁・定価1.470円(本体1,400円+税)
■ 読者対象:学童期の子どもを持つ親,学童期~思春期の子ども,団塊世代,etc.
■ 発行:2007年4月

注文書はこちらから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Bana1205_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«「看護の宅配」設立10周年記念講演会