« 看護職に役立つ 「信頼を育てる コミュニケーション&カウンセリングマインド」開講 | トップページ | 村松静子・主任講師による看護ネット・ラーニングの受講者を募集中です »

米国糖尿病学会が新たな診断基準、HbA1c6.5%以上を糖尿病に

 糖尿病の診断が変わるようです。まず米国では、HbA1c値を重視し、6.5%以上を糖尿病にするという見解を発表しました。

 以下、日経メディカルの記事をご覧ください。日本も見直しを進めているようです。

ADAが新たな診断基準発表、HbA1c6.5%以上を糖尿病とする

 

米国糖尿病学会ADA)と国際糖尿病連合IDF)、欧州糖尿病学会EASD)の3団体は6月5日、合同で新たな糖尿病診断基準を発表した。指標にHbA1cを採用し、「HbA1c6.5%以上を糖尿病とする」と定めた。同日、ニューオーリンズで開催されている第69回米国糖尿病学会のシンポジウムで正式に公表し、同時にDiabetes Care誌に「International Expert Committee Report on the Role of the A1C Assay in the Diagnosis of Diabetes」と題する論文も発表した。

|

« 看護職に役立つ 「信頼を育てる コミュニケーション&カウンセリングマインド」開講 | トップページ | 村松静子・主任講師による看護ネット・ラーニングの受講者を募集中です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米国糖尿病学会が新たな診断基準、HbA1c6.5%以上を糖尿病に:

« 看護職に役立つ 「信頼を育てる コミュニケーション&カウンセリングマインド」開講 | トップページ | 村松静子・主任講師による看護ネット・ラーニングの受講者を募集中です »