2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

一般社団法人よりどころとは

 当法人は、「今、必要だから」の思いから続いた看護師集団の実践・教育・研究、その集大成として誕生した非営利型の法人です。人道についての価値と共有の場を創造することを目的として、看護師が主導する日本在宅看護システム有限会社と看護コンサルタント株式会社によって設立されました。

■お知らせ:メッセンジャーナースの活動、起業家ナースのネットワークづくり、拠り所の設置の支援事業を行う当法人の会員を募集します。■今月の言葉:拠り所は「こらんしょ日記」で始まった

2019年8月 6日 (火)

メッセンジャーナースの輪が広がっています。第4回看護ネット・ラーニング、9月1日、「こころガーデニングその1~信頼を育てるコミュニケーション&カウンセリングマインド」開講。メールで本音を語り合って賑やかに動きます。受講受付は、8月28日まで。

4-_000001

2019年8月 1日 (木)

メッセンジャー力をフル稼働する「メッセンジャーナース・カフェ」・東京都中野区での開催に向けて、6人会議が始動しました.自分が自分らしく安心して生きていくには、自分自身の事前ケアが欠かせません。セミナー・相談・フット・プラネタリウムのコラボレーションの場、自ら感じ気づく、動く、そんな場をめざしています。

 7月16日14時、「一般社団法人よりどころ」の小さな一室にメッセンジャーナース6人が集まって語り合いました。新たな「よりどころ」のあり方を模索・・。

Photo_20190717083501

一般社団法人よりどころ・現代表理事 細井恵子、同主任研究員 湯澤八江、同理事・メッセンジャーナース認定協会会長 吉田和子、同理事 仲野佳代子(急用のためメール出席)、同理事・在宅看護研究センターLLP代表 村松静子、在宅看護実践・リンパ療法士 吉田玲子

第1回開催は、11月13日の予定です。詳細は、随時お知らせいたします。

 

 

 

2019年7月16日 (火)

コミュニケーション支援システム「フット・プラネタリウム」が特許を取得し、メッセンジャーナースとのコラボレーション、メンタルヘルス向上のための試行センターの始動がいよいよ松山・東京で始まりました。よりどころもサポートしております。

「疲れているから話したくない。足つぼを自分の思い通りに押してほしい。でも、施術者との会話自体がストレスになって」・・・「そこをもっと強く押して!」「ツボが外れている。押す場所を変えてほしい」・・・面と向かっては言いづら本音をディスプレイをタッチしてそっとはっきり伝える。目の前には夜空の星がゆっくり動いて、流れ星も現れる。

 

5_moment_moment

 

 

                                           

 

 

 

 見ているだけで心がやわらげられて元気が出て、明日につながります。Fp_3

 

1_2_2___2__

2019年7月 1日 (月)

第29弾「本音で語る広場」、7月6日(土)14時から開催します。場所は新宿の新大久保または大久保駅から徒歩2分、STビル2F・看護コンサルタントです。参加費は500円、少人数で語り合いましょう!

2917_000001

2019年6月 1日 (土)

「一般社団法人よりどころ」の活動を一層充実していくことをめざし、主任研究員を配属しています.

研究部門として、当法人の事業(5)「主体的医療に係る知見の蓄積・情報提供事業」を進め、必要時、研究員を募集します。

方法 ① 公益的研究の企画・運営、研究参加

         ② 主体的医療に係る個人及び団体への研究支援

    ③ 上記に伴う事項の管理

 

【主任研究員】 湯澤八江

略歴:実践活動として、在宅医療がこれからという1990年代、HIT(HOME INFUSION THERAPY)研究会、日本開業専門看護協会(JANP)の誕生に大いに係わったという、語りたくなる秘話がある。

 *東京医科歯科大学大学院博士後期課程修了(看護学博士)

 *元・国際医療福祉大学大学院教授、元・埼玉医科大学保健医療学部教授

 

 

2019年5月14日 (火)

第2回in山口「ナースが見つける 古き良き日本の心と絆といのち」の旅。6月29日午前9時からの視察研修は、メッセンジャーナース原田率いる防府市内 の『コミュニティプレイス生きいき』で行います。スケジュールが一部変更になりました。←(千葉のメッセンジャーナース・旅団長の春山)

メッセンジャーナースの原田典子さんが自分の考えを基に築いた活動拠点です。交通手段は、防府駅よりバスを利用し、国府中前で下車の後、徒歩5分程度のところにあります。
所在場所等の確認は、直接、『コミュニティプレイス生きいき』へ
℡: 0835-25-4780  Fax: 0835-25-4781
フェイスブックもあります。_000001_1 研修に関しては、「一般社団法人よりどころ」 へ お問い合わせください。
℡:03-5386-2427 又は yoridokoro@e-nurse.ne.jp

2019年3月20日 (水)

メッセンジャーナースの輪が広がっています。2019年3月現在で、34都道府県125名になりました.

1811__000001_2

メッセンジャーナースの全国連携プロジェクトは、2019.3月現在で34都道府県125名になり、着実に拡がっております。

188

2019年3月 1日 (金)

主体的医療を支えるメッセンジャーナースの連携プロジェクトの推進、ナースのメッセンジャー力と「フット・プラネタリウム」のコラボレーション、メンタルヘルス向上をめざす試行センターの設置、拠り所の支援事業を行う当法人の会員を募集しています.

Photo_2 __
(1)正会員:当法人の事業を推進しようとする団体

(2)準会員:当法人の趣旨に賛同し、応援する団体及び個人

詳細は☞ こちら

お問い合わせは、03-5386-2427(代) 

                        E-mail:yoridokoro@e-nurse.ne.jp

2019年2月 9日 (土)

メッセンジャーナースによるリレーコラム「患者と医療者のギャップ考」は、日経メディカルオンライン版内に。『心と絆といのち-私の看護実践論』(看護の科学社) の朗読バトンリレー、細井恵子さんによる第17章「看護の視点から考える脳死・臓器移植」が、2月9日、追加されました。メッセンジャーナース認定協会Facebookで聴くことができます。

1986年、在宅看護研究センター ⇒ 訪問看護ステーション・出生秘話 

 

『日経メディカル』オンライン版、メッセンジャーナースによるリレーコラム「患者と医療者のギャップ考」が読めます。

 

2018年1月より、『心と絆といのち-私の看護実践論』(看護の科学社) の朗読バトンリレーが、メッセンジャーナースたちによって進められています。メッセンジャーナース認定協会Facebookで聴くことができます。

«新たな年の幕開けに、ワクワクしています(吉田和子)【メッセンジャーナース通信 2019.01.08 No.133】 今、医療者と患者の懸け橋になるメッセンジャーナースが求められています。支援の一環として、メールマガジン「メッセンジャーナース通信」を発行しています.

最近の記事

最近のコメント