2023年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

8 今月の言葉

2023年3月 4日 (土)

【あなたの心に低く唸るように鳴り響け!】第3回 生きている,みんなが生きている 心の詩人┃武久ぶく(オン・ナーシング4 看護の科学新社)「生きている」「人生は綱渡りみたいなもの」 +メッセンジャーナース村松静子の一言

「生きている」  生きている、みんなが生きている

・・・・・

生きている現実から逃避せず 生きている現実と正面から向き合おう

 

「人生は綱渡りみたいなもの」 急ぎすぎてはバランスを崩し ゆっくりすぎても風にあおられる

・・・・・

人は一生懸命に綱渡りをしている、命が尽きるまで

Photo_20230304082601

 

現実を突きつけられて

そこには深い悲しみの絶望感とは別に喪失感があった。・・・・・数々の喪失感、喪失感との闘い、葛藤そんなものは一人で抱え込むしかなかった。(武久ぶく)

 

あの日、私はツイッターでぶくさんに出会ったのです。ぶくさんのツイートを読んでいるうちに、若くして脳幹部出血で倒れ、植物状態と言われていた彼に声をかけている場面が鮮明に浮かんで来ました。ぶくさん夫妻との三人四脚はそこから始まったのです。(村松静子)

2021年3月21日 (日)

秋田に子育て支援施設『たんぽぽプロジェクト』を設立。秋田県には絶対必要。在宅看護研究センターはもちろん、35都道府県160名を越えたメッセンジャーナース全員で応援していきます。

毎回研鑽セミナーを見学させてくださり、ありがとうございます。


昨日は作左部さんのたんぽぽプロジェクトのお話に大変感銘を受けました。
もう四年前になるでしょうか。『わたしはメッセンジャーナース』のDVD制作時にメッセンジャーナース認定式を撮影した時のことを思い出しました。
認定式後、作左部さんは今後目指すところとして「どんな形でもいいから、子育て支援の仕事をしたいです」と語っておられました。
それが昨日のお話で「たんぽぽプロジェクト」としてしっかり実を結んでいることを知り感動しました。
育児不安や産後うつのお母さんと赤ちゃんの大きな支えとなっていることを知り、嬉しくなりました。

Img_3556Img_2035

                敬意と感謝をこめて「たんぽぽ」を贈ります。

(有)暮らしの映像社
 鈴木 浩
suzuki@kurashinoeizo.com
TEL:090-7174-7402

2020年1月 1日 (水)

【蘇り】物語・介護保険・第56話 訪問看護ステーション・出生秘話月刊(介護保険情報2009年1月号) 話は、1990年に遡ります。(えにしの会ホームページより)

詳細は☞ こちら

◆「風鈴を探せ!」◆
◆医師会と看護協会と「・・・」と◆
◆「ステーション2・5人基準」事始め◆
◆思いがこもった「在宅看護研究センター」の名前◆
◆3段重ねの診療報酬発案者は、いま……◆

 

2018年2月 1日 (木)

あなたもメッセンジャーナースに! ベテラン看護師のもつメッセンジャー力を集結。全国連携プロジェクト、看護師のメッセンジャー力は、今や医療の受け手と担い手の懸け橋となるだけではなく、・・・第18回メッセンジャーナース研鑽セミナーは3月10日からです。

メッセンジャーナースとは   詳細は☞ こちら 

ベテラン看護師のもつメッセンジャー力を集結。全国連携プロジェクト、看護師のメッセンジャー力は、今や医療の受け手と担い手の懸け橋となるだけではなく、病院から在宅関連はもちろん、コミュニティでも教育の場でも施設でも、地域の特徴を生かした動きが注目され、各地で着実に一歩を踏み出しています。

第18回メッセンジャーナース研鑽セミナー ☞ 「18.doc」をダウンロード

2017年5月 1日 (月)

決して忘れられないことがある。拠り所は「こらんしょ日記」で始まった 。

『拠り所』の第1号は、2011年5月、福島市成川の借家。最初に駆けつけたのは、熊本のメッセンジャーナース(S認定)、村中知栄子さん(現・看護部長)でした。Photo_2東日本大震災に続いて起こった原発事故。飛行機と新幹線を乗り継いで辿り着いた見知らぬ地。立っていられない程揺れ動く。何も揃っていない一軒家で彼女のたった一人の取り組みが始まったのでした。滞在期間は3週間。『拠り所』にすべく彼女の心境と活動は、自らつくった“ここさ こらんしょ日記”に書き込まれています。

『拠り所』と『メッセンジャーナース』のコラボは、こうして始まったのです。

2017年1月 1日 (日)

疑問に感じたことを自分の言葉で素直に表出してみよう。 自分の心が表れる瞬間

Img168   

フ~ッと沸いた素朴な疑問に大切な意味が隠されていることがあります。                                      そのまま流してしまってはいけません。                                                               

疑問に感じたことを自分の言葉で素直に表出することが大切です。

2016年12月 1日 (木)

真っ赤なポインセチア クリスマスフラワー 色はいろいろ、どれも素敵

Imgp0005_2

私のこころは燃えている

   ポインセチアはそんな色

 人を裏切るよりは

          裏切られて

耐えられない気持ちと向き合うのもまたイイ

 

人と人、時に素直になれたらイイね

2016年10月 1日 (土)

ススキ 「正しい道を迷わずに 自然の力によって今日がある」

12

ススキ 

正しい道を迷わずに 

          自然の力によって今日がある

                                        「父ちゃんの心の花束」より 

2016年9月 1日 (木)

ヒガンバナ

Photo

    リコリス、曼珠沙華

その花言葉は「情熱」「独立」「再会」

 

 「想うはあなた一人」

                        「また会う日を楽しみに」

2016年8月 1日 (月)

ひまわり

Photo_3


ほんとうの美は

  生きている

   ひまわり

 

父ちゃんの「心の花束」 より

 

より以前の記事一覧

最近の記事

最近のコメント